今注目のニュース
『Call of Duty: Mobile』が10月1日に配信決定。マルチプレイヤー主軸の基本プレイ無料ゲームとして大人気FPSシリーズがモバイルに登場
【まなおのアニメ感想戦!】第10回 なぜ私はいつまでも「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」を待てるのか
オール巨人さんがUFOを撮影!? 公開した写真にTwitter上で大きな反響

テクノ歌謡単語

テクノカヨウ

掲示板をみる(17)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

テクノ歌謡とは、1980年代前半に流行した歌謡曲テクノポップの変種である。

概要

1978年に結成されたイエロー・マジック・オーケストラYMO)が1980年頃にテクノポップを大流行させた。これに呼応する形で登場したのがテクノ歌謡である。

その名の通り、テクノポップ的なリズム楽器シンセサイザーシンセドラム等)を多用した歌謡曲である。YMOメンバー細野晴臣坂本龍一高橋幸宏もこの流れに関わり、「ハイスクールララバイ」(イモトリオ)、「コンピューターおばあちゃん」(みんなのうた)など数々の名曲を送り出した。

また、筒美京平や船山基紀といった既存の作曲アレンジャーも多く関わり、1970年代以前の生バンド体の楽曲から1980年代以降の打ち込み体の楽曲への架けとなっていった重要な変種だったといえる。

YMOの散開やテクノポップブームの終焉によりわざわざ「テクノ歌謡」と定義するような楽曲は減っていったが、シンセサイザーなどの電子楽器を多用した楽曲が全に定着した功績は大きい。

Perfumeはこの当時の定義だとテクノポップよりもテクノ歌謡のほうに性質が近い。

テクノ歌謡の代表曲

1980年代

1990年代以降

関連動画

VOCALOID関連

アイドルマスター関連

 

アニソン関連

関連商品

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/09/20(金) 06:00

ほめられた記事

最終更新:2019/09/20(金) 06:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP