今注目のニュース
ビルの合間を遊泳する…巨大なクジラ⁉︎ マイナスイオンが画面から溢れ出すChillなアニメーションがずっと見ていられる件
追い抜きざまに「え? お前みたいなもんが?」て顔された “免許取りたての女性オタク”が改造車に乗った体験漫画
メキシコの古代都市テオティワカンにあるピラミッドで発見された緑色の石仮面

デビル・フランケン単語

デビルフランケン

  • 1
  • 0
掲示板をみる(42)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

デビル・フランケンとは、遊戯王OCGカードである。

概要

1999年発売のBOOSTER6で登場したモンスターカード
登場から禁止までの約8年間、一線級の活躍を続けたモンスターである。
地味機械族であり、悪魔族と勘違いしていたデュエリストも少なくないとか。
その効果は「ライフコスト5000ポイントを払う事でエクストラデッキ融合モンスターを特殊召喚する」という快な物。
全盛期はこのカードを≪クリッター≫等でサーチし、返しのターンに≪大嵐≫などでバックを、≪ブラックホール≫で場のモンスターを掃除した後にこのカードを召喚し大なライフコストを払った後、≪青眼の究極竜≫を召喚、≪巨大化≫を付けて9000の打点を作り、そのままダイレクトアタックを決めて初期ライフ8000を一気に削りきるという戦法で一世をした。
このコンボDM6などのゲームでも使われ、当時のカードプールでは対抗策も少なかったために、決まれば即死のみんなのトラウマの一つであった。
カードパワーバランスを著しく崩壊させるカードだったために、上述の通り、2007年3月禁止カード定された。禁止直前には≪サイバー・ツイン・ドラゴン≫や≪サイバー・エンド・ドラゴン≫等強機械モンスターが登場し、そこに≪リミッター解除≫を組み合わせることで巨大化がなくとも1キルになったというのもある。
このカードは≪混沌帝龍≫や≪DDB≫程ではないが「おそらく二度と帰って来る事が出来ないカード」の一だった。
しかし2014年2月1日からのリミットレギュレーション変更(所謂制限改訂)でまさかの制限カード化、何故戻したし
 ≪エフェクト・ヴェーラー≫や≪神の警告≫等のかつてはかったこのカードを止められる存在が増えた事もあり、全盛期程の活躍ができるかは怪しいところであるが、
機械族である事を活かした≪ギアギガントX≫による簡単なサーチ、≪スキル・プリズナー≫等のサポートカード、そしてこの7年間で増えた≪ナチュル・エクストリオ≫等の強融合モンスター達、このカードで呼び出したモンスター素材に出せるエクシーズモンスター、そしてライフコスト踏み倒しやサイエンカタパに似た強コンボの存在もあり、このカード過去以上のポテンシャルを発揮できるのは間違いないだろう。

環境で大した影かったため、その後2014年7月には一気に制限解除された。実に8枚となる禁止経験から制限釈放を果たしたカードである。

しかし、≪異の最終戦士≫や≪ナチュル・エクストリオ≫を特殊召喚して相手の行動を大きく封殺する戦術が問題視され、2016年10月に再び制限カードに逆戻りした。

関連動画

 
 

関連商品

関連項目

掲示板

  • 40ななしのよっしん

    2018/05/10(木) 09:32:39 ID: 8xyoXzd4Hk

    あまりに生き様がロックすぎる
    ちょっとなにかの拍子に禁止されてもやむなし

  • 41ななしのよっしん

    2019/06/16(日) 16:53:47 ID: Kp/+GaJyyk

    と思いきや2019年7月に緩和されて今度は準制限に
    規制されたり緩和されたり忙しいモンスターだな

  • 42ななしのよっしん

    2019/10/05(土) 19:30:37 ID: 6to9UeSA71

    そしてまた制限へ
    まあ相性がいいカードが増えれば簡単ににぶちこまれるポテンシャルはあるからおとなしくしていて欲しい

急上昇ワード

最終更新:2019/12/13(金) 21:00

ほめられた記事

最終更新:2019/12/13(金) 21:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP