ニューロマンサー単語

ニューロマンサー

掲示板をみる(81)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(5)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他
The sky above the port was the color of television, tuned to a dead channel.
港のの色は、チャンネルに合わせたTVの色だった。

ニューロマンサー (Neuromancer) とは、ウィリアム・ギブスンによるSF小説

概要

1984年Ace Booksより出版された、ギブスンの代表作である。地球を覆う通信回線の網、電間への精接続、サイボーグ手術が普遍的となった世界Strong AIドラッグ等々、印的なヴィジョンを提示したサイバーパンクでもある。

同年のネビュラ賞、P・K・ディック記念賞を受賞し、1985年度のヒューゴー賞をも受賞、ローカス賞にもノミネートされた。日本国内では丸尚による訳が1986年ハヤカワ文庫SFとして出版された。ルビを多用したその独特の訳文は今でも高い評価を受けている。

タイトルの「Neuromancer」は、「neuro(ニューロ。「神経の」の意)」と「romancer(ロマンサー。「」の意)」とを合わせたギブスンによる造で、「Necromancer(ネクロマンサー。「降霊術師」の意)」ともかけている。

舞台

本作の第一部 "千葉市憂愁 (Chiba City Blues)" はその章題からも分かる通り、日本千葉県千葉市舞台となっている。作品内の描写によればこの世界千葉市

らしい。

(英語圏のスラングを扱うUrban Dictionaryなどのサイトによると、チバはアメリカ東海ではマリファナ西海と一部の中西部ではヘロインを意味するとある。)

関連商品

上3作は合わせてスプロール・トリロジーと呼ばれる

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/07/31(土) 18:00

ほめられた記事

最終更新:2021/07/31(土) 18:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP