今注目のニュース
飼い主の思うがままにぐるぐるされるラグドールの猫ちゃんに爆笑の嵐
神秘的で芸術的な美しさ『ダークエルフ』のイラスト集
次は、オレのターン『遊☆戯☆王VRAINS』Playmakerがfigma化

ヘイスト単語

ヘイスト

掲示板をみる(13)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ヘイスト(haste)とは、「急ぐこと」や「速」等の意味を表す英単である。

  1. 上記由来から転じて、ファイナルファンタジーシリーズ魔法のことである。本項で解説する。また、同シリーズファイナルファンタジーXI」内のヘイストについても解説する。
  2. ファイナルファンタジー以外にも魔法アビリティ名として登場する。クロノトリガーリネージュメイプルストーリー等。

概要

FF1などの初期作品では攻撃回数を増加させる魔法だが、FF4以降では行動時間を短縮する魔法になっている。補助効果や時間経過によるステータス効果も短縮される。上位は「ヘイスガ」「ヘイスジャ」。
効果はシリーズによって異なるが、攻撃機会・回数を減らすスロウと対して機会・回数を増やす魔法としての概念は不変。 

ファイナルファンタジーシリーズでのヘイストの所属

ヘイスト(ファイナルファンタジーXI)

遠隔武器を除く全ての攻撃間隔と全ての魔法の再詠唱時間を減少させる魔法、及びそのステータス変化。
このステータス変化を与える魔法としては、ヘイスト(白魔道士,赤魔道士)、ヘイスガ(召喚士/ガルーダ)、リフエリングと波(共に青魔道士)、マーチ(吟遊詩人)等がある。オーラ(学者)にもヘイストの効果が付随している。また、装備等にもヘイスト効果のついているものがある。
アビリティとしてはヘイストサンバや裂拳で類似した効果が得られるが、それらの魔法には魔法詠唱時間の短縮の効果はい。

手数は100/(100-ヘイスト%)で得られ、単純にヘイスト15%で手数が15%上昇するわけではなく、約17%の上昇になる。よって、ヘイスト25%だと手数が約33%上昇するため、ヘイスト効果は累積すればするほど効果が大きくなる。

ヘイストを積み重ねることによって、短時間で多く攻撃することができ、それにより単位時間あたりの得TPも増えてWSの発動回数も増えるため、大幅なダメージアップを見込める。
また、再詠唱時間を短縮させる効果から、忍者の防御魔法空蝉の術」や回復魔法ケアル」等にも多大な恩恵がある。空蝉の術での分身が切れても較的く分身をり直す事が出来たり、そもそも前の分身が切れる前に次の分身をり直すことも出来る。 ケアルもより単位時間あたりの発動回数を増やす事ができ、攻撃用、もしくは攻防一体の魔法として人気がある。

前述の通り積み重ねれば積み重ねるほど効果が大きくなるので、装備によるヘイスト値を上げておくと攻撃回数やによる分身のり替えなどにおいて、体感出来るほどの効果が期待できる。魔法によるヘイスト効果がくても装備のヘイスト効果は有効なため、通常攻撃用の装備としてヘイスト効果のある装備が選ばれることが多い。
しかし、WSにはヘイストの効果が全く適用されないため、WS時等には着替える必要がある。

ヘイストの弱点として、強スロウを受けた場合にかけ直す手間がかかることである。弱スロウはヘイストで上書きできるが、強スロウはヘイストで上書き出来ないため、イレースをかけてからヘイストをかけ直すという手間が必要になってしまう。故に、範囲で強スロウを使ってくる敵相手だと相当な手間がかかってしまう。消費MPも少なくないため、相当なMP消費に繋がってしまう。
もう一つ、ヘイストそのものの再詠唱時間の長さが挙げられる。素の再詠唱時間は20であり、ここからファトキャストやヘイスト効果で再詠唱時間が最高で10まで短くなるものの、連続して魔法を唱えることが出来ない。
そのことを知らない前衛が「ヘイストくお願いします^^;」等の発言をすると、PTの空気が一にして凍ってしまうことがある。注意しよう。

しかし忍者踊り子シーフ等の回避ジョブメイン盾を行う場合、ヘイスト効果の有は生死に関わる問題であるので、強スロウがかかっていても出来るだけ優先的に治療・強化をしておきたい。

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/07/23(火) 13:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/23(火) 13:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP