今注目のニュース
    個人情報:本物のパスワード記載「脅迫メール」が横行
    東北大学で『マリカー』最速の教授を選ぶ「教授マリオカート」開催
    「犬の糞に滑った」「ピザを切っていた」 ナイフで夫を刺殺した妻、次々と呆れる言い訳(米)

    攻撃機単語

    コウゲキキ

    掲示板をみる(17)
    • twitter
    • facebook
    • はてな
    • LINE

    攻撃機とは、軍用機の分類の一つ。対地・対艦攻撃を主任務とする。

    概要

    攻撃機の厳密な定義及び爆撃機戦闘機との区分には錯綜した部分がある。たとえば旧日本海軍では、急降下爆撃を持つ(必然的に較的小な)航空機を「爆撃機」、爆撃/のみを持つ航空機を「攻撃機」とよんだ。一方米軍では急降下爆撃撃ともに可な機体をさした。現代ではおおむね爆撃機よりも小戦闘機とほぼ同じ程度の機体規模を持ち、地上・上の標に対する戦術的な攻撃を行うものをいう。

    アメリカ軍では、A(Attcker)の機種分類が行われているが、最近の戦闘機マルチロール(多用途)化にともない、純攻撃機と呼べるものは退役しつつある。各軍においては単一の機種が任務に応じた兵装を搭載し、制戦闘や対地・対艦攻撃を行うのが一つの趨勢である。結果、戦闘機攻撃機戦闘爆撃機/戦闘攻撃機の分類はあいまいなものとなりつつある。

    地上標に対する近接航空支援に特化した攻撃機としては、A-10が挙げられるが、こうした純な対地攻撃機アメリカ軍でもある意味特異な存在で、F/A-18F-16F-15Eといったマルチロールを持つ戦闘(攻撃)機が実際の対地攻撃任務の軸を担っている。米軍ではその他、輸送機改造したAC-130海兵隊VTOL機AV-8Bといった攻撃機を運用している。また、戦闘機を示すF(Fighter)のナンバーが与えられながら実際はほとんど攻撃機としてのみ運用されたF-111F-117のようなケースもあり、なおさら分類を複雑にしている。

    日本航空自衛隊)でも対艦・対地攻撃を行う航空機を運用しているが、「攻撃」と言うニュアンスを嫌って「支援戦闘機」と呼んでいた。「要撃戦闘機」と対される用で、運用思想上、来する敵上陸部隊を撃破するためのミサイルを用いた対艦攻撃が重視されており、過去にはF-1現在F-4EJF-2がその任に当たっている。F-1及びF-2は「支援戦闘機」としてFの符号が与えられているが、その主任務が対艦攻撃であることからしていわゆる「攻撃機」に該当すると言われる。ただし、F-2はBVR(視界外射程)の対空ミサイルを運用するを持ち(F-1赤外線誘導の短射程ミサイルのみ)、対戦闘を行うことも考慮されているため、「対艦を重視したマルチロール戦闘機」であるとも考えられる。なお2005年度の新防衛計画大綱からは「要撃戦闘機」と「支援戦闘機」の区分が止され、どちらも単に「戦闘機」と呼ばれるようになった。

    関連項目

    掲示板

    急上昇ワード

    最終更新:2018/10/15(月) 19:00

    ほめられた記事

    最終更新:2018/10/15(月) 19:00

    ウォッチリストに追加しました!

    すでにウォッチリストに
    入っています。

    OK

    追加に失敗しました。

    OK

    追加にはログインが必要です。

           

    ほめた!

    すでにほめています。

    すでにほめています。

    ほめるを取消しました。

    OK

    ほめるに失敗しました。

    OK

    ほめるの取消しに失敗しました。

    OK

    ほめるにはログインが必要です。

    TOP