伊藤ハチ 単語

イトウハチ

1.4千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

伊藤ハチとは、百合を専攻する女性漫画家。もしくは百合の一ジャンルである「おねロリ」界俗語である。

伊藤ハチ(おねロリ用語)

【名詞・ス他自】小さい女の子幼女ロリ)が大好きな綺麗なお姉さんのこと。伊藤ハチに「〜する」「〜される」をつけると、お姉さん幼女に手を出す、または幼女お姉さんにいけないことをされる、といった意味になる。「近所のおねえさんが〜する。」

【形容動詞】幼女が)相手が女の人だからといって油断してはいけない状態。「これは〜な事案ですよ。」

伊藤ハチ(漫画家)

おねロリは、初めて見ること知ることづくしでしい世界生きる幼女と、世界のいいことも悪いことも知ってしまったお姉さんが共に生きて、幼女フィルターを通しお姉さん世界生きるに値するんだと再確認するのが尊いと思う」
「あと幼女お姉さんの歳の差体格差の犯罪臭がとても奮する」

— 伊藤ハチ (@itou8) January 1, 2016exit

百合ジャンルを専門とする女性漫画家。中でも成人女性幼女の関係—「おねロリ」をこよなく愛し「伊藤ハチ」がロリコンお姉さんす一般名詞になるレベル当該ジャンルにおける第一人者として認められている。また多くの作品に獣耳をはじめとする人外要素が含まれる。百合実姉百合百合夫婦などの関係性も好む。

美大で日本画を専攻し、アニメ会社の美術部門で働いていた時期があるようで、やかで緻密な作画定評がある。現代を舞台にした作品も描くが、獣耳が描けるファンタジーSF色の濃い作品が多い。設定やキャラクター造形に濃厚なフェティシズムを漂わせつつも、繊細な心理描写や可らしい絵柄を駆使して、心温まる話に落とし込む量を持ち合わせる。その一方、アンソロジーなどでは(色々な意味で)非常に闇の深い展開を描くことも。

小百合さんの天使』(実姉百合)など、おねロリ獣耳要素を含まない百合作品も執筆しているが、同作は主人公があまりにもパンチの効いた変態発言パワーワードを次々と繰り出すことで有名。特に「おねえちゃんと同じ産も通ってないくせに」は強インパクトからとなっている。

2000年代末頃からサークル「はちしろ」を宰し同人誌を発表していたが、当初は百合ではなくムーミン任天堂ゲームなどの二次創作を手がけていた(商業デビューも非百合作品である)。百合に傾倒したきっかけは『アンパンマン』のロールパンナメロンパンナ姉妹百合関係であったといい、2013年末にpixiv獣耳百合作品を発表したのを機に、翌2014年から商業・同人百合の両ジャンルで活動を活発化させた。

プロフィール画像は自画像ではなく、「田所さん」というウサギだとのこと。

主な連載作

連載作は全て完結済みで、いずれも単行本化されている。実はこのほか、『先生のすみか』という男女ものラブコメまんがタイムスペシャルに連載していた事があるが、単行本化はされていない。

関連リンク

関連項目

この記事を編集する
関連記事

親記事

子記事

  • なし

兄弟記事

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/05/28(火) 19:00

ほめられた記事

最終更新:2024/05/28(火) 19:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP