今注目のニュース
あおり運転?後ろを付けてくるフルスモークのベンツの恐怖
TBS、うつ病・認知症にも!?~実は恐ろしい「感情の老化」
そこにいるよ! レーザーで蚊の位置を教えてくれる「Bzigo」

ラストバトル!単語

ラストバトル

掲示板をみる(21)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ラストバトル!とは、

  1. MOSAIC.WAVの楽曲、「ラストバトル!アキバトラー“μ”」。
  2. 遊戯王OCGカード現在禁止カード定されている。本項で解説。

その他、「ラストバトル」の記事も参照。

概要

第2期のパック「Mythological Ageりし魂-」(2001年11月29日発売)で登場したカード

通常
自分のライフポイント1000以下の場合、相手ターンにのみ発動する事ができる。
発動後、自分フィールド上に存在するモンスター1体を選択し、
そのモンスター以外のお互いの手札・フィールド上のカードを全て墓地へ送る。
その後、相手はデッキからモンスター1体を表側攻撃表示で特殊召喚し、
自分が選択したモンスター戦闘を行う。
この戦闘によって発生するお互いのプレイヤーへの戦闘ダメージは0になる。
このターンエンドフェイズ時、どちらかのプレイヤーのみが
モンスターコントロールしていた場合、そのコントローラーデュエル勝利する。
それ以外の場合は引き分けになる。

※「BEGINNER'S EDITION 2」(2011年発売)収録のカード(BE02-JP167)による

封印されしエクゾディア」、「ウィジャ盤」に続く、特殊勝利カード。発動ターンをもって決着がつく、まさにラストバトルといえる効果を持っている。

自分のライフ1000以下で相手ターンのみという条件がついており、劣勢時の一発逆転のカードといったイメージとなっている。しかし、自分はフィールドにいるモンスターしか選べないのに対し、相手はデッキ内の(特殊召喚可な)最強モンスターを呼び出せるため、条件としては圧倒的にこちらが不利といわざるを得ない。仮に「F・G・D」級のカードで戦いに臨んだとしても、相手が「マシュマロン」などで逃げれば引き分けに持ち込まれてしまう(負けるよりマシだが)。そのため、普通に使うなら、決まったときの快感は魅だが、使いにくさも強いカード、というデザインだったのだろう。

しかし、特殊召喚を封じる効果を持つ「昇霊術師 ショウゲン」、「異の最終戦士」などを選択することで、相手はデッキからの特殊召喚が不可能となり、ほぼ確実に勝利できる、というコンボが生み出された。発動時に1000の倍数のライフコストを要する「の護封」などで意図的に自分のライフポイント1000以下にして発動条件を満たし、そのコンボ勝利を収めるというデッキが現れ、それが非常に強なものとなった。

そのため、2002年1月1日に準制限カード2006年3月1日禁止カード定された。


複雑な効果を持つカードだが、おおよそ以下のように処理を行う。


特殊召喚封じと併用したコンボは強だが、がないわけではない。
このカードの発動にチェーンして「サンダーブレイク」などで封じるモンスターを破壊してしまえば、状況次第だがこちらが勝ててしまうことも多い。特定カードを対処されるとそのまま負けてしまう、というのはこの手のコンボデッキの宿命かもしれない。
また、「クリッター」などをセットしておけばモンスターを手札に加えられるので、それをセットすることで引き分けに持ち込むこともできる。召喚・反転召喚も封じる「異の最終戦士」であっても、セット(「通常召喚」だが、「召喚」ではない)までは封じられない。これはエンドフェイズや相手の通常召喚後に、あるいは「クリッター」などがいないことを確認した上で発動するなどで対処可

E・HERO ワイルドマン」、「下人 紫炎」のような「の効果を受けない」モンスターの場合、このカードの効果で墓地へ送られることはない。

ちなみに、このカードコンボの要であった「特殊召喚を封じるモンスターを利用することで相手の特殊召喚を許さない」部分について、実は現役当時、そのような状況でのこのカードの発動が可かについて、調整中(ルールが定まっていないこと)であった。
その後、確定することなく禁止カード入りし、それからしばらく経って「「昇霊術師 ショウゲン」などがフィールド上にいる場合も発動可であり、その場合、特殊召喚の処理のみを行わない」というに裁定が出た。

特殊召喚封じコンボが有名だが、それを抜きにしても、ライフ1000以下の状況から一発で逆転勝利の可性を秘めているこのカードは、やはりオーバーパワーといえる。現在であれば属性モンスターを選択し、自分の「クリッター」を墓地へ送って「オネスト」を手札に加え、それを使用することでほぼ確実に戦闘勝利する、などのコンボも可
そのため、今後の制限復帰は難しいと思われる。

特殊召喚する効果を含むので「王宮の弾圧」で効化できる。


イラストではスピリットモンスターの「八俣大蛇」と「火之具土」が戦っている様子が描かれている。だが、両者共に特殊召喚不可能なので、「ラストバトル!」で2体を戦わせられないのが残念である。
ちなみに、日本神話において八岐大蛇が実際に戦うのは須佐之男命である。

初登場後、「DUELIST LEGACY Volume.5」、「BEGINNER'S EDITION 2」(2004年12月9日発売版)で再録され、禁止カード定後にも「BEGINNER'S EDITION 2」(2011年8月13日発売版)で再録されている。再録時のレアリティはすべてレア

その他の作品において

アニメDMオリジナル乃亜編」の海馬VS乃亜戦で海馬が使用した。
自らの信じる最強モンスター青眼の白龍」を選択するが、乃亜デッキマスターの「奇跡舟」(アニメ版はモンスターカード)を選択、「奇跡舟」から「界王 シナト」が出てきて、それに返り討ちにされ、敗北した。
しかし、これにより海馬ライフ400残ったままデュエルが終了。それを遊戯が受け継ぎ、デュエルは続行することとなる……。

関連動画

 

関連商品

 

関連項目

掲示板

  • 19削除しました

    削除しました ID: vzhozVcAQn

    削除しました

  • 20削除しました

    削除しました ID: vzhozVcAQn

    削除しました

  • 21ななしのよっしん

    2019/03/03(日) 23:38:08 ID: 9x0t08A/Fv

    アニメ遊戯が「海馬トワイライトゾーンドラゴンを残していれば確実に引き分けに持ち込めた!」とか言ってたけど、
    あれって海馬がただ勝利を追いめた結果なんじゃないのかと思ってしまう
    海馬の性格上、眼を召喚するのをやめてまで引き分けを狙いにいくとはとても思えないし

急上昇ワード

最終更新:2019/08/24(土) 15:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/24(土) 15:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP