今注目のニュース
泳ぎが得意なナマケモノ、ボートに乗ってタイタニックのポーズ(ブラジル)<動画あり>
体脂肪率、ちゃんとチェックしていますか?
三谷紬アナ“恐怖のドリフト初体験”で涙目

ランディ・ジョンソン単語

ランディジョンソン

掲示板をみる(3)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ランディ・ジョンソンRandy Johnson1963年9月10日-)とは、アメリカ合衆国出身の元メジャーリーガー(投手)である。

概要

ニックネームビッグユニット(Big Unit)。

幼少期から身分明書が必要なくらい身長が高かった。高校時代は1982年アトランタ・ブレーブスから名されたが、契約せずカリフォルニア大学に進学。

1985年モントリオール・エクスポズ(現:ワシントン・ナショナルズ)から2巡名を受け契約

1988年メジャーデビューを果たし、3勝を挙げる。

1989年は開幕をメジャーで迎えたが、制球難でマイナー落ち。トレードでシアトル・マリナーズに移籍し、7勝を挙げた。

1990年6月2日デトロイト・タイガースマリナーズ史上初のノーヒットノーランを達成。オールスターにも選出された。オフには日米野球のため来日した。

1992年には241奪三振で初のタイトルとなる最多奪三振を獲得。そこから4年連続で最多奪三振タイトルを獲得した。その後もマリナーズ先発ローテーションに定着し、1995年に地区優勝に貢献。オフサイヤング賞を受賞した。

1997年に通算2000奪三振を達成。

1998年にトレードでヒューストン・アストロズに移籍し、地区優勝に貢献。オフFAとなり、アリゾナ・ダイヤモンドバックスと4年契約を結んだ。

ダイヤモンドバックスでもロースターに定着。2001年には自己キャリアハイ371奪三振を記録し、ダイヤモンドバックス史上初の世界一に貢献した。
なお、この年のスプリング・トレーニングでは打者への投球が飛んで来たにぶつかる(バード・ストライク)という奇跡的な珍プレーが起きている。関連動画参照。これで長年優勝できていなかったらビリー・ゴートの呪いに続くMLB界の動物災厄になっていたかも・・?・

2002年ナショナルリーグでは17年ぶりの投手三冠を達成。

2004年5月18日アトランタ・ブレーブス戦では完全試合を達成した。

2005年にトレードでニューヨーク・ヤンキースに移籍。松井秀喜チームメイトとなった。移籍1年17勝で地区優勝に貢献したが、2006年背中の痛みの影17勝ながら防御率5.00と不調だった。オフにトレードを志願し、古巣のダイヤモンドバックスに復帰した。

2009年サンフランシスコ・ジャイアンツに移籍。6月4日ワシントン・ナショナルズ戦で通算300勝を達成した。

2010年に現役を引退し、写真となった。

2メートル以上もの長身から投げる102マイルフォーシームとスライダー、スプリッターを投げる投手だった。2015年殿堂入りを果たした。

通算投手成績

通算:22 登板 完封 勝利 敗戦 セーブ ホール 勝率 投球回 四球 奪三振 失点 自責点 防御率 WHIP
MLB 618 100 37 303 166 2 0 .646 4135.1 1497 4875 1703 1513 3.29 1.17

関連動画

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/09/18(水) 14:00

ほめられた記事

最終更新:2019/09/18(水) 14:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP