下村陽子単語

シモムラヨウコ

1.4千文字の記事
掲示板をみる(219)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(10)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

下村陽子とは、ゲームミュージックに手掛ける作曲である。自称「情熱の作曲」。

概要

1993年まではカプコンに在籍、その後2002年まではスクウェア(現スクウェア・エニックス)に在籍。2003年よりフリーで活動している。

カプコン入社当初はパソコンなどを使えない状態であり、また、クラシック育ちだったのでギターベースドラムが全然わからなかった。ドラムのある音を使うなと言われるほど。

その後、「メカモノ」と呼ばれるルーレットゲームクレーンゲームなどのBGMや、レースアドベンチャー野球などいろいろなゲームBGMを作っていた。

そして、『ストリートファイターIIシリーズBGMを担当することになる。カプコン時代に格闘ゲームで担当したものはこれだけである。体が減ったときにBGMが速くなってが少しずつ調が上がる演出を提案したのは下村である。

ゲームファンの間では、LIVEALIVEを初めとするスクウェア時代の楽曲が特に著名である。LALでは当時流行した対戦格闘ゲームオマージュしたシナリオもあるが、ストIIと同じ人が作曲していた事を知って驚いた人も多いのではないだろうか。

他の作曲のように、長期シリーズを引き続いて作曲するようなケースが少なかった為、一般的にはあまりメジャーとは言えないが、、作品タイトルを聞けば思い出せるような印的な曲を多数作曲している。例えば森のキノコにご用心は楽曲が使われたFLASHが流行したため、聞いた方も多いのではないだろうか。 

スクウェア時代に手がけた『キングタムハーツシリーズが当たりとなり、以降ほぼ全作に渡って参加している。後、キングダムハーツチームによる『ファイナルファンタジー ヴェルサス XIII』の音楽を担当することが発表されていたが、これが『ファイナルファンタジーXV』に題されることとなり、正に満を持してのFFナンバリング担当となった。

2014年2月には、作曲活動25周年を記念した初の単独コンサートが開かれ、追加演が決定するほどの好評となった。

2010年からはニコニコ生放送の番組「おとや」にレギュラー出演。だけの出演をしており、第2回は下村さんの代わりにクマのぬいぐるみが登場していた。しかし、だけでは他の出演者との距離がはなれていることもあってかスルーされたり上手く話に加われないこともあった。(貧)の番組途中から、ついに素顔で登場している。

なるけみちこと「音女(おとめ)」というユニットを結成。ユニットでの将来のワールドツアー

主な作品

アプリ

関連動画

関連商品

外部リンク

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/01/29(土) 01:00

ほめられた記事

最終更新:2022/01/29(土) 01:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP