今注目のニュース
吉本の関西若手芸人100人、先月のギャラ1位は…
手足再生も夢じゃない!? 人間の軟骨は「再生能力」を秘めていることが判明
小学校で授業中に女教師が卒倒 ウォッカを手放せないアル中だった

中割り単語

ナカワリ

掲示板をみる(50)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

中割り(なかわり)は、以下を意味する。

  1. アニメーション作画工程のひとつで、原画と原画の間を補う作業。
  2. ボードゲームの一種、オセロにおける戦術のひとつ。

この記事では、1.アニメーション作画工程のひとつとしての中割りについて記述する。

概要

セルアニメを始めとした手描きによるアニメーションには、動きを付けていくプロセスとして2通りの手法が用いられる。ひとつはストレート・アヘッド(Straight Ahead)と呼ばれ、始点となるコマから順繰りに「送り描き」していく方法。もうひとつはポーズ・トゥ・ポーズ(Pose to Pose)と呼ばれ、始点終点など動きの要所となる原画を描いた上で、原画同士を繋ぐように、間に位置するコマを描き入れていく方法である。

ポーズ・トゥ・ポーズの手法において、間にコマを描き入れる作業を中割りと呼ぶ(動詞として「(原画と原画の)中を割る」という表現が用いられる)。また、そうして描き入れられたコマそのものを、名詞として中割(なかわり)と呼ぶ[1]

日本の商業アニメーション制作の現場では分業に適したポーズ・トゥ・ポーズとして用いられ、中割りは動画マンに割り振られる。原画を担当する原画マンと別に置かれたこの役職は、原画のクリンナップ[2]と中割りからなる動画作業を担う[3]

以下、現在日本の商業アニメーション制作の現場を前提として、具体的な工程を例示しながら中割りについて記述する。

中割りの役目

中割りは、アニメーションの表現上、以下のような役を持つ。

動きを滑らかにする

中割を入れることで動きを滑らかにする。また、割る枚数によって滑らかさの度合いをコントロールする。「フルアニメ」の記事も参照。

お辞儀作画を例に取る。いま、原画として人物が直立しているコマと、頭を下げているコマの2枚を描いたとする。この2枚の原画で動作の始点終点が示されているが、これだけで自然な動きを表現することは難しい[4]。その際、この2枚の間に中割を1枚入れることで動きは自然なものに近づくし、中割の枚数を2枚、3枚と増やしていけば動画がより密になり、「ぬるぬる動くアニメーションになる。中割の枚数は、原画マンによってタイムシート示書)に定され、動画マンはこれに従って中割りを行う。

動きに緩急を付ける

中割を入れる位置によって、等速な動きや不等速な動きを描き分けることができる。

例として、面上を転がるボールのような等速度運動作画するには、原画と原画の間を等間隔に割る(均等割り)のが適当である。一方、地面に落ちて弾むボールのような、緩急を持った動きを表現するには、2枚の原画のうち、速度が緩む方にツメて(寄せて)割れば良い。

今日では、こうした「ツメ」も原画マンによって厳密に定されるのが一般的である。原画マンが原画に「ツメ」と呼ばれるゲージを描き入れ、動画マンはこれを頼りに中割りを行う。

ツメツメ示については、以下のWEBサイトにて図付きで解説されている。

中割りの方法

具体的な中割りのやり方には以下のようなものがあり、原画の特性によって使い分けられる。ここでは作画を用いた作画を前提とする。

線割り
クリンナップした2枚の原画の上に新しい作画タップ[5]で重ね、重ねた両原画の中間の線を引くように中割りする方法。原画に描かれている物体が大きく動かない場合に用いやすい。
タップ割り
2枚の原画間で、物体の形の変化のみならず、位置の変化も大きい場合に適する中割り方法。まず、原画をタップから外して用ずらし、物体同士を重ねる。次に、原画同士のタップ[6]の位置関係を頼りに中割となる作画の位置を決め、上から重ねてクリップで固定する。そのまま線割りと同じ要領で中割りすることで、形を変えながら移動する原画を割ることができる。
タップ割りの方法(紙作業)exit - YouTube
デッサン割り
回転など、立体的な軌を取る動きを考慮した中割り。面的な軌機械的に割ることができる線割り、タップ割りに対して、物体を三次元間上で捉える必要性が大きい。
アニメ体験講座受講①(デッサン割について)exit - エンジョウジ道具箱

中割あれこれ

としてアニメ作品を鑑賞する視聴者線から、作中の1コマとしての中割について記述する。

どのコマが中割なの?

々がテレビスクリーンを通してにするのは、クリンナップされた原画と中割が混在した動画であり、両者を確実に区別するには、原画そのもの、あるいはタイムシートを参照する必要がある。しかしながらアニメーションにはパチ(まばたき)や口パク、単純な歩きや走りなど、割り方を含む作画の手法が定石として確立されている動きが多い。そういった動きを含むカットに関しては、どのコマが中割であるか、パターンに当てはめて見当をつけることも可である。

「定石」化した作画パターンの例をひとつ示す。上に挙げたパチと口パクの作画手法のひとつとして、開(あ)き、閉じ、中(なか)の3枚でこれを表現するやり方がある。この手法において、開き(口)と閉じ(口)は原画工程で作画し、動画工程ではこの2枚を中割りして中(口)とするのが原則である。

「オバケ」との混同

中割が「オバケ」と呼ばれる表現手法と混同されることがある。オバケしく動く物体の残像を表すため、その形を崩して作画する手法のこと。こうした表現は原画の段階で入れられるのが通例で、中割りは原画のオバケ表現のニュアンスを拾って行われる[7]

「作画崩壊」

中割りの手法」に作業手順を示したとおり、中割りは前後の原画同士を繋ぐようにして行われる。こうした工程の性格上、中割を一枚の絵として見ると、原画と較して崩れた仕上がりに見えがちである。崩れ方が過度でなければ、アニメーションとしてのひと続きの動きの中では不自然さを感じさせづらいが、アニメ作品を手軽にキャプチャしてインターネット上で共有することができる今日においては、そうした中割の1枚がアニメーションから切り離された静止画像として「作画崩壊」であるとの触れ込みとともに言いはやされるケースもある。

以下のニコニコ大百科記事、および外部リンクも参照。

関連動画

関連記事

外部リンク

脚注

  1. *この記事では、便宜上、動詞「割る」から生じた「中割り」と、名詞としての「中割」を、送り仮名の有によって区別している。しかしながら、これらは混同して用いられているのが実際である。
  2. *クリーンアップ(Clean up)。アニメ制作においては、トレスによってラフな描線を拾って、これを新たな用上に綺麗な線として起こすこと。文字で言う清書にあたる。原画のクリンナップは原トレ(原画トレス)とも。
  3. *原画マンが中割に相当するコマも含め、全て原画として描き上げる場合(「全原画」や「フル原画」と呼ぶ)や、中を割らない「中なし」の場合、動画作業は原画のクリンナップのみである。
  4. *脚注3.に述べた「中なし」の技法として、動画枚数を抑えつつキレのある動きやコミカルさを演出する的で効果的に用いられることもある。
  5. *作画を固定し、位置がずれないようにするための具。
  6. *作画けられた、タップで固定するための
  7. *中割りについて語るスレ#33 - ニコニコ大百科

掲示板

  • 48ななしのよっしん

    2016/12/03(土) 02:15:27 ID: JPW24dNzfI

    サンムーン作画が「個人的に気に入らない」ならともかく
    「ショボイ」とか「崩壊してる」って思う
    作画って言葉を口にしないで欲しい

  • 49ななしのよっしん

    2017/10/26(木) 16:53:45 ID: 28W2RwBvr5

    中割りが崩れた絵の事をしてると思ってる人もどうにかしてほしいですね

  • 50ななしのよっしん

    2017/11/26(日) 03:43:20 ID: pdgRkWaz0c

    だいたいアフィブログアフィチルのせい

急上昇ワード

最終更新:2019/10/15(火) 13:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/15(火) 13:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP