孫策単語

ソンサク

  • 2
  • 0
掲示板をみる(113)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他
  1. 三国志に登場する人物。本項ではこれについて説明する。
  2. 漫画およびアニメ一騎当千」の主人公、孫策伯符。

概要

孫策(生年175年。没年200年)

字は伯符。孫堅孫権孫翊、孫、孫朗。孫尚香こと孫夫人がいる。三国志演義では「小覇王」と称される。

臥薪嘗胆

192年、伯符17歳の時にである孫堅劉表の放った刺客、黄祖により殺される。
その際に孫人にあたる袁術により孫堅の部隊は解体され、多くが袁術直轄の軍に組み込まれてしまう。
以後194年まで袁術の下で孫を願いながら、臥薪嘗胆の日々を送る事となる。

徐々に才覚を発揮し始めた彼を、袁術は「自分にも孫策のような息子がいたら」と高く評価していた。
しかしケチだからか危険視していたからかは不明だが高く評価した「だけ」で、伯符は戦の褒美に太守の座を持ち出されるも反故にされる事が多かった。
そこでめげずに伯符は数々の有能の士を自分の配下に加えていった。
後に二と称される張昭張紘はこの頃からの付き合いである。

不撓不屈

194年、である袁術に対して旧孫堅軍勢の引渡しを要する。1000人強の兵が孫に戻った。
江東の人々はその兵を引き連れる孫策を見て「江東に孫の旗が戻ってきた」と歓喜した(とは限らないが、とりあえず孫策は立ち上がるための資本を得た)。

翌年の195年にはその軍勢で揚州の劉繇を撃退。曲(秣陵・建業付近)から追い出すことに成功する。
以後、伯符は曲を拠点としてその勢を拡大させていく事となる。

意気衝天

その後は劉繇という後ろを失った太史慈と幾度となくを交る。
太史慈という人物は、

大丈夫という者がこの世に生まれたからには、七尺のを帯びて天子の階を登るべきを、その志が実現できぬうちに死ぬ事になろうとは

と死ぬ間際に言い残したほどの自信と野心溢れる人材であったが、伯符は一騎打ちを通じて太史慈の才見抜き太史慈を信じ、下に加える事に成功する。後に太史慈孫権営の最初期を支える武将となる。

197年。伯符の勢拡大を恐れた袁術は甥の袁胤をあてるも伯符は袁胤叩き返す。これを契機に袁術からの独立江東支配を宣言することとなる。

その頃、親友でもあった周瑜魯粛をひきつれて合流を果たすなど、孫策営の基盤はこの頃に完成したと言ってよい。

断金の交わり

後に孫営のブレインとなる周瑜とは幼少の頃からの知り合いで、『断を断つ程の強さのある)の交わり』と称された仲である。

その断が得てして大きなおさま方に弄られる事もあったりする。仕方ないね

獅子奮迅

もはや江東に敵なし。

勢いの止まらぬ伯符は王朗、厳兄弟厳白虎厳輿)、許貢勲と根こそぎ叩き落し、遂にはの敵である黄祖の勢を衰退させるにまで至る。会見の場で短戟を投擲して敵将を一撃死させる、という小覇王というより世紀末覇王的な行動を見せたのもこの頃である。

また人材発掘に余念がなく、呂蒙虞翻といった連中もこぞって孫策の器に入っていく。伯符の勢を拡大する様は中原南部を治めていた曹操も頭を抱えることとなる(袁紹と対立していたっ最中である)。

夢幻泡影

しかし時代は彼を選ばなかった。

200年。
伯符は曹操の本拠地である許攻略をめざし北上するも途中の長江付近で許貢の残党に襲われ、
その際に負った傷が原因で命を落としてしまう。享年26歳。
彼は元々、焦りがちな性分だったらしく、性急に勢を拡大してきたツケが残党という形で現れてしまった。

死に際に伯符は跡を幼いが子でなく孫権に譲った。

下の均衡争いに与するようなことは、君(孫権)は私のようにはできるまい。しかし、才ある者を用い、江東を保っていくことについては、私は君には及ばない

と、孫権に告げたと言われている。
彼本人の野望は泡と消えてしまったが、成したものは浮世に残り、以後80年もの間それは守られ続けた。

電子遊戯

KOEI三國志シリーズでは常に軍事絡みの戦闘力が高い武将として描かれている。内政絡みでは孫権に劣るものの、それでも総合的なは圧倒的に勝る。

三国無双では……だいたい「トンファー」と「ズェー」で説明できる。5ではになったけど。

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 111ななしのよっしん

    2019/12/18(水) 17:16:47 ID: EH6cEhJ2mT

    >>110
    孫策より柄も評判も良くての正式な州牧・太守だった劉繇士燮を頼ってる人も多いし
    それぐらいの意識の人が第一志孫策にはならないと思うよ
    孫策に招かれても断って情勢が落ち着き次第北に帰ってった人だっているし

  • 112ななしのよっしん

    2020/05/19(火) 21:47:58 ID: 8n0qWIt28C

    曹操が官途で留守の間にき巣で攻め入って
    徐州の陳登フルボッコのぼこぼこにやられて、敗残の所を陳登資格に襲われて死んだんだよね

  • 113ななしのよっしん

    2020/08/17(月) 05:49:47 ID: 8vJhwbcs89

    フルボッコっていうか、孫策陳登攻めは袁術北上に連動してるから
    別にボコボコにはされてないし、なんなら外征準備中に死んでるから
    負けてもすぐ軍事行動を起こせるくらいには元気だった
    (もっと言えば同時並行で勲とも戦争してる)

    個人的にむしろ怪しいのは孫権に譲るっていう遺言の方
    孫権がのちに孫呉を築いたことからの逆算感が拭えない
    孫翊、孫、孫暠の動き、その後の対処を見ても孫策没後に
    孫権が後事を託されたような確たる権があったとは全く思えない

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2020/10/27(火) 10:00

ほめられた記事

最終更新:2020/10/27(火) 10:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP