今注目のニュース
泣き叫ぶ幼児にスーパー店員、即興の歌とダンスで“神対応”(米)<動画あり>
ニンゲンさん、お願いなんとかして!助けを求めてボートにまっしぐら!なアシカの子供
セブン「9年ぶり前年割れ」の衝撃 「ペイ」ショックだけの影響か

小林宏(野球)単語

コバヤシヒロシ

掲示板をみる(2)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

小林宏こばやし ひろし1970年11月30日-)とは、広島県出身の元プロ野球選手投手)である。現役時代はオリックスブルーウェーブ(当時)、東北楽天ゴールデンイーグルスに所属。現在オリックス・バファローズ二軍投手コーチを務める。

概要

1992年ドラフト2位オリックス・ブルーウェーブに入団。

オリックス黄金期を支えたピッチャーの一人として活躍。

2004年オリックス・ブルーウェーブ近鉄バファローズの合併に伴う選手分配ドラフト東北楽天ゴールデンイーグルスに移籍し、自由契約となって現役を引退

2009年からオリックス・バファローズコーチを務めている。

小林の14球(もしくは小林トーマス・オマリーの14球)が有名。下記で詳しく記述する。

小林の14球とは?

小林の14球とは、当時ヤクルトスワローズの4番打者・トーマス・オマリーとの95日本シリーズでの対決のこと。

1995年日本シリーズヤクルトオリックスの第4戦が行われた。第3戦まではヤクルトの3連勝。「がんばろうKOBE」を合言葉に1年間やってきたオリックスとしては崖っぷちに立たされていた。スコアは1対1のまま延長11回裏、ヤクルトは1アウト1・2塁のチャンスに打席にはオマリーが入る、マウンドに立っているのは小林宏である。

この14球のうち、右翼ポールすれすれの大ファール2本を打たれ、息を飲むシーンの連続だったが、結局オマリー空振三振に取り、次の打者・古田敦也失点で抑えた。その後、D・J(ダグ・ジェニングス)が決勝ホームランを放ち、勝利した。

しかしオリックスは第5戦に敗れ、日本一を逃したが、敢闘選手賞を受賞している。

成績

通算投手成績

通算:12年 登板 完封 勝利 敗戦 セーブ ホール 勝率 投球回 四球 奪三振 失点 自責点 防御率 WHIP
NPB 245 10 4 53 47 19 0 .530 753.2 323 448 408 370 4.42 1.45

関連動画

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/08/25(日) 22:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/25(日) 22:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP