今注目のニュース
フレッシュネスがシビ辛「麻辣チキンバーガー」発売、“爽やかな清涼感”のパクチー増量にも対応
武井壮、吉本興業に対する叩きに苦言 「メディアやネットも裏返った」
毎日が「休日」か「休日明け」か「休日前」 水土日休みの週休3日ベンチャーが「理想の働き方」と話題に

巴御前単語

トモエゴゼン

掲示板をみる(39)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

色白長く、容顔まことに優れたり。強精兵、一人当千の兵者(つわもの)なり

物語木曽最後』

巴御前とは、平安時代女性武将である。

概要

源氏の一族の一人、木曽義仲が都に上る際に引き連れていたの一人。木曽義仲の本拠地である信濃の出身。義仲とは二人のとともに兄弟にあたるという伝承も伝わっている。しかし、女でありながら男に勝るほどのを持ち、戦場では長を振り回し武将としても働いた。

木曽義仲源義経に敗れ都を追われた際には最後の7騎になるまで義仲のそばにつき従い、義仲の「武士の最後が女とともにあってはよろしくない。お前はどこへとなり落ち延びろ」という言葉を受けるも、それでも離れようとはしなかった。しかし、義仲の再三の要請にこたえ、また、「自分の最後を伝えてくれ」という要請もあったとも言われ、ついに巴御前は義仲のそばを離れる。

その際、最後の奉として追撃に現れた敵武将の首を取ったとも伝わっている。その後は歴史上から名前が消え、最後がどうなったかはわかっていないが、別の武将の妻となり子供を産んだという伝承もある。

女性武将というしい存在である上に、一時は都を握するほどのを持った木曽義仲でもあるという立場は際立っており、日本史上の強い女性という話題ではよく名前が上がる。実際、逸話が事実ならば戦闘においては最強女性といえるかもしれない。

ただし、これらの記述は軍記物語である物語などでしか見ることができず、実在したかどうかは確認ができない。しかし、やはり魅的な人物であることには変わりなく、歌舞伎の題材となり、現代でも様々な創作作品の中でその名前を見ることができる。

現代の萌え基準などに照らし合わせると、「女武将/男勝り」「怪力」「色白」「黒髪ロング」「一騎当千」「幼馴染/義妹」「好きな男から離れられない」などの要素を見出すことができる。昔の人間の想像もまた現代の人間に劣ることはないといえるだろう。

現代の創作の中の巴御前

関連動画

関連商品

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/07/24(水) 18:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/24(水) 18:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP