今注目のニュース
就活で本当にアピールできる"学生時代に力を入れたこと"は? ただ長期インターンをしているだけではダメ
東大生の約半数は「努力できない脳」の持ち主だ
美味しさに感動 アメリカ人が初めて「手で握ったおにぎり」を食べた結果

排熱噴射機構単語

ハイネツフンシャキコウ

掲示板をみる(22)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

排熱噴射機構とは、MHFの剛種系統ヘビィボウガンから溢れ出すロマンのことである。

概要

発射されるビームそのものと混同されがちだが、正確には『排熱弾』を発射するためのバレルのことをしている。排熱噴射機構をセットすることで、ボウガン内に篭った熱が一定以上蓄積すると『排熱弾』を発射できるようになる。
ここまでの説明で連想した人も多いと思うが、グラビモスの熱線攻撃を参考にメゼポルタ工房が発明したものである。

武器に排熱噴射機構を付けていると排熱ゲージが表示され、装填リストに排熱弾が追加される。この排熱ゲージは射撃によって溜まっていき、ゲージMAXになった状態で排熱弾を装填して撃つことで排熱を発射することができる。時間が経過すると排熱ゲージは減っていくためMAXになったら速やかに排熱を撃つ必要がある。

排熱弾発射の様子はこちら↓(左:実装初期のもの、右:9.0時点での様子)

排熱の発射を繰り返すことで排熱ゲージの最大値が伸びて排熱弾の威が上昇するのだが、如何せん伸びるゲージの蓄積に時間がかかり、1クエ中にそう何発も撃てるものではない。このためかつては最高威はお遊びでしか拝めなかった。
しかし今ではマイトレ調合で手に入る『保温オイル』を使ってゲージを伸ばすことができ、10個使うとゲージを最大容量にできるようになったため、最高威の排熱噴射を拝むのは実装当初にべるとものすごく楽になっている。ただし、調合素材に剛種古と小モンスターの汎用素材を使うため少々面倒で連戦に使いづらいのが難。

に関して、実装当初はネタだの使えないだの散々な言われようだったが、要望が多かったため8.0で威の上方修正が行われ、F3でさらに強化された。砲術王以上のスキルと組み合わせることでかなりのダメージ叩き出せる。
そして『集中』スキル実装ゲージの蓄積を大幅にめることが出来るようにもなった。

もう「ロマンは膨れねぇよ」だなんて言わせないぜ!

更に!2013年4月17日から始まるMHF-Gでは新モーションとして圧縮ロードが登場。これはリロードの際、タイミング良くボタンを押すと弾丸が1つとなって装填されて発射される。その為、ゲージの蓄積も装填数分蓄積されるので短時間で多く溜まりやすくなり、集中スキルの溜め撃ちを合わせると凄まじい量がチャージされる。

…の予定であったが、先行テストであまりにも溜まり過ぎとの摘を受け、G1では下方修正されてしまった。

に据えて運用する場合は、通常のヘビィ用装備とは必要なスキルが全く異なるので専用の装備を用意する必要がある。上記の砲術、集中の他、圧縮リロードでの高速チャージをするなら圧縮弾を反動で撃つための反動軽減に加え、武器自体も素で反動が小さいものが望ましい他、あっという間に弾がなくなるので最大弾数生産や弾丸節約術があると安心できる。

G級ヘビィボウガンでは排熱噴射機構のパーツはないが、G級武器独自のシステムである「シジル」によって機構を追加し排熱弾を撃つことができる。パワーバレルを併用できるので通常の射撃威で有利な反面、排熱弾の威は剛種系武器の80%となるためにはしづらい。また、元から排熱噴射機構に対応している種・始種武器も武器倍率を+40できるヘビィバレルを外してまでつけることはないと言える。

加えて、視固定ダメージ技の宿命としてハンターの攻撃モンスターの体インフレによってG級では相対的に弱体化しているのが泣き所で、ゲージを最大にした上で溜めるのには時間がかかることもネックとなっていた。
その後視攻撃の代表格であるガンランス撃がLv9まで強化できるよう上方修正されたことでとちらにもテコ入れが待たれており、MHF-Zで後述の熱照射という形で実現した。

排熱弾発射

弾と付いている割にどう見ても熱線、またはビームなので、色々と連想されるものが多い

                      等々

他にも発射の際の決め台詞を定文に入れている人がいたりいなかったり。

砲熱照射

G級では実用性が乏しくなっていた排熱が生まれ変わった新ロマン砲
MHF-Z実装された新秘伝書スタイルであり、現在G級昇格から選択可になっている極ノの技。

極ノでは「ゲージ」というものが画面に表示される。
このゲージは射撃によって溜まるのは排熱ゲージと同じだが、大モンスターのいるエリアでないと溜まらない、時間経過では減らない、最初から排熱ゲージMAX(保温オイルを10個使った状態)と同じ長さという違いがある。もちろん集中スキルも対圧縮や溜め撃ちとの関係も排熱ゲージと同様。
ようはかつてあった「安全エリアで排熱を溜めて撃ったら戻るのを繰り返す」ような戦法は不可能だが、通常の射撃による戦闘の中に組み込めるよう実用性が高まったという形になる。

射撃でゲージMAXにして極ノで自動的に装填リストに加わっている「熱弾」を装填し撃つことで、UNKNOWNのブレスガンランスの極を彷彿とさせる色のビームを照射し、ゲージになるまで撃ち尽くす。
この熱照射は非常に反動が強く、ただしゃがんでいるだけなので撃っている間反動でどんどん後ろに下がっていくほか、最初からゲージが長い分必要な隙の大きさも相応。
とはいえ排熱と違い武器を問わず使えるため、一切火力を落とすことなく普通に射撃で立ち回りつつ溜まったら熱照射を撃ちこむという運用が可になっている。
排熱同様、砲術と秘伝スキルの補正が乗るようになっており、直撃させれば下位・上位程度のモンスターなら一撃で仕留めることができるほどの威を有し、G級でも高難易度クエストを除けば有効打を与えることができる。

ちなみに、排熱噴射機構が付いている武器を使うとどちらのゲージも追加される。二つのゲージは同時に溜まるが消費は別のため両方とも溜めることでビームを連射することも可

関連項目

掲示板

  • 20ななしのよっしん

    2015/02/15(日) 10:59:31 ID: avctQkYsCW

    俗に言うゲロビか

  • 21ななしのよっしん

    2016/01/19(火) 18:20:24 ID: dTvYVVdbyY

    一方Xではグラビームならぬスーパーノヴァ原文ママ)を放った

  • 22ななしのよっしん

    2017/01/12(木) 02:04:38 ID: OD5VThjidF

    ふっ飛ばしちゃうので排熱撃ちますと言ってから撃とうね!
    熱のほうも思いっきり視界にデバフするから一言言おうね!
    ガンサーおじさんとの約束だよ!

急上昇ワード

最終更新:2019/09/18(水) 10:00

ほめられた記事

最終更新:2019/09/18(水) 10:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP