今注目のニュース
自宅で酔っ払っていた父親が子供に放った一言 「親に言われるのは辛い」
7千円の中古ソファーから475万円を発見 前の持ち主にお金を返却
3000年前のエジプト神官の声、ミイラから再現 英大学など

灰流うらら単語

ハルウララ

  • 1
  • 0
掲示板をみる(2)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

流(はる)うららとは、遊戯王OCG遊戯王TCGに登場するカードである。(一部遊戯王カードWikiより引用

概要

灰流うらら/Ash Blossom & Joyous Spring
チューナー・効果モンスター準制限カード
3/炎属性/アンデット族/攻 0/守1800
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):以下のいずれかの効果を含む魔法モンスターの効果が発動した時、
このカードを手札から捨てて発動できる。
その効果を効にする。
デッキからカードを手札に加える効果
デッキからモンスターを特殊召喚する効果
デッキからカード墓地へ送る効果

マキシマムクライシス」(2017年1月14日発売)にて登場。
エフェクト・ヴェーラー」「幽鬼うさぎ」などに続くカード現在遊戯王における手札で発動する誘発即時効果のカード(通称:手札誘発)の代表とも言えるカードである。

デッキからカードを手札に加える効果は特定カードを手札に加えるだけでなく、ドローする効果も含まれる。そのため《増殖するG》の効果を封じることが出来る。

ちなみにどちらのプレイヤーに効果が及ぶかの定はなく、墓地送りタイプデッキ破壊に対するメタにもなり得る。

また、アンデット族であるため《死霊王 ドーハスーラ》の効果のトリガーになる。

現在遊戯王には灰流うららの効対になる効果を使わないデッキはほぼ存在しない上に、このカードを利用しないデッキもほとんど存在しない必須カードであろう。そのため、このカード1枚で止められないようにデッキ構成を考えることが前提条件にある。その代表として《墓名者》などのカードを利用したり、多くの展開手段を握っていることが重要となっている。

このカードが及ぼす影も上記のように大きく、現在遊戯王ゲーム性をも形作っているような存在になっている。

カード事情について

あまりにも強カードの上にレアリティも高かったためか、シングルカードとしての価格も較的高額になっていた。ほぼ全てのデッキに採用される側面が評価されたためか、2018年12月8日発売の「ストラクチャデッキ  ソウルバーナー」にて再録されることになり、当時より入手しやすくなっている。

このカード現在の抑止になっていることも事実だが、抑止以上の働きをしていたためか、OCGでは準制限に定されている。英語圏のTCGでは《増殖するG》を禁止カード定している面もあるからかこのカード制限である。世界大会では両方の制限が重なるため準制限として扱う。

9期版テキストでは「この効果は相手ターンでも発動できる。」と記されていたが、元々この文がなくても相手ターンで発動出来る効果のため、10期版テキストからは削除されている。

裁定について

このカードは利用頻度が高い上に裁定も難しいものが多く、注意が必要である。以下はその一例である。

灰流うららで無効化されない効果

このカードの効果はおおよそデッキを触る効果を効にする効果だが、細かく定されているが故に微妙が存在する。以下はその一例である。上記の裁定についての項と合わせてみておきたい。

関連動画

関連静画

関連商品

関連項目

掲示板

  • 1ななしのよっしん

    2019/05/19(日) 09:11:48 ID: S0jZwwvQ7Q

    記事作成お疲れ様です
    抹殺の指名者メタれるけど、結局自分のデッキうらら入れなきゃいけないジレンマ仕方ないね

  • 2ななしのよっしん

    2019/05/21(火) 23:31:07 ID: ra0GDK1W+a

    殺なくてもそこは変わらないし多少はね?

急上昇ワード

最終更新:2020/01/26(日) 20:00

ほめられた記事

最終更新:2020/01/26(日) 20:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP