犬耳単語

イヌミミ

1.7千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

犬耳イヌ、イヌミミ)とは、動物、もしくはその形を模した「獣耳」のひとつである。

概要

人間にとって染みの深い生き物であるの形をした獣耳獣耳のなかでは較的メジャーである。他の獣耳にもいえることだが、尻尾と組み合わせられることも多い。特に尻尾を振る動作が印的なこともあり、より尻尾も強調される。とあわせてモフモフしたくなることこのうえない。

獣耳キャラクターの性質を表すことがあるが、犬耳のついたキャラクターは、の持つ「」「人に対して忠実・従順」「時に攻撃的」などのキャラクター性を持ちうる。論これは一例であり、そうでないケースも多くある。

はその時の精状態などによってよく動く。警時のぴんと立った従を示すときやしゅんとしているときの下がった、そういった感情表現は犬耳においてもされることがあり、これがまた見るものの心を引きつけるのである。

なお類似の獣耳狼耳があり、こちらはやや性質が異なる。

形状・特徴

形状は多くは猫耳とそう変わらない。ぱっと見ただけでは猫耳と見分けがつかないことがあり、そういった場合は、キャラクターモチーフ尻尾などで見分けることになる。また、実在するの品種に似せた犬耳も見受けられる。

いぬみみ犬耳独自の形状に「たれ犬耳」がある。犬耳というとこちらを思い浮かべる人も多いのではないだろうか。ピンと立っている猫耳様のものと違い、が付け根辺りで折れ曲がるようにして前方に垂れているのが特徴。パグやブルドッグのように短いこともあれば、ノーフォークテリアのような一定の長さをもったたれ犬耳もある。

の中には前述のパグやノーフォークテリアのようにたれ種がいることや、おとなしくしている時や従の姿勢を見せている時の、を下げた状態などから、このようなたれ犬耳のイメージが生まれたと思われる。どちらかといえば自由闊達なイメージを持つ猫耳と対照的に、たれ犬耳は従順さやおとなしさといった静的なかわいらしさを強調し、見る者の保護欲をそそる獣耳であるといえよう。

なおはじめて萌え要素としてのたれ犬耳が登場したのは1987年桜玉吉の『しあわせのかたち』の本田べるのとされる。

他にたれバリエーションに持つ獣耳としてはウサ耳があり、「ロップイヤー」と呼ばれる。

主な犬耳キャラクター

※作品名五十音

関連動画

関連静画

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2024/02/28(水) 09:00

ほめられた記事

最終更新:2024/02/28(水) 09:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP