今注目のニュース
浜崎あゆみ、動画に映った自宅にファン衝撃 「なんちゅう家…」
妖怪「アマビエ」ついに厚生労働省の啓発アイコンに採用される 国も認めるありがたみ
自慢ばかりする人の特徴と対処法を、話し方の講師に聞いてみた

しあわせのかたち単語

シアワセノカタチ

  • 0
  • 0
掲示板をみる(6)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

しあわせのかたちとは、かつてファミコン通信に連載されていた漫画である。著者は桜玉吉

概要

1986年、現ファミ通が「ファミコン通信」として創刊されたと同時に連載開始。
作画や作を模索するような回が数回続いた後、ゲーム内を舞台としたギャグパロディ漫画となった。その後「ゆうめいRPG」ことドラゴンクエストⅡ編でおまえ・コイツ・べるのの「例の三人組」が登場した後は、舞台が変わっても三人組を中心としたレギュラーが役柄を変えて登場するという、スターシステムのような形式が定着した。
連載開始時は2ページだったが、のちにページが増えて4ページになった。また、最初期の頃は「し・あ・わ・せ の かたち」のようにタイトルに点が入っていたが、この点は回によって消えたり現れたりを繰り返し、いつの間にか見かけなくなった。
作者の体調不良によりしばらく休止したあと、ファミコン通信の週刊化とともに復活する。
以前から、ゲーム漫画に割り込む形で日記漫画が載ることはあったが、連載再開後は日記漫画メインになり、ページ数は2ページに戻った。
この頃になると、大人の事情によりゲーム漫画を載せるのは難しくなったらしい。そのため、例の三人組の出番も減した。

主な登場人物

作者自身。初期の頃からちょくちょく漫画上に登場しており、連載再開後は主人公となる。
黄色お面を被って登場するが、場合によっては球体になったりムササビになったりする。
途中まで書いていた話を「やめた、このお話なし!」と言って突然の別の話を始める、何の脈絡もなく「ラブラブルート21」という本格暗黒舞踏同棲漫画を始める、サプライズのために(おそらく編集者断で)唐突にページを増やすなどかなりフリーダムである。
釣り熱帯魚の飼育が趣味カニが好物。

  • おまえ

ローレシアの王子として登場。
初期の頃は熱血キャラだったが、次第にマイペースボケ倒しキャラになった。
の中をミジンコが飛んでいて、武器にしたり偵察に使ったりできる。

サマルトリアの王子として登場。
ナンパ者でお調子者。頭ツンツン口ラッパと称されるが意見が特徴。
原作再現のためかになることはほとんどないが、作中では常識人寄りでありツッコミ役でもある。
「ゆうめいRPG」ではがいたが、その後は登場していない。

  • べるの

ムーンブルクの王女として登場。
元ネタの影からか犬耳であるが、なぜ中途半端に混ざった姿になったのかは人間もある。
「~お」、「~だお」といった口調が特徴。

  • ちょりそのぶ

玉吉の高校時代の同級生であり、着色担当のアシスタント。頭にキノコが生えたとぼけた人物だが、麻雀桃鉄は強い。
パソコンの色数を自慢していた玉吉に「はマーカー1本で100階調くらい出せる」と言い放つなど、仕事にはこだわりがある模様。
実は第一話にも登場している。

玉吉の高校時代の同級生であり宿敵。玉吉とは様々な嫌がらせの応酬を繰り広げる。
には常に耳かきが刺さっている。

週刊化以降のアシスタント。初期のニックネームゼータ
バングラディッシュからのファックスをきっかけに畑中葉子に扮して以来、「バランスを考えて」ずっとその格好をしている。

週刊化以降の担当者。
描きおろし漫画の入稿が遅れたのをきっかけに気が狂い、以降は本人の希望もあって狂人キャラが定着した。

さんとも呼ばれるアシスタント
しあわせのかたちでは立たない存在だったが、のちに有名漫画家になる。

関連動画

関連商品

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2020/04/09(木) 14:00

ほめられた記事

最終更新:2020/04/09(木) 14:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP