竜飛海底駅単語

タッピカイテイエキ

  • 2
  • 0
掲示板をみる(6)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他
たっぴかいてい
海底
前駅表示 Tappi-kaitei 前駅表示
つがるいまべつ
Tsugaru-imabetsu
よしおかかいてい
Yoshioka-kaitei

竜飛海底駅とは、青森県津軽外ヶ町字三厩にあったJR海峡線である。

概要

竜飛海底駅
たっぴかいてい - Tappi-kaitei
基本情報
所在 青森県津軽外ヶ町三厩
所属事業者 北海道旅客鉄道
所属路線 海峡線津軽海峡線
駅番号 --
構造 地下海底
ホーム 2面2線
人員 0人/日
2014年度)
開業年 1988年3月13日
止年 2014年3月15日
備考
駅テンプレート

もともと、トンネル内で火災が発生した時などのための避難用施設として設置され、後に見学用の施設として使用することになったため、ホームがかなり狭い。北海道側にある吉岡海底駅も同様の的で設置されたである。
このため、乗降口も限られており、ホーム列車を待つことはい。
避難用の設備としては1000人ほどが退避可間があり、トイレ公衆電話も設置されている。後述する竜飛斜坑線に併設された階段から地上へ脱出することも可

こので乗降できるのは、「竜飛海底駅見学整理券」を所持した乗客のみ利用可
コースとしては、竜飛海底駅を見学するほか、地上にある青函トンネル記念館を見学できるほか、オプションとして飛岬に行くことも可
青函トンネル記念館に行く際には付近にある「青函トンネル竜飛斜坑線もぐら号)」の体験坑を利用する。
なお、青函トンネル記念館が期は休館となるため、当期は見学コースの設定はい。

竜宮水族館」と言う世界で一番低い位置にある水族館が存在するが、現在が一匹もいない。

北海道新幹線の開業に備えた青函トンネル修の関係で2013年11月10日を以って見学を取りやめることとなった。なお、ホーム新幹線が走行する際に阻となるため、そのまま2014年3月15日止された。として止された後は、「竜飛定点」として保線基地および非常時の避難所として使用される。
なお、当止後も青函トンネル竜飛斜坑線は存続する予定であり、青函トンネル記念館から体験坑を見学することはできる。ただし、竜飛海底駅そのものを見学できるのは2013年限りとなった。

なお、避難設備についてはとして営業していた時代は使われなかったが、止後の2015年4月3日に「スーパー白鳥」が青函トンネル内で発煙した際に初めて使用された。

連絡誘導路
駅名標
見学整理券
体験坑

見学コース

以下は、竜飛海底駅営業末期の見学コースの時刻である。

必要なものは海底見学整理券、乗車券自由席特急券または定席特急券(蟹田駅木古内駅間相互区間内で乗下する場合は自由席に乗する場合に限り不要)である。グリーン車定席は乗れないことになってるので注意。
なお、コース定された列車に乗すればいいので、列車の途中からの乗・下は問題い。
海底見学整理券は、2,040円(子ども半額)である。なお、海底見学整理券の発売開始日は利用日の1ヶ前であるが、お得なきっぷのような10時発売ではなく、窓口マルスを立ち上げた間から発売できるため、実質、窓口の営業開始と同時に日付が変わると同時に発売であるため注意。現在、竜飛海底駅が止が発表されてから、かなり整理券が取りにくくなっているが、に出向けば購入できる可性がある。

2013年9月現在は以下のコースで竜飛海底駅の見学が可であった。

竜飛1コース

函館駅(12:04発)→スーパー白鳥30号→竜飛海底駅(13:14着)→見学→竜飛海底駅(15:49発)→白鳥23号→函館駅17:01着)

函館駅からの往復コースとなるため、竜飛海底駅までの往復分の乗車券特急券が必要となる。

竜飛2コース

新青森駅(12:45発)→スーパー白鳥19号→竜飛海底駅(13:51着)→見学→竜飛海底駅(16:46発)→スーパー白鳥25号→函館駅17:54着)

新青森駅から竜飛海底駅経由で函館駅に抜けるコース特急券はそれぞれの列車で必要となるが、竜飛海底駅は特殊なであることから途中下車扱いとならないため、乗車券は通しで購入することができる(お得なきっぷに関してはルールが異なる場合があるため、JR北海道に個別に確認すること)。

11月9日・10日

以下のコースJR北海道函館支社が企画する旅行商品である。11月9日および11月10日のみ設定。各コース定員40名(最少催行人員25名)。函館駅発着で、弁当および記念品つきで、9,900円(子ども6,700円)。
申し込みは往復はがきのみで、1通につき1コースのみの受付となる。同行者は1名のみ受付。締め切りは10月15日当日消印有効。抽選はAコース→Bコースの順で行うため、Aコース当選した場合は自動的にBコースは落選となる。

詳細はJR北海道のプレスリリースexitを参照のこと。

Aコース

函館駅(8:08発)→スーパー白鳥22号→竜飛海底駅(9:15着)→見学→竜飛海底駅(12:40発)→スーパー白鳥15号函館駅(13:44着)

Bコース

函館駅(10:17発)→スーパー白鳥28号→竜飛海底駅(11:20着)→見学→竜飛海底駅(13:52発)→スーパー白鳥19号→函館駅(14:58着)

隣の駅

隣の 隣の
津軽今別駅 竜飛海底駅 吉岡海底駅

関連動画

関連コミュニティ

関連項目

外部リンク

この記事を編集する

掲示板

  • 4削除しました

    削除しました ID: QV7RZX10SW

    削除しました

  • 5ななしのよっしん

    2014/03/16(日) 22:07:49 ID: 61Q+XQX38m

    >>4
    規約が読めない方はお帰りください

  • 6ななしのよっしん

    2015/04/03(金) 21:49:38 ID: 2S3unYKe5A

    津軽海峡線青函トンネルでの特急列車から煙がでた出来事があったが、乗客の方はここから地上へ出たのだろうか。竜飛海底駅としては思わぬ形での最後の仕事となったのかな。

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2020/10/26(月) 14:00

ほめられた記事

最終更新:2020/10/26(月) 14:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP