今注目のニュース
2匹の猫のゆる~い争奪戦⁉ ハンモックを狙うも負け続けた猫、ようやくハンモックを手に入れ“ドヤり顔”を見せる
23日 土砂災害に厳重警戒 「処暑」でも湿度は高い
岡副麻希、顔面から大転倒しそうな写真 「危ない!」「冷や汗」

精神の願望単語

セイシンノガンボウ

掲示板をみる(13)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

《精神の願望》(せいしんのがんぼう)とは、マジック:ザ・ギャザリング(以下、MTG)のカードであり、MTG史上最も許されなかったカードである[1]。初出は2003年発売の『スカージ』。

概要

Mind's Desire / 精神の願望 (4)()()

ソーサリー

あなたのライブラリーを切り直す。あなたのライブラリーの一番上のカードを追放する。ターン終了時まで、あなたはそのカードをそのマナコストを支払うことなくプレイしてもよい。(それがそのマナコストの中にXを含む場合、Xは0である。)

ストーム(あなたがこの呪文を唱えたとき、このターンにそれより前に唱えた呪文1つにつきそれを1回コピーする。)

引用元exit

自分のライブラリーから1枚、ランダム呪文を唱えられるパルプンテ呪文。『スカージ』発売前のプレビューの時点で多くのプレイヤーが「これアカンやつや……」となった、MTG歴史に残るブッ壊れカードの1枚である。

1枚めくるだけだと効率の悪い呪文だが、“ストーム”というをもっている。注釈にあるように、そのターンに唱えられた呪文の数だけコピーを作るので、例えば2枚呪文を唱えてから《精神の願望》を使うと、コピーが2つと《精神の願望》本体の計3発呪文が飛ぶ。

何が起きるの?

MTGには、0マナ呪文や、マナ間的に増やす呪文が存在する。これらと軽いドロー呪文を組み合わせると、ストームを増やしながら《精神の願望》を使う準備ができる。ある程度ストームの溜まった状態で《精神の願望》を使えば、デッキの中のドロー呪文マナ加速呪文、そして2枚以降の《精神の願望》に簡単にたどり着ける。《精神の願望》でめくれたカードはそのターンの間なら自分で使うタイミングを選べるので、2枚がすぐめくれてもとりあえず保留しておき、他の呪文ストームを増やしてもいい。

ストーム登場以前の“チェインコンボ[2]は、特定カードエンジンマナを増やしたりカードを引いたりすることが多かった(『MoMa』の《精》など)。しかし、ストームエンジンはドロー呪文マナ加速呪文でさえあればなんでもよく、適当呪文を唱えて《精神の願望》を唱えされすればそれだけでコンボになってしまう。コピーをたくさん作るので、普通の打ち消し呪文では防ぎきれない。

スカージ』には相手のライフを2点失わせて自分がライフを得る《苦触手》や、相手のライブラリーを3枚削る《思考停止》といったストーム呪文もあった。ストームが10をえたところで《苦触手》を使えば20点以上のダメージが入って終了である。

どのくらい許されなかったの?

このカードの強さは、環境にどのくらいマナ加速呪文や軽いドロー呪文があり、火種となる1発でどれだけコピーが作れるかに依存している。使えるカードの範囲が狭いスタンダードでは、このカードはたいした問題にはならず最後まで許された。

マナ加速カードコスト低減カードフリースペル[3]などがあったエクステンデッドでは、デッキの他のカードが許されなくなることはあったが、様々なデッキに形を変えながら《精神の願望》自体は最後まで許された。

ヤバい呪文が数え切れないほど存在する、Type 1(現在ヴィンテージ)とType 1.5(レガシーの前身)ではやっぱりというか、当然というか許されなかった。許されなくなるまでの期間は0日である。

禁止(Type 1.5)、制限(Type 1)まで0日である。

当然ヴィンテージでも制限カードType 1.5から定されたレガシーでは即日禁止カード定された。本来、カードトーナメントで使われて強さが明されるのが望ましいのだが、テストプレイの段階でゲームバランスを崩壊させることが確定的に明らかだったため、残念でもないし当然である。

ストームという自体も、“発掘”や“親和アーティファクト)”などと並ぶブッ壊れシステムと知られており、今後一般エキスパンション(=スタンダードモダンで使える)での再録はほぼありえないと開発チームの偉い人からも釘を刺されている。『時のらせん』という、昔のをたくさん収録するというコンセプトセットで新しいストーム呪文が少しだけ作られたが、《ぶどう弾》や《巣からの総出》など、モダンレガシーで使われるカードが産まれてしまった。

関連動画

関連項目

脚注

  1. *公式トーナメントで使用可になってから1ヵType 1で制限カード定、Type 1.5、エクステンデッドスタンダードウルザブロック構築禁止カード定された記憶の壺とどっちが許されざるカードかは議論の余地があるかもしれない。
  2. *決められた手順を繰り返すのではなく、カードを引く→引いたカードで何かをする……を繰り返すコンボのこと。代表的なものに『MoMa』など。
  3. *解決時にマナコストぶんの土地をアンタップする効果を持つ呪文の俗称。2マナ呪文なら土地が2枚アンタップするが、コスト低減カードがあると解決後に何故かマナが増える

掲示板

  • 11ななしのよっしん

    2015/08/21(金) 07:24:03 ID: J78zlSHUU1

    これに限った話じゃなく、ストームの存在でMtGをやめたは多いと思う

  • 12ななしのよっしん

    2016/04/05(火) 17:14:13 ID: QZTLyjsfPZ

    0日ってすごいな・・・

  • 13ななしのよっしん

    2017/03/21(火) 13:58:28 ID: ZaFiiFcst7

    再録おめでとう(にっこり)

急上昇ワード

最終更新:2019/08/23(金) 07:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/23(金) 07:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP