肉屋を支持する豚単語

ニクヤヲシジスルブタ

1.4千文字の記事
掲示板をみる(232)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(12)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

肉屋を支持する豚とは、「アニメ漫画規制推進政党である自由民主党自民党)を支持するオタクに対する蔑称」とされる言葉である。

概要

元々は以下のコピペに由来する言葉だと思われる。

昨年6月アメリカ新聞日本アニメの優秀さを紹介する記事で

民族義に走る 日本の一部のアニメクリエイターオタク消費者たち

という取材コラムがあった。 記事では、自民党メディア規制や表現規制に熱心で

最終的には言論規制にまでつながりかねないことを紹介した上で、

そんな自民党民族義で支持する アキバ系たちをこう呼んでいた。

「  屋 を 熱  に 支 持 す る ブ タ た ち 」

このコピペ2009年頃から出回るようになった。しかし昨年6月アメリカ新聞と書いてあるが、具体的にはいつどこの新聞であるかは不明。検索してみても、それらしい英文ソースも見つからない(検索ワードが悪いだけかもしれないが。ソースを見つけた方はここに追記されたい)。よってただの創作ではないかとの疑いが拭えず、要するにデマの可性も高い

英語には「like turkeys voting for Christmas」(和訳例:「クリスマスに賛同する七面みたいに」)という、「それって自滅行為やんけ!」という意味合いの慣用句がある[1][2]。これを参考にして作られた言葉なのかもしれない。

自民党内には野田聖子片山さつき葉梨康弘土屋正忠のような児童ポルノ法マンガアニメゲーム規制に積極的に賛成する議員、元議員が多く存在している。また安倍晋三2013年5月8日参議院予算委員会で、表現の自由に慎重に配慮しながら規制していきたいと答弁していた。また「ローゼン閣下」等と一部の人から呼ばれていた麻生太郎も「小説子供は読まないが、漫画子供が読むものだからどうしても漫画の方に(規制が)いく」と答弁していた。(関連動画参照)

このように「アニメマンガ規制を推進する政党にもかかわらず自民党を支持するオタクは、自らが命の墓場である屋を支持しているようなものだ」という意味で揶揄するための言葉であったという。

ただし、自由民主党は最大政党であるために多数の議員が在籍している。その中には上記のような表現規制反対も居るが、明確にアニメマンガゲームでの表現規制に反対する姿勢を示している議員も在籍していたりもする。上記のコピペが広められたという2009年にどうだったかはともかく、そこから長期間経過した現在および将来において「自民党を支持するオタクを揶揄する言葉」として妥当なのかについては不明。その時代における自由民主党が表現規制に対して「推進」「反対」どちらの姿勢に寄っているかによって、妥当性が大きく左右されてしまう不安定な言葉であるとも言える。「自由民主党」を「表現規制推進」と置き換えれば、普遍的に使用できる言葉になるかもしれないが。

また「持ちでないのに新自由主義を支持するワープア層」に対しても使われることもある。(新自由主義は福や所得再分配を抑制する傾向があるため)

関連動画

関連商品

関連項目

脚注

  1. *like turkeys voting for Christmasの意味・使い方 - 英和辞典 WEBLIO辞書exit
  2. *Like turkeys voting for Christmas - Idioms by The Free Dictionaryexit
この記事を編集する
流行語100

掲示板

  • 230ななしのよっしん

    2021/10/20(水) 11:04:11 ID: 7VDQGf5bfC

    共産党公式回答、やっぱりな内容だったね

    「誤解してる連中の読解が足りないだけ」って言ってた先生方は、はしごを外されてかわいそう…

  • 231ななしのよっしん

    2021/10/24(日) 01:20:40 ID: vmLf1+qYaL

    共産党まで自民ムーブしてるとかも生えないんだよなぁ……

  • 232ななしのよっしん

    2021/11/03(水) 01:13:13 ID: H6ExugFZfM

    >>195
    この言葉を調べるに当たって、焼き鳥を嗜む手塚治虫火の鳥イラストに惹かれて先にあちらの記事を読んだんだが、当時の情勢を踏まえた丁寧な説明があって、読みやすく良い記事だと思ったけどなぁ
    「この言葉を擁護したくてしたくて仕方ない願望がだだ漏れ」という感想は持たなかったし、まして記事を書いた人間アンチ自民党だとは全く思わなかった
    たしかに特に麻生に対して否定的なワードが複数見られたが、当時の民主党を支持する姿勢は全く見受けられない
    そしてなにより本筋である、結果としてこの言葉を作った人間の思惑通りにならなかった事実を分かりやすく説明していると思う
    自民が表現規制容認になる懸念について書かれているのも先見の明があるし、ここでは一文でしか触れられてない、『「持ちでないのに新自由主義を支持するワープア層」に対しても使われる』ってことに関しても事の末を含め丁寧に説明されている
    そして最後に余談として>>226の方が言うように精店等でマスコットにされる動物への言及もあり、冒頭のイラストも含め
    (省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/12/01(水) 21:00

ほめられた記事

最終更新:2021/12/01(水) 21:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP