今注目のニュース
「5人が並んで花火を見ている写真が撮れた」 しかし、人ではなくまさかの…
清水圭が吉本社長会見を猛批判、恫喝された過去も告白
猫って贈り物が好きな生き物やから...動物の死骸を持ってきた猫の侵入を防ぐ猫用ドアが開発される

藤子不二雄Ⓐ単語

フジコフジオエー

掲示板をみる(48)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

藤子不二雄Ⓐとは、日本男性漫画家である。

なお、ⒶがUnicodeに相当するため、タグは「藤子不二雄Aexit_nicovideo」が使われている。

概要

1933年3月10日生まれ。富山県氷見出身。本名は安孫子素雄。藤本弘藤子・F・不二雄)と共に藤子不二雄名義で活動。
忍者ハットリくん」、「プロゴルファー猿」、「怪物くん」などの名作を世に出した。中でも、氏が第二次大戦中から漫画家に至り大成するまでを描いた自伝漫画「まんが」は「…知りそめし頃に…」として現在も連載中であり、氏のライフワークとなっている。
1987年、表現技法の違いに加えて各々が独立しても問題がなくなったため、藤本とのコンビを解消し、以降は「藤子不二雄Ⓐ」名義で単独活動をしている。2008年には長年の漫画界への功績が称えられ、日小綬章受章を受賞した。

いわゆる「藤子不二雄」であり、氏が単独で手掛けた作品には少なからずブラックユーモア人間社会の不条理などを盛り込んでいる。特に読切短編にそのさが表れており、土人・食人・拷問虐殺人種差別・衝動殺人・精分裂症などなんでもありであった。あまりにもこれら描写がガロすぎたため、後に短編集として収録する際にこれら描写が底的に削除されたほどである。
これのさは氏が手掛けた漫画のそこかしこに現れており、氏独特の「感情の薄い顔」とあわさってい底流をなしているといえる。

一方で笑ゥせぇるすまん執筆時に感じた「登場人物を不幸にする等のアイディア」を思い付く事がまるで自身が喪黒福造になっていくような感覚を覚えた結果、喪が客を幸せに導くという関連作品『喪福次郎の仕事』を手掛けたり、自身の趣味である世界中の品を取り入れつつダークヒーローが活躍する『ブラック商会変奇郎』といったブラックユーモア一辺倒に限らない作品もある。

また、まんが…知りそめし頃に…において登場するトキワ荘時代からの仲間等の人物が登場する場合、実はの描きわけをしている。存命者は瞳がある描写であるが、すでにこの世を去った人物ののみで描かれている。

作品一覧

関連動画

そして氏の危うさが極端に際立ちすぎて、ただでさえ問題描写を削りまくった短編集でもさらに未収録扱いとなった回がこれである。
2浪して精をすり減らした学生が重度の妄想症(精分裂病)にかかり、自身の内で繰り広げられる花火祭りを幻視していく…。

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/07/24(水) 09:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/24(水) 09:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP