藤子不二雄 単語

213件

フジコフジオ

1.3千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

藤子不二雄ふじこ ふじお)とは、藤子・F・不二雄藤本弘)と藤子不二雄Ⓐ安孫子素雄)によって結成されていた漫画家ユニットである。

概要

オバケのQ太郎」「ドラえもん」「パーマン」「キテレツ大百科」「忍者ハットリくん」「プロゴルファー猿」「魔太郎が来る!」「まんがなど、数多くの大ヒット作を生んだ偉大なる漫画家
日本人ならば幼少期には必ず子作品に触れ、しみを持たぬ者はいないとまで言っても過言ではない。
また、手塚治虫も住んでいたアパートトキワ荘に住んでいた時期があり、赤塚不二夫石ノ森章太郎ら「トキワ荘世代」の漫画家とともに、日本において漫画というメディア明期に地位の確立を果たした。

藤本が明るい児童漫画、安孫子ブラック風刺漫画の分野で活躍した。

経歴

孫子が生まれ故郷の富山県氷見市から同県高岡市に引っ越し、小学校で同じクラス同級生であった藤本と知り合ったのが付き合いの始まり。お互いに口下手で、漫画イラストを描くのが得意だったことから仲良くなった。

手塚治虫が初期に発表した「新宝島」に衝撃を受け、本格的に漫画家になることを決意する。

手塚治虫手紙を出し「しっかりしたタッチで将来がたのしみです。」と手塚から直筆のハガキを貰い大歓喜!
高校生の頃は2人で手塚に会いに行ったりもした。

1951年毎日小学生新聞投稿した「天使の玉ちゃん」という4コマ漫画デビュー
その頃のペンネームは「手塚の足元にも及ばない」という意味で「足塚不二雄」の名義だった。

高校卒業後一度は就職するものの退職し、1954年上京トキワ荘に住むことになる。藤子不二雄が住んでいた部屋手塚治虫がかつて住んでいた部屋入れ替わりで入居。

以降、紆余曲折を経てヒット作を連発し、1960年代~1980年代には大御所漫画家仲間入りを果たした。
特に1980年代は、「ドラえもん」の大ヒットを契機にして、テレビ朝日子作品を数々アニメ化したアニメコンプレックス「藤子不二雄ワイド」という番組まで作られ、人気となった。
また、これに連動する形で中央公論社から子作品を網羅した漫画全集「藤子不二雄ランド」も刊行された。現在セル画も付属した初版本は高価で取引されている。

しかし、藤本と安孫子の間で作や画が大きく異なるようになり、1988年に正式にコンビを解消することとなる。
以降は藤本が「藤子・F・不二雄」、安孫子が「藤子不二雄Ⓐ」と名乗り活動する。アルファベットはそれぞれの苗字イニシャルである。

1996年藤本が原稿執筆中に倒れ、そのまま逝去している。その後も安孫子は活動を続けていたが、2022年藤本の後を追った。

作品リスト(共作)

共作かつ、大百科に記事のあるもの。
個別作品は藤子・F・不二雄藤子不二雄Ⓐの記事を参照のこと。

関連動画

藤子不二雄ランド

関連コミュニティ

関連項目

この記事を編集する
関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/04/23(火) 23:00

ほめられた記事

最終更新:2024/04/23(火) 23:00

スマホで作られた新規記事

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP