黒胡椒単語

クロコショウ

  • 3
  • 0
掲示板をみる(9)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(3)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

黒胡椒とは、香辛料のひとつ。

曖昧さ回避

概要

未熟な胡椒の実を燥させたもの。ブラックペッパーとも。独特の味があり、またセットで扱われる事が多い。肉料理にあう。

古来から調味料および保存料として知られており、ヨーロッパでは特に重された。

歴史上の意義

大航海時代は当時イスラムに支配されていた中東を通らずにヨーロッパに黒胡椒に代表される香辛料を輸入するルートを開拓するために始まった。

この大航海時代を通してヨーロッパ人が世界中に広まり、また、コロンブスによりアメリカ大陸が発見された。各地に建設された植民地経営でヨーロッパを伸ばし、現在に至っても先進国の座を保っている。いわば、黒胡椒こそが現在までのヨーロッパの繁栄のきっかけといえるかもしれない。

創作の中の黒胡椒

ゲームドラゴンクエストⅢ』において、勇者たちのパーティポルトガの国王に頼まれてはるか東の町まで黒胡椒を取りにいくことになる。黒胡椒を持って帰ると王様からはそのお礼として船が贈られ、それまで通行不可能だった上が移動できるようになり、一気に移動できる場所が増えることになる。

名などから明らかであるが、このイベント現実大航海時代モチーフにしている。ポルトガはすなわちポルトガルのことであり、大航海時代に飛躍した国家の代表である。もっとも、本来の大航海時代は「黒胡椒をめて船を出す」のに対して「船をめて黒胡椒を持ってくる」と、的と手段が入れ替わっている。

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 7ななしのよっしん

    2019/02/26(火) 01:13:39 ID: CQR0+v+Xe9

    >>6
    >燥させた藻類や煮干しとかを代わりに送るって感じになれば良いのかも
    それに近い計画は既に江戸時代に実行されている。「舶互新例」でググるか、日本史の用集を見ろ。
    江戸幕府は18世紀初頭、清国から漢方薬や生糸を輸入していたが、日本から輸出する品物が乏しく、貿易赤字に悩まされていた。そこで新井白石は、舶互新例を発布した。
    これは、輸出品については俵物(いりこ・干しフカヒレなど)・昆布するめ真鍮製品や絵・万里焼などの美術工芸品に限定する、というもの。
    こうすることで日本から流出する金銀を節約、現代に言えば貿易赤字を解消しようとしていた。

  • 8ななしのよっしん

    2019/07/19(金) 21:28:03 ID: 3mau8Bb2cd

    西洋のどんな食材にも合うという魔法調味料
    逆にいうと、胡椒を前提に食材を集めるのが
    西洋料理なのかもしれん

  • 9ななしのよっしん

    2020/03/23(月) 17:52:18 ID: w15iYaToBb

    中世ヨーロッパでは高級品だったというのは事実だが
    古代から一貫してよりも安く砂糖よりも安かった
    砂糖がかなりの重品だったとも言える)

    の保存に欠かせなかったというのも間違いで
    短期保存では漬けにし長期保存では干しにした
    また野草ハーブ類)や野菜ニンニクたまねぎ等)で代用できた
    ペスト流行時に効があるという迷信が広まったが
    これも庶民が買えるものなのでべるほどではない

    大航海時代には植民地いっぱいの胡椒をうすっぺらい小さな4グラム貨1枚で買いいていたから
    それを船で本に持ち帰って何十倍もの値段で売りさばいても
    元値が安いからには遠く及ばなかった

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/03/09(火) 17:00

ほめられた記事

最終更新:2021/03/09(火) 17:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP