今注目のニュース
ルーティン続けて30年! ついにロト1,800万円以上当選
ドラッグ依存者に前脚を切断された犬、新たな飼い主の愛情受ける(カナダ)
水卜アナが「24時間テレビ」駅伝の4人目走者に

EyeSight単語

アイサイト

掲示板をみる(13)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

EyeSight(アイサイト)とは、富士重工業(スバル)の先進運転支援システムである。

概要

による事故くすこと。これは自動車メーカーにとって究極の標のひとつである。
スバルは危険を予測することで衝突の被害を軽減するという「プリクラッシュセーフティ (衝突被害軽減)」という考えから、”ぶつからないクルマ”の開発に着手。
その回答のひとつが、「ステレオカメラ+3D画像処理エンジン・画像認識ソフトウェア車両制御ソフトウェア」による運転支援システム「EyeSight (アイサイト)」である。

スバルステレオカメラを用いた運転支援システム自体はADA (Active Driving Assist)という名で、1999年9月発売の3代レガシィ(ランカスターADA)に既に搭載されていた。しかしその機逸脱警報、距離警報、距離制御クルーズコントロールカーブ警報/シフトダウン制御のみであった。

そこで新ステレオカメラと新3D画像処理エンジンを用いた次世代ADAとして開発されたのが「EyeSight」であり、2008年5月の4代レガシィの一部良にあわせて搭載された。

およそ10万円で搭載可ということもありその搭載率は非常に高い。
またスバルとしても全種に搭載を拡大する予定である[1]

年表

主な機能

制御名 制御内容
衝突回避・衝突被害軽減機 AT誤発進抑制制御 前方に障物を検知している状態でペダルの踏み間違い等による急発進を抑制。
プリクラッシュブレーキ 前方の先行や障物に衝突する危険を検知した場合、まず距離警報によりドライバーに回避操作を促す。回避操作がい場合、自動ブレーキにより衝突回避・被害軽減を図る。
プリクラッシュブレーキアシスト 前方の先行や障物に衝突する危険を検知した状況で、ドライバーの急ブレーキ操作を検知した場合、ブレーキアシストにより衝突回避・被害軽減を図る。
運転負荷軽減機 速追従機クルーズコントロール ドライバーが設定した速、距離を維持したうえで、0~100km/hで追従走行から自動停止までが可
先行発進のお知らせ 信号待ち等で、前が発進したことに気付かず停し続けた場合、メーター内ディスプレイ表示とアラームで発進を促す。
予防安全機 距離警報 に近づきすぎや自前方への急な割り込み等、衝突する危険性がある場合、警報音で注意を促す。
逸脱警報 走行中、車両線から外れそうな場合、メーター内ディスプレイ表示と警報音で注意を促す。
ふらつき警報  覚醒低下等に起因する車両ふらつきを検知した場合、メーター内ディスプレイ表示と警報音で注意を促す。

関連動画

関連項目

関連リンク

脚注

  1. *OEMを除く。

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/08/24(土) 22:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/24(土) 22:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP