KORG単語

コルグ

4.3千文字の記事
掲示板をみる(39)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他
KORG

KORG(株式会社コルグ / KORG INC.)は、日本の電子楽器メーカーである。

概要

1963年に「京王技術研究所」として創業。創業してすぐに発売したリズムマシンドンマチック」が大ヒットし、一時はどの音楽スタジオにもドンカマがあって当たり前というほどのシェアを誇った。

現在の社名の「KORG」は、1972年に出したオルガンに初めて付けられた。[1]KORGは製品ブランドとしてそのまま使われ、1986年に社名をKORGに変更している。

1988年にはミュージックワークステーションM1を発売、人気を博した。

YAMAHAとの関係については、YAMAHA2008年3月期までの有価証券報告書には持分法適用関連会社としてKORGの名前があったが、[2]それ以降の関係については不明。

特色

YAMAHA較的、かつ広い市場を睨んだ製品を出す傾向があるのに対して、KORGは少々ぶっ飛んだ製品を好んで出す傾向がある。ただしこれは近年の傾向であり、最初からそうだったわけではない。

そのぶっ飛び具合のため、出ては消える「大ハズレ」製品の中に、ポロッと「大当たり」の製品が出てくることがある(ELECTRIBEKAOSS PADmicroKORGなど)。おまけDS用のソフトシンセに思いっきり技術協してしまったり、 Roland / YAMAHAがやらないことばかりやる。このあたりがニコニコ動画ユーザーされる原因かもしれない。

なおな製品もちゃんと出している、というかELECTRIBEKAOSS PADヒットする前は、非常に「硬」のイメージが強かった。一例としてチューナー等は昔から評価が高い(ほかにも正当シンセ、電子ピアノ等々も評価の高い製品が存在)

音の傾向として「暗く、重く、湿っているが大変太い音」ということが言われていた時期があるが、これはAIスクウェアシンセシス時代の話である。現在ELECTRIBEKAOSSILATORヒット以後はそのような傾向は特に見られず、かわいい音やピコピコ軽快サウンド普通に得意になった。

KAOSSILATOR(初代)はYoutubeニコニコ動画演奏動画投稿され、注を浴びたため、一時期は入手が困難な時期もあった。?

製品の例

順不同、随時追加ください。

大百科に記事があるもの

製品(シンセ・ダンス系)

関連動画

関連チャンネル・コミュニティ

報道記事

関連項目・外部リンク

脚注

  1. *http://web.archive.org/web/20160326083313/http://www.korg.co.jp/SoundMakeup/Museum/Korgue/exit
  2. *https://www.yamaha.com/ja/ir/flash_report/pdf/yu-2008.pdf
この記事を編集する
流行語100

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/12/05(日) 09:00

ほめられた記事

最終更新:2021/12/05(日) 09:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP