今注目のニュース
「伯方の塩 2代目声優オーディション」グランプリは福岡のアコースティックデュオに決定! 有力視のなだぎ武さんは落選
テレビや雑誌でおなじみ、元祖「鮭キムチ」のくにをのキムチ新商品「くにをのキムチ 北海道産鮭キムチ」を発売
"ノンシリコン"の火付け役が4年で潰れたワケ

N・グロー・モス単語

ネオスペーシアングローモス

掲示板をみる(8)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

N・グロー・モスとは、アニメ遊☆戯☆王デュエルモンスターズGX」に登場するカードである。
このカードと同名カードとしても扱う効果を持つ「N・ティンクル・モス」についてもここで説明する。

アニメ版

N・グロー・モス

遊城十代が使用するネオスペーシアンの1体。「E・HERO グロー・ネオス」、「E・HERO カオスネオス」のコンタクト融合素材である。

初登場時は以下のような効果を持っていた。

初登場はVSエックス戦。
相手のデッキ破壊戦術に悩まされる中、エックスの永続ガチバトル!」の効果でデッキから特殊召喚される。
ネオスエナジー」で強化して攻撃、エックス魔法カードをドローしたためダイレクトアタックを仕掛けたのだが、「強制脱出装置」に阻まれ、手札にもどる。

その後、十代は「魂の共有-コモンソウル」でエックスフィールドにこのカードを特殊召喚。さらに「ミラクル・フュージョン」で「E・HEROリクシーラー」を融合召喚。エリクシーラーの効果で除外した素材デッキに戻り、「E・HERO スパークマン」を召喚したことで相手の「モンスターレジスター」の効果発動、素材は再び墓地へ。

そして、エリクシーラーグロー・モスを攻撃。
フュージョニスト・マジスタリー!」と攻撃名を叫びながらグロー・モスを消し飛ばす。仲間を攻撃することへのためらいや手加減など微も感じない。本当に信じているんだよな……。
グロー・モスの効果でエックスデッキを2枚墓地に送る。エックスの永続魔法スーパーガード」でグロー・モスは破壊されず、「リサイクルリア」でエックスダメージも受けない。だが、これが裏に出てしまう。

続いてスパークマンの攻撃!
さらに「融合解除」で出てきたフェザーマン、バーストレディ、クレイマンバブルマンが次々とグロー・モスを攻撃!
そして速攻魔法融合」で再び融合したエリクシーラーによるとどめの一撃!

戦闘のたびにエックスデッキ墓地へ送られ、デッキが0枚となったことでドローできなくなり、エックス敗北した。
初登場回からHEROたちの本気の攻撃を7回も受けたグロー・モス。これも信頼のなせる業なのだろうか。
ちなみに、OCGでは上記の状況でエリクシーラー融合を解除したときに、素材は帰ってこないため、このコンボ不可能である。

その後もアニメで登場しているが、OCGに合わせてか効果には変更が加えられ、ドローは強制的に行うものとなり、ドローしなかった場合の効果は削除された。

VSフランツ戦ではなんと「ラーの翼神竜」を破壊するという大手柄。もっとも、「融合解除」されてくたびれていたところを狙われたのだが。
VSユベル戦でも登場。「ネオスペーシアン・ウェーブ」の効果で特殊召喚された。直後に「NEX」(ネオスペーシアンエクステント)の効果で「N・ティンクル・モス」を特殊召喚するため墓地に送られた。

攻撃名は「スポア・スピア」、効果名は「シグナル・チェック」。


その自己犠牲の精からか、コメントなどでは敬意をこめて「グロさん」などと呼ばれることもある。

N・ティンクル・モス

NEX」の効果で特殊召喚されるグロー・モス進化形態といえるモンスター。効果はグロー・モスと似ているが、ドローするのが相手ではなく自分となっている。

登場したのはVSユベル戦。
カードをドローしつつ、「ユベル」をかわして直接攻撃を何度も決めるという活躍をした。
最終的に、「ユベルDas Abscheulich Ritter」の効果で破壊された。

同じく「NEX進化形態である「N・マリンドルフィン」は「E・HERO マリンネオス」という専用のコンタクト融合先が存在するのだが、こちらにはそのようなものは存在しない。

グロー・モスの見た男性で、男声だったのだが、ティンクル・モス女性の姿になって、女声になっている。
モスmoss,)の多くは雌雄同なので、これはそんなに驚くことではないのかもしれない。
そもそも対戦相手が……

OCG版

N・グロー・モス

STRIKE OF NEOS」(2006年11月16日発売)で登場。

 

効果モンスター
3/属性/植物族/ATK 300/DEF 900
このカード戦闘を行う場合、相手はカードを1枚ドローする。
この効果でドローしたカードをお互いに確認し、そのカードの種類により
このカードは以下の効果を得る。
モンスターカード:このターンバトルフェイズを終了させる。
魔法カード:このカードは相手プレイヤーに直接攻撃する事ができる。
カード:このカードは守備表示になる。 

※「デュエリストパック-十代編3-」収録のカードDP06-JP003)による

戦闘を行う場合は効果を効にしていない限り必ず相手にドローさせてしまうので、扱いづらい。
相手に攻撃された時にモンスターカードを引かせれば一応攻撃をとめることができる。

単体では扱いにくいので、何かコンボを狙っているのでなければ、さっさとコンタクト融合か「N・ティンクル・モス」の召喚のために使用してしまった方が良いだろう。

「強制転移」などで相手に渡して、「ミスト・ボディ」などを装備させた上で何度もこのカードを攻撃すればその効果でドローすることが可。似たようなことは「悪魔の調理師」や「大盤振舞」でもできる。そちらとの相違点は戦闘ダメージが必要ないこと。相手に渡さない場合は「便乗」や「グリード」など、相手にドローさせることで効を発揮するものとあわせたい。

このカードのドロー効果は強制効果である。そのため、相手のデッキが0枚の状態でこのカード戦闘を行えば、相手はデッキからカードをドローできないためそのまま敗北する。

ドローしたカードによって効果を得るのはその場限りである。そのため、直接攻撃の効果を得たとしても直接攻撃できるのはそのターンのみで、次のターンには直接攻撃不可能。もちろん、まためて相手が魔法カードを引いてその効果を得れば直接攻撃は可になる。

直接攻撃の効果を得た場合、バトルステップが巻き戻され、攻撃対を相手プレイヤーにするかモンスターにするか選びなおす。モンスターを攻撃したい場合はそちらを選択することも可


NEX」による進化体を除けば、実は初収録時のレアリティノーマルである一のネオスペーシアンである。ただし、「STRIKE OF NEOS」のカードガチャではノーマルパラレル(ノーマル仕様だがパラレル加工がある)のバージョンが存在する。これはネオスペーシアンでは一のレアリティである。

再録パックの「DUELIST EDITION Volume.1」では、NEX進化体を除くネオスペーシアンの中で一未収録となっている。DP06も絶版なので、STONが絶版になり次第、新品のこのカードは入手できなくなる。
また、このカードコンタクト融合体である「E・HERO グロー・ネオス」、「E・HERO カオスネオス」も再録されていない。カオスネオスは「GLADIATOR'S ASSAULT」のパッケージを飾ったモンスターなのだが……。


 ニコニコ動画などでは、アニメ5D'sで、クリアマインド習得のころの全身が遊星がこのカードに似ていることから、それをして不動・モスなどと呼ばれることがある。あるいはカニクリームコロッケとも。
また、ZEXALアストラルも、姿が似ていることからこのカードの名前が出てくることがある。

N・ティンクル・モス

PHANTOM DARKNESS」(2007年11月23日発売)で登場。

融合・効果モンスター
4/属性/植物族/ATK 500/DEF 1100
このカード名はルール上「N・グロー・モス」としても扱う。
このカードは「NEX」の効果でのみ特殊召喚できる。
このカード戦闘を行う場合、自分はカードを1枚ドローする。
この効果でドローしたカードをお互いに確認し、そのカードの種類により、
このカードは以下の効果を得る。
モンスターカード:このターンバトルフェイズを終了させる。
魔法カード:このカードは相手プレイヤーに直接攻撃する事ができる。
カード:このカードは守備表示になる。

※「PHANTOM DARKNESS」収録のカード(PTDN-JP042)による

NEX」によってグロー・モス進化したといえる形態。ドローするのは自分になったため、コンボを組まずとも戦闘を行えば自分が得をするようになった。

効果の都合上、自分から攻撃する場合はほぼ自爆することはない。一番最後に攻撃すれば、魔法を引けばダイレクトアタック、それ以外を引いてもこのカードが攻撃できないだけで自分が1ドローの得をする。
相手から攻撃された場合、モンスターを引ければ実質「攻撃の無力化」を発動したのと同じ効果が得られる。を引けば大ダメージは防げる。
また、このカードの効果が発動するのは攻撃宣言時なので、「次元幽閉」や「くず鉄のかかし」で攻撃を防ぎつつドローするといったことができる。

このカードカード名を「N・グロー・モス」としても扱う効果はいついかなるときでも適用される。そのため、デッキ構築の際はこのカードと「N・グロー・モス」を合わせて3枚までしか入れることができない。仮にエクストラデッキ融合デッキ)にこのカードを3枚いれた場合、デッキには「N・グロー・モス」は1枚も入れられない。勘違いしていると大会でルール違反という笑えない事態になるかもしれないので気をつけよう。
ハーピィ・レディ1」などに近い感覚である。

ただ、「~として扱う。」なので、このカードは「N・ティンクル・モス」と「N・グロー・モス」の2つの名を持っているモンスターということになる。この点が「ハーピィ・レディ1」などと異なる。
スペーシア・ギフト」などでネオスペーシアンの種類をカウントするときはこのカード1枚で2種類としてカウントする。


融合モンスターであるが、融合召喚はできず、そもそも融合素材を持っていない。

見方によっては全裸に見えかねないためか、海外版では全身タイツを着たかのような修正が施されているほか、バストサイズも減少している。

NEX」の未収録に伴ってか、「N・マリンドルフィン」ともども、「DUELIST EDITION Volume.2」には未収録。

関連動画

関連商品

 

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/09/19(木) 01:00

ほめられた記事

最終更新:2019/09/19(木) 01:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP