今注目のニュース
水着姿で無防備なカバさんチームをあなたのもとに!『ガールズ&パンツァー 最終章 抱き枕カバー 「カエサル」/「エルヴィン」』 予約受付開始
【まなおのアニメ感想戦!】第10回 なぜ私はいつまでも「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」を待てるのか
オール巨人さんがUFOを撮影!? 公開した写真にTwitter上で大きな反響

No.47 ナイトメア・シャーク単語

ナンバーズヨンジュウナナナイトメアシャーク

掲示板をみる(5)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

No.47 ナイトメア・シャークとは、漫画遊☆戯☆王ゼアル」に登場するカードである。

概要

アストラルの記憶のピースとされる特別なモンスターエクシーズナンバーズの1枚。ランク3で攻撃2000、手札のレベル3の属性モンスターを自身のオーバーレイユニットにする効果、オーバーレイユニットを1つ使うことで、そのターンの自身の攻撃と引き換えに属性モンスター1体のダイレクトアタックを可にする効果を持つ。

「あなたを守る新たな」として、からの使い、那が神代凌牙に手渡したナンバーズ
この時点では名前もナンバーも明かされておらず、もっと言えばナンバーズであることすら読者からは不明であった。

作中に初めて姿を見せたのは、ぽかぽか食堂の店長とのデュエル。経過は省略されていたが、フィニッシャーとなっていた。
この時点で明かされたのは47というナンバーとシルエットのみであった。

現実世界時系列るなら、この後、作中で名前すら明かされなかった頃に、『遊☆戯☆王ZEXAL』第4巻の付録として「No.47 ナイトメア・シャーク」が付くことが突如明かされ、意外なところでその詳細が明かされた。

作中で初めて正体を明かしたのは、VSシャドウ戦。
バハムート・シャーク」の効果でエクストラデッキから特殊召喚され、効果で手札の「キラーラブカ」をオーバーレイユニット化。さらにオーバーレイユニットを使って効果を発動、「バハムート・シャーク」のダイレクトアタックを可にした。

直後のVSカイト戦でも登場。
同じく「バハムート・シャーク」の効果で特殊召喚され、「キラーラブカ」をオーバーレイユニット化。「バハムート・シャーク」に直接攻撃を付与した。
その後、「銀河眼の光子竜」の一撃を受ける。「キラーラブカ」による防御を逆手に取ったカイトの「ダブルバウンド」で攻撃4400となった銀河眼の攻撃でシャークは大ダメージを受けた。
このカード自体はナンバーズ共通の戦闘破壊耐性で破壊は免れたものの、直後、シャドウが仕掛けたである「No.31 アベルズ・デビル」の効果で破壊された。


直接攻撃を可にする効果の効果名は「ダイレクトエフェクト」。

素材を追加する効果は、VSシャドウ戦では「手札のレベル3のモンスターを自身のオーバーレイユニットにできる」と説明していたが、VSカイト戦では「特殊召喚されたとき、手札の属性モンスターオーバーレイユニットにできる」とされている。
両方を合わせると「特殊召喚に成功したとき、手札のレベル3・属性モンスターを自身のオーバーレイユニットにできる」となり、OCG版とほぼ同じ効果になるが、途中でOCGに合わせて設定が変更されたのか、説明が省略されただけで最初からそういう効果であったのかは不明。
ちなみに2回とも、装備したのはレベル3の属性モンスターであるため、どの効果であっても矛盾はない。

正体が明かされるまで

※特記がない場合、初出は全て「Vジャンプ」。

  1. 初めて存在が示されたのはランク19「からの使者!!」(初出:2012年6月21日発売、2012年8月特大号)。
  2. ナンバーとシルエットが明かされたのはランク20「三つの戦い!!」(初出:2012年7月21日発売、9月特大号)。
  3. OCG情報の初出は2013年1月21日発売、2013年3月特大号の182ページ298ページ
  4. 遊☆戯☆王ZEXAL』第4巻が発売された(=このカードOCGに登場した)のは2013年2月4日
  5. 名前と効果の詳細が明かされたのはランク29「強者激突!!」(初出:2013年4月20日発売、2013年6月特大号)。

OCGの登場が作中での本格登場より3カ近くいため、作中での登場を心待ちにしていた読者はとんでもないところでネタバレを受ける羽となった。また、コミックスだけで追いかけている読者も、本編での本格登場より前に確実にこのカード付録になった4巻を通ることになるため、ネタバレは避けがたい。

ただし、フライング付録になること自体は昔からときどきあったことである。このカードが特異なのは、Vジャンプ誌上ですら本格的に出ていない段階でコミックス付録になったという点である。

OCG版

前述の通り、『遊☆戯☆王ZEXAL』第4巻の付録カードとしてOCGに登場。

エクシーズ・効果モンスター
ランク3/属性/海竜族/ATK 2000/DEF 2000
レベル3モンスター×2
このカードが特殊召喚に成功した時、自分の手札・フィールド上から
属性レベル3モンスター1体を選び、このカードの下に重ねてエクシーズ素材とする事ができる。
また、1ターンに1度、このカードエクシーズ素材を1つ取り除き、
自分フィールド上の属性モンスター1体を選択して発動できる。
このターン、選択したモンスター以外のモンスターは攻撃できず、
選択したモンスターは相手プレイヤーに直接攻撃できる。

ジャンプコミックス遊☆戯☆王ZEXAL』第4巻収録のカード(YZ04-JP001)による

素材を重ねる効果は、フィールドからも選択可になった。ダイレクトアタックの効果は、自身の攻撃を封じるだけであったのが、選択したモンスター以外の攻撃を全て封じるようになった。

素材定は軽いので、素材をそろえるのは簡単。しかし、効果の都合から属性モンスターデッキでの採用になるだろう。また、「バハムート・シャーク」で特殊召喚できるデメリットモンスターとしては最大の攻撃を持つ(デメリットのあるものも含めれば「No.30 破滅のアシッド・ゴーレム」が最大)ため、「バハムート・シャーク」の効果による特殊召喚を的としての採用もできる。

攻撃2000とそこそこ。単純に攻撃がほしいなら「No.17 リバイス・ドラゴン」のほうが、効果を含めれば攻撃が高い。ただし、「バハムート・シャーク」を用いるならこちらのほうがデメリットがない。
守備も高めなので、「読命」や「交響魔人マエストローク」に倒されないのも利点。とはいえ、上級モンスターには負けてしまうレベルなので過信はできない。

1つの効果は、特殊召喚成功時に素材を補給できる効果。通常のエクシーズ召喚時にはあまり意味がないが、生した際や「バハムート・シャーク」の効果で特殊召喚したときなど、素材がない状態で特殊召喚された場合にそのを発揮する。

2つの効果は、属性モンスターダイレクトアタックを可にする効果。自身も対にできるので、単体でも効果を使用できる。
デメリットがあるため、モンスターを大量展開して一斉攻撃するタイプデッキとは相性が悪い。攻撃の高いモンスター1体で決めることが理想。「水精鱗メガロアビス」なら2回攻撃で合計4800ポイントダメージを与えられる。


このカード以前は「潜航母艦エアロ・シャーク」が、「バハムート・シャーク」で特殊召喚できるデメリットい最高攻撃モンスターであった。エアロシャークの数少ない仕事を奪っていった罪なカード……かもしれない。

関連動画

関連商品

関連項目

掲示板

  • 3ななしのよっしん

    2013/04/21(日) 18:52:43 ID: OY13zfXYbt

    漫画でバハシャ出した後自分の効果で素材補充してたが
    漫画版バハシャは素材補充効果もあるからただのアド損だよな?
    47の効果発動にORU2個必要とかならわかるがさすがにそれはいだろうし

  • 4ななしのよっしん

    2013/05/14(火) 01:53:43 ID: mKarsbwHES

    デッキを喰ってしまったシャークドレイクと違って、こっちはシャークさんが支配している感があっていいな

  • 5ななしのよっしん

    2013/06/12(水) 16:54:31 ID: NAkZk206ZM

    こいつからバイスランクアップさせるのが結構楽しいw

急上昇ワード

最終更新:2019/09/20(金) 06:00

ほめられた記事

最終更新:2019/09/20(金) 06:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP