今注目のニュース
『天気の子』ヒロイン 天野陽菜のイラスト特集
「首が尋常じゃないくらい長い人が…」沖縄の霊媒師“ユタ”の子孫が語る恐怖体験がヤバかった
【ナニコレ?】ひじの先の「ぶつけるとめちゃくちゃしびれる部分」の名前

SBD単語

エスビーディー

掲示板をみる(14)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

SBDとは、アメリカ海軍第二次世界大戦時に運用した急降下爆撃機(艦上偵察爆撃機)のひとつである。

概要

本機の通称はドーントレス。「不撓不屈」を意味する言葉であるらしい。

航空機メーカーダグラス社が開発し1939年に量産開始、1940年には配備が始まった。しかし当時欧州戦線を席巻していたJu87スツーカの活躍ぶりを知った開発局は再度の良を示し、SBD-3というとして本格的な追加配備を始めた。これが大戦に入ると決定版のごとく使用される。

大戦初期のアメリカ軍にしてはしく、枢軸側急降下爆撃機(特にここでは九九艦爆)と互か、または上回る性を有していた。航続距離も良好な部類であったほか、急降下爆撃機としてはいちく着陸脚を飛行時に引き込む構造にしたことで性・運動性の優位を獲得していたことも特筆に値する。

武装としては爆弾搭載量最大545kg、後方機座のほかに前方にも12.7ミリ固定2丁を持っていたため、場合によっては敵航空機に向かっていく勇敢なパイロットもいた。坂井三郎搭乗機のゼロ戦撃し坂井に重傷を負わせたのもこの機体だとされている。

太平洋戦線における機動部隊所属機は、珊瑚戦にて軽空母祥鳳を撃沈し、ミッドウェー海戦にて空母赤城加賀蒼龍を撃沈するなど、空母の数がまだわなかった時期の戦いでの最大の功労者となっている。

本機はアメリカ基地航空隊航空母艦に供給されたほかに、陸軍、イギリス軍にも供給例がある。陸軍航空隊(のちの軍)に配備された機体は艦載機用装備を外し、形式もA-24→F24と称されて使用された。ここでの通称は「バンシィ」に変わった。

後継機であるSB2CヘルダイバーやAD-1スカイレイダーの登場によって空母艦載機としては引退することになったが、海兵隊などに後期生産の補充が続き、太平洋戦線において最初から最後まで戦場にあり、戦いの推移を見届けた生涯であった。

話がそれてしまうがわりと有名な俗説として、アニメ機動新世紀ガンダムX」の敵メカドートレス」の元ネタはこのドーントレスだという話がたまに出てくる。しかしこれは誤り(正しくは『同トレス』がルーツ)である。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

sbdに関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

掲示板

  • 12ななしのよっしん

    2016/05/04(水) 09:14:54 ID: qVKjgI3jif

    撃隊がいなかったらドーントレスも落とされてたよね。爆弾抱えてたら機動ガタ落ちなんだから。

  • 13ななしのよっしん

    2016/06/16(木) 19:35:51 ID: n3zTS75EBn

    >>10
    戦前からそういった運用も想定していたとは知りませんでした。
    教えてくださりありがとうございます

  • 14ななしのよっしん

    2016/11/21(月) 17:20:38 ID: REGjWkaX7N

    >>11
    それはTBDな・・・あの鈍足じゃさすがにね。
    だがTBFは活躍が多いぜ!龍驤比叡飛鷹、他潜水艦30隻ほど・・・うん・・・
    むしろ対潜で活躍しまくってて前任者より・・・

急上昇ワード

最終更新:2019/08/21(水) 13:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/21(水) 13:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP