YF-23単語

ワイエフニジュウサン

  • 5
  • 0
掲示板をみる(52)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(5)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

YF-23とは、アメリカノースロップとマクドネル・ダグラスが共同製作した試験機である。称はブラック・ウィドウ。(ブラック・ウィドウとは日本語でクロゴグモを意味する。)

概要

1986年空軍ATF(Advanced Tactical Fighter、先進戦術戦闘機)計画のためにプロトタイプを開発し、テストを行うことを発表した、参加した5社(ボーイングロッキード、ジェネラルダイナミクス、ノースロップ、マクドネル・ダグラス)が案を示し、そのうちロッキードのYF-22ノースロップのYF-23が採用され、ATFの概念/飛行実が行われることになった。

開発にはマクドネル・ダグラスが加わり、2機のプロトタイプ製作された。1号機が1990年8月27日2号機が同年10月26日に初飛行を行った。1号機は機体が黒色に塗られ「スパイダー」、2号機は灰色になり「グレイゴースト」という称が付けられた。エンジンもそれぞれ違っており、1号機にはプラット&ホイットニーのYF119-PW-100ターボファンエンジンが、2号機にはゼネラル・エレクトリック社のYF120-GE-100ターボファンエンジンが搭載された。 

21世紀の戦闘機 F-22 Raptor」(著:ビル・スウィートマン)によると、YF-23は高速性とステルス性に重点が置かれ、YF-22べて側面、後部からのRCSが小さく、下部からの赤外線探知に対しても優れていたということだ。テスト中、YF-23は迎25°以上はとらなかった(ノースロップは洞試験で迎限界いことは確認されていると反論)。またYF-22は模擬のAIM-9AIM-120をウエポンベイから試射するテストを行ったが、YF-23ではミサイルの試射は行われなかった。

飛行テストの最中、ロッキードとノースロップはATFの次の段階であるEMD(the Engineering and Manufacturing Development)フェーズに向けたプロポーザル企画書)を用意し、1990年空軍チームで評価が行われたが、1991年4月23日アメリカ空軍ロッキード案を採用し、8月に正式にEMD契約を結んだ。

選定にあたっては各社のプロポーザルをきちんと遂行し、機体を軍に引き渡すがあるか)も評価の対になるため、軍がYF-23に対してどのような評価を与えたのかは、結局のところよくわからない

テストを終えたYF-23は1996年までNASA(アメリカ航空宇宙局)にて保管されていた。 

登場作品

関連動画

関連コミュニティ

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 50ななしのよっしん

    2019/05/16(木) 23:10:43 ID: gEK+RefTe7

    アージュンを行けば良いのだ」
    テジャス「最後に笑うは々よ」

  • 51ななしのよっしん

    2019/10/18(金) 15:58:24 ID: QotpCfzQz9

    F-22より悪人面してるのが好きでエスコンでよく世話になってる

  • 52ななしのよっしん

    2020/03/24(火) 17:36:58 ID: NRTiyPQeva

    初見たときは何だこのブサイク!?とか思ったけど
    最近になってこいつのカッコよさに気づいた

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/01/18(月) 12:00

ほめられた記事

最終更新:2021/01/18(月) 12:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP