単語記事: コンコルド効果

編集  

コンコルド効果とは、心理現の1つである。

概要

元は音速旅客機コンコルドの商業的失敗にまつわる話から由来する言葉。
簡単に言えば、「今まで投資したもの(銭、時間、努・苦労、etc)が駄になるからと、そのまま続けても損失にしかならないのが解っているのにやめたくてもやめられない状態」をす。
コンコルド錯誤」「コンコルドの誤り」とも呼ばれ、書籍『クソゲー2』でシェンムーの事を紹介された際にこの言葉が「コンコルド錯誤」として用いられたため、同書籍を読んでこの現を知った人の場合はこちらの呼称が定着していることかもしれないが。
また経済学世界では、「サンクコスト効果」「サンクコスト錯覚」などとも呼ばれている。
埋没費用』の記事も詳しいため、合わせて参照されたい。

コンコルド世界初の音速旅客機として、未来性を感じさせる造形や高性ぶりから人気を呼び、1960年代の開発当時は世界から注文が相次いだほどであった。しかし、

  • あまりにも高過ぎる開発費や維持費
  • 恐ろしく値段が高い上に燃費が著しく悪い(更にオイルショックがこれに拍をかける)
  • とても長い滑走路が必要
  • 凄まじい騒音や衝撃波が出るため、住民批判が出た結果限られた航路(上など)しか航行できない
  • 運賃も高い上に100人程度しか搭乗できない
  • 開発途中、旅客機の飛行が大衆化航空業界はボーイング747のような低コスト・大量輸送・遷音速飛行(マッハ0.8〜0.9程度の巡行速度)が可な機体へとニーズが移って行く

などの様々な問題点から受注キャンセルも相次いでしまい、このまま開発を続けても利益はもはや回収が望めないところまで難航した。

そして「このままプロジェクトを進めたら了までには一体どれほどの額がかかるのか?」を試算してみたところ、『今すぐにプロジェクトを中止して、旅客機会社に対して違約と賠償を支払った方がかに安く済むくらいの大赤字が出てしまうという結果が出てしまった。
かしここで開発を中止したら今まで投入した予算が惜しいこと、費やした時間や手間隙が全て泡に帰してしまうことに加え、計画中止の責任が取るんだという責任問題(既に個人の責任で何とかなる範囲をえていた程の、途方もない赤字額が出たとされたため、全員責任を取る事を恐れた)から、「今手を引けばこれ以上赤字が拡大せずに済む」とプロジェクトに関わる全員がわかっていながらを背け、プロジェクトは行き着くところまで進んでしまった、とされている。

これらの結果から、音速旅客機コンコルド250機で採算が取れるとされたところを僅か16機しか製作されず、大赤字で終わってしまった。

 

コンコルドに限らず、日常生活や仕事の場でも度々見かける現であると思われる。わかっていてもやめられない現だけに厄介なもので、一人の問題ならばこれまで投資した全てのものをスッパリ切り捨てて未練も執着も断ち切る事で脱却できるだろう。
ただしこれが集団で進める仕事プロジェクトである場合は、今まで投資した銭や時間のみならず責任問題にも発展する事になるため、取り返しのつかない大損を被るまでやめるにやめられない、という状態に陥る事もありうる。

 

ちなみに、元々は動物行動学(さらには行動生態学、社会生物学)の分野で広まった用である。Triversという学者は経済学の概念を取り入れて動物の行動を捉え、1970年代前半にParental Investment略してPI。和訳すると「親の投資」)という用確立した。このPIの考え方においてTriversは、親が子供を守り育てるという一連の行動は、子孫(遺伝子)を繁栄させるという「利益」を得るための「投資」として説明できるとしたのである。

だがTriversのこのPIの考え方に対して一石を投じるような論文「Parental investment, mate desertion and a fallacy」がDawkinsとCarlisleの2名の学者によって著され、高名な科学雑誌「Nature」に1976年に掲載された。この論文の中でDawkinsらは、動物の子育てすなわち「親の投資」においては、「将来の利益」よりも「過去の投資」を重視しているかのような行動が観察されると摘した。これを上記のようなコンコルドの建造計画に喩えて「Concorde fallacy(コンコルドの誤謬、コンコルドの錯誤)」と表現したのである。

その後Dawkins、つまりあリチャード・ドーキンスは同じ1976年に上した一般向け科学解説書籍「利己的な遺伝子」で名人になり、学者としても活発に活動する。その過程において、この「Concorde fallacy」(あるいはConcorde effect、すなわちコンコルド効果とも表現された)という言葉も広まっていった。

主なコンコルド効果の一例

  • 今まで費やした課金額を駄にしたくなくて、ネトゲソシャゲがやめようにもやめられない
  • コンプリートガチャが、5つのうち4つまでアイテムったのに最後の1つがえられず、何としてもゲットしたくなる
  • 見に行った映画が思いのほかつまらないけど、支払ったお金くて結局最後まで見る
  • 大学入試で2浪3浪しているが、これまでに費やした勉強時間が駄になるからと、偏差値的に合格が困難だとわかっていても「駄にしてたまるか」と意地になって後に退けなくなり、志望校のレベルも下げられなくなる
  • ある共事業で数億円かけてリゾート地を開発し始めたが、途中に近場で違うリゾート地がオープンしてしまい見込まれる収入が大きく減少したにも関わらず、ここでやめたら今までの開発費が駄になる・・・とプロジェクトを続行
  • 今降伏すればこれ以上戦火が拡大せずに済むけど、戦争に費やした費用や補給物資が惜しくなる、散っていった戦死者に顔向けできない、敗戦の責任が取るんだ、と戦争を続行せざるを得なくなる
  • パチンコギャンブルで負けが嵩んでいるにも関わらず、「元が取れなければ」「今までの負け分だけでも取り返さないと」と意地になってゲームを続行する
  • 商売を続けていても利益が上がらないと解っているのに、投資したお金や時間がくて閉店の決断を下せない
  • 人と別れたいが、「もう数年付き合ってるしここで別れたら今までの時間が駄になる」と、本心では別れたいのに付き合いをやめられない

結局、コンコルド効果の状態に陥ったらどうすればいい?

ケースにもよるかもしれないが、一番は埋没費用(今まで費やしたお金、時間、手間など)を一切考えずに最善の結果を判断することであろう。後ろを引かれるだけに決断をわれるが、一度脱却してしまえば楽になる。
逆に「もったいないから」とやめずに進み続けると、どうしようもないほどの大損を被るまで脱却できなくなる事がどだと思われる。
こちらについてもやはり『埋没費用』の記事が詳しい。

関連動画

関連静画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%B3%E3%83%AB%E3%83%89%E5%8A%B9%E6%9E%9C
ページ番号: 5350425 リビジョン番号: 2354309
読み:コンコルドコウカ
初版作成日: 15/07/11 22:07 ◆ 最終更新日: 16/04/25 23:42
編集内容についての説明/コメント: 動画、静画を追加。
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

コンコルド効果について語るスレ

64 : ななしのよっしん :2017/09/22(金) 13:40:16 ID: bBQuiaOczi
世の中、批判ってものに拒否反応起こす人いるけど
なものは駄という現実受け入れられず、もっと続ければいい結果になるかもしれないとか
手の付けようがないのに、辞めろなんて批判よりも良くしていくにはどうすればいいか考えろと言って問題を後回しにして大事故になったりとか何かパターン的な物あるとは思ったけどまさにこの記事みたいだなとは思った
65 : ななしのよっしん :2017/09/22(金) 13:52:27 ID: AwQUZdtrav
もずっと失敗続きだったものが最後の最後にうまくいって科学史に載った人物もいるし、そこはもうやってる本人にしか分からんね
66 : ななしのよっしん :2017/09/22(金) 13:59:10 ID: i0cPf4vx9S
>>65
実際そういう希望をもってやってる人もいるんだろうけど大多数の最終的に失敗した人は歴史の闇に消えていったのを忘れてはいけない
67 : ななしのよっしん :2017/10/25(水) 21:02:01 ID: Vl10t1Xpom
結局上手くいくということに対して、都合のいい希望的観測じゃなくて十分説得のある確信があるかどうかなんだよ。
宮本茂が筋の良し悪しについて非常にいいことを言ってるんだけど、流れてないものはダメだからから畳んだほうがいいと。
http://www.1101.com/nintendo/miyamoto2015/2015-12-17.html

もこういう兆があるにも関わらず引くに引けないという理由で判断停止するとコンコルドになってしまう。研究だったら失敗も一つの結論だからまだいいんだけど、商品作りでは撤退ラインをちゃんと引いとかないとエライことになる。
68 : ななしのよっしん :2017/11/12(日) 00:37:10 ID: BzYt43LNEb
ブラック企業に入って辞めるとそれまでやってきたことが駄になると思ってなかなか辞められないのもこれか。
69 : ななしのよっしん :2017/11/12(日) 01:00:11 ID: u76UvGkfg2
せっかく新卒カード切って入った会社だからもったいないというのもあるだろうし、洗脳も入ってるかもしれないな

「うちで理なら他社行っても理」「辞めてもお前なんか拾ってくれる会社はない」「いま抜けたらほかの社員に迷惑がかかる」「プロジェクトの途中で辞めたら損賠償を会社に払うって契約書にサインしたの忘れたか?」

からの、「うちにはお前が必要なんだよ」「お前はもっと伸びると信じてる」「もうちょっとだけ、頑ってみないか」

みたいな?
70 : ななしのよっしん :2017/11/12(日) 01:02:21 ID: AwQUZdtrav
割と色々な行動をこれで説明できるので好き
71 : ななしのよっしん :2017/11/14(火) 17:39:39 ID: P4LEsVEs06
モバイルゲームガチャ
72 : ななしのよっしん :2017/12/16(土) 08:11:12 ID: qNQ6RnIGyk
FXにおいてこの考えは死亡フラグなのでちゃんと損切をしましょう
73 : ななしのよっしん :2017/12/27(水) 06:52:23 ID: EIEkXWzyzg
団塊様をと呼んでチヤホヤしまくった結果、同時に寿命20年も延びてしまったせいで年金だの103万円だの皆保険だのが機不全に陥り、
昔は1割負担だったものを3割負担にしてもなお足りず、新規採用を削り非正規で昇給賞与をカットして、
融好気を実現させて団塊様の退職投資ぶんは潤ったものの、
カラ人を乱発して人倍率を善させて、老人の食べる量にあわせて物価を上げてみても、
個人消費が回復しない今の日本の状況だ・・・ともいえる。

団塊親子の数が多すぎるせいで、冷遇したら選挙で勝てない。
物理的に数=票数が少ないゆとり世代以下は100%投票しても、
団塊Jr(氷河期)以上の現状の最低投票率=最小票数にも勝てない。

後期高齢者医療費の半分も少子化対策に予算を割けない理由は、
まさに「が身可さ」からくる埋没費用的な意識が(ry
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829