単語記事: お金

編集

お金とは、現在世界において最も大きな閥の宗教および、その神様の名前である。

概要

壱万円札お金とは、人間社会において、欲しいものや必要なものを手に入れるために使われる物体及びその概念である。また、「価値の尺度」「交換の媒介」「価値の保蔵」の機を持つ。浪漫ともいえる。人が生きていく上で重要な要素の一つでもあり、命そのものとする人もいる。人間が一生を懸けて追いめていく存在、それがお金なのだ……。

お金そのもの」は単なる金属であり、大した価値はい。加えて日本お金は不換幣、つまりその幣が示す額の金属の「きん」)との交換が保されていない。普段は意識しないが、「お金」の価値は、自分を含む皆が「お金はその同額のものと交換できる」と信じ込んでいてこそ発揮されるのである。

現在の「不換幣」は、各政府がその価値を保するから皆がその価値を「信じ込む」ことができる(ドルの信用が高いゆえんである)。その政府の信用がなくなるとジンバブエドルのようなパニックに陥り、最悪の場合ただの切れや金属片になってしまう。

日本では、日本銀行が発券する「日本銀行(幣)と、日本政府の直轄施設である、造幣局が製造する「硬貨」を合わせて「現」「お金」と呼ぶ。

現在流通している幣:1000円、2000円5000円10000円


野口英世新渡戸稲造福沢諭吉
日本で最も有名な三人
余談だが、日本幣には最新技術を駆使した偽造対策がテンコ盛りである。中には、日本企業が開発し、日本はもちろん世界幣に導入されているものも。

世界を向けると、オーストラリアプラスチック幣など、金属によらないお金も存在する。

現在流通している硬貨:1円5円10円50円100円500円

お金の価値の源泉

お金の価値の創出方法。お金の価値というのはかが借しないと創出されない。以下に詳しく説明する。

現金

紙幣

幣は中央銀行(日本銀行)の借として計上されている(平成23年度業務概況書)。つまり、幣で買い物をするということは、日本銀行の債務を譲渡して、代わりに何かを得る行為に等しい。

通貨

通貨(コイン)だけは例外的に政府の通貨発行益となり、の借でもない。通貨に関してはUFJ総合研究所のレポート、景気対策を目的とした政府貨幣増発の帰結が詳しいので参照されたし。

国債

国債というのは政府の借である、政府が借をしてそれを使うことによりお金の価値が生まれる。よくマスコミ日本の借報道するがこれは間違いである。似たような言い回しだが、日本の借と言う表現はあたかも外から借しているような印を与えるので使うべきでない。日本が大量に米国国債を持っていることから分かるように、むしろ外に対しては貸しているのである。

よく、国債の発行残高を持って民一人当たり○万円の借とかの説明をされるが、正しくは債権である。民は政府に貸しているのであって、かから借りているのではない。

つまり、国債100%当たる勝投票券(以下券)に近似できる。国債を買いたい人がたくさんいれば利(オッズ)が下がり、某の様に危ないと思われれば利が上がる(一種の万馬券)のも券にそっくりである。99.9…%当たるので銀行はよく購入する。

国債は借ではあるが、その利は日本銀行が発行すればよく、日本銀行と政府は連結決算なので、結局は日本銀行が現を発行するのと等価であるという論述があるが、これは全な誤認識である。日本銀行と政府は連結決算ではない。財務省資料より)

国債の2012年7月8日時点での状況

国債というのは政府の借であるがその利は1%もない(10年物国債)。

私たちが銀行に預をすると、銀行にとってそれは利を払わなければならない借となる。好気のときは集めた預企業に貸してその利益で預利を払っていたが、今は下手に貸すと不良債権と化してしまうので、やたら貸せない。しかし預利は払う必要があるので、仕方なく国債を購入してその利益で借利(預の利子)を払っている状況である。

企業企業で不気のときはあまり投資できないので、稼いだお内部留保という形で使わないままとなる。内部留保といえば聞こえは悪くないが、(内部留保を預けてある)銀行からみれば借であることに変わりはないので、結局は国債の需要となり、国債利はますます下がり、銀行の経営も苦しくなる一方である。

国債が満期になったとき当然政府は払い戻さなければならないが、以上のような状況から銀行としては払い戻されても困るのである。払い戻されても結局はまた国債を買うことになる。日本銀行市場から国債を買い上げようとして札割れ(例えば2兆円買いたくても1兆円しか売り出されない)を起こすのは、このような状況によるところが大きい。

日本国債で外国人が持っているのは6%ほどしかない。たとえ6%外国人が一斉に売り出したとしても、このような状況ではあっという間に買われてしまうので、外国人がいくら結託しても日本国債の暴落はありえない。

銀行の貸付

例えば、のローンで2000万借りると銀行では帳簿を操作するだけなので、丸々その分お金の供給が増え、ローンを返済する度にお金は減る。

ストックとフロー

お金の話ではストックとフローの話をごっちゃにしてはならない。ストックとは貯めてあるお金、フローとは使ったお金である。

ストック

銀行の預、借のように、あるいは不動産のように「残高」であったり「売値」があったりするものの話である。企業ならばバランスシート貸借対照表)で管理する。ストックの大きさはインフレデフレに関係しない。通常複式簿記で管理するが、歴史的経緯から財務省は単式簿記で管理している。

バランスシートではストックのうち、預のように利益を生み出すものを左(銀行にとって預は右)に、借のように損失を生み出すものを右(お金を貸した人にとっては左)に計上する。通常はその差額(長く置いても損も得もしない)=純資産も同時に右に載り、左と右がバランスすることになる。右のほうが大きいと純負債が左に載ることになる。

広い意味で日本全体から見ると、踏み切りの存在等も生産活動を支障する(GDPを減らす)と言う意味で負債である。ここで踏み切りを高架化地下化などで撤去すると負債が減ることになる。壊れたなども負債だ。共投資を減らし、道路や痛んでくると結局は負債を増やすことになる。

フロー

使ったお金。利益とか損失、黒字とか赤字気の話である。企業の場合、損益計算書で管理する。GDP(内総生産)もフローの話である。日本円は政府と法人計の間を行ったりきたりする。かの利益はかの損失なので、企業計も利益を出そうとすれば日本銀行が通貨を発行しない限り政府が赤字になるのは当たり前の話なのである。

しかし、日本銀行が通貨を発行しただけではそれはストックにしかならない。庫に眠っているだけである。フローの話(気をよく)するためには政府が使う必要がある。日本銀行が発行した円を民に配布する手段はそう多くはない。国債利で払うか、通貨発行益として政府の予算に組み込むかなどである。

インフレとデフレ

買いたい人が売りたい人よりも多ければインフレ、逆ならばデフレになる。厳密には商品ごとにインフレ/デフレが異なる。地震が発生したときは政府はフローを操作する特別の政策をしていないにもかかわらず、その地域の生活必需物資の値段があがる。それはその地域でその商品の供給が不足するからである。仮に全世界どこでもドアがあればこの種のインフレは発生しない。

このことはどこでもドアに近い流通を完成させ、十分な生産量を確保すればフローを多少大きくしてもインフレにはなりえないことを意味している。すでに音楽などのように情報だけで構成される商品はインターネットという形でどこでもドア完成している。音楽でたとえるなら、ボーカロイドPと言う供給が十分にあるので音楽全体で見るとインフレは発生しえない状況になっている。

しかしあるボーカロイドPは「私はこの値段でしか売らない」と宣言すれば、それをどうしても買いたい人はいくら高くても買うことになるし、もっと言えば「仲のいい人にしか供給しない」もありうるが、ここでは扱わない。この種の事は流通が進歩するにつれ多くなることはあれ、少なくなることはないだろう。

インフレデフレ、すなわち物価の安定については現在では一部のを除いて中央銀行が処理を担当することが多い。

最適なフロー

フローが大きければインフレ、小さければデフレに向かうが、これをコントロールするのはなかなか難しい。それはフローを決めるのは結局は民の気分ひとつだからである。気分ひとつでストックが増えたりフローが増えたりする。

これでは話は難しすぎるので、ここでは民の気分はずっと変わらないと仮定すると以下のように考えることができる。
ある企業が1億円の原料、その他経費1億円を投じて100億円の商品を作ったとすると、98億円の付加価値が発生する。しかし、世の中に50億円しかフローがなければ残りの50億円はけそこなうことになる。これがデフレである。 こういう状況なら、政府が50億円ほど通貨を発行して政府が買えばデフレは解消、100億円も発行して買おうとするとインフレになるだろう。

逆に言えば、日本全体で生産される付加価値(GDP)ぐらいは通貨を発行してもよさそうだが、実際には銀行もローンという形でお金を供給しているのでその分を計算に含める必要があるし、通貨を発行し共工事などに投資した分気が良くなり、民はストックからフローにお金をまわそうとするのでその分も計算に含める必要がある。

もし民全体に催眠術をかければそれだけでフローを増やすことができる(気が良くなる)が、それはできないので気対策は政府の支出が頼りとなる。共投資を含めた政府の支出というのは巡り巡って民の収入となる、逆に言えば、それを減らすと給料が減ることを民は自覚する必要がある。

税収

税収のGDPである。ゆえに、税率を上げることがGDPを下げる行為につながれば、かえって税収は減る。実際に消費税を3%から5%に上げたとき、税収はかえって少なくなってしまった。税収を上げたければ、GDPをあげる必要がある。GDPさえあがれば、税率など上げなくても税収は増える。

無税国家

産油などは原油生産から得られる利益を税収の代わりとして税となっている場合もある。ここから考えるとGDPが十分に大きければその分通貨を発行して税とできそうな気もするが、いまだにそれをやってのけたはない。本当に可ならばぜひ実現したいが、っ先にやれる可性のあるがあるとすれば日本以外にないだろう。

お金の意義

お金が存在しないとどうなるだろうか?想像してもらいたい。

もし、あなたがお金世界で生きていこうとすると、生活に必要なもの(、食料、、日用品などなど)を自分で作らなければならない。毎日毎日、膨大な時間をそうした生活必需品の製造と維持に費やさなければならなくなる。しかし、それでも手に入らないものもある。例えば、から遠く離れた地域に住む人は、どうしてもが手に入らない。逆に、の傍に住む人は山菜などは手に入らない。そこで、両者の間でまず原始的な物々交換が行われた。しかし、もし山の人がではなくを欲しがっていたらどうなるか?を持って行った人は山菜を手に入れられず、もその間に腐ってしまう。

そこで、物々交換をよりスムーズに行うためにお金という概念が生まれた。まず、製品に額を決めたり(価値の尺度)、お金を持っていれば商品と交換してもらえるという暗黙の了解が作られた(交換の媒介)。また、食料品などはいずれ傷んでしまうので、お金金属とかとか)に交換しておくことで保存できる(価値の保蔵)。 お金があるおかげで、々は重い商品を運ばずに、軽くてかさばらないお金現在ではより「軽い」クレジットカード電子マネー)を持ち運ぶことで、他人の作ったものを容易に手に入れられる。お金とは、価値のあるモノを繋ぐ潤滑油のような存在なのである。

お金が誕生したことで、分業がより容易になったことも忘れてはならない。分業が進んだことで、個人はより多くの自由時間を手にした。これは、「鍛冶屋食欲を満たす為に、自分でパンを焼く必要がい。」という言葉で端的に表せるだろう。

なお、よくお金があるから貧富の格差ができるのだ、と言われるが、これは貨幣という概念ができる以前に「物の貯蔵・貯蓄技術」が生まれた時点ですでに格差は発生しているので論じる意味はない。 

関連動画

関連商品

関連項目

大百科に記事のある金額の一覧


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%81%8A%E9%87%91
ページ番号: 579768 リビジョン番号: 2331024
読み:オカネ
初版作成日: 08/09/21 22:58 ◆ 最終更新日: 16/02/28 21:14
編集内容についての説明/コメント: 誤字の修正と、ついで読みやすくなるよう読点の挿入
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


新渡戸稲造

ニコニコ銀行券

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

お金について語るスレ

198 : ななしのよっしん :2016/10/24(月) 15:56:45 ID: Tgm5rqoHyP
最近、お金い!ってネット上で叫ぶ人が増えてる気がする。
どういうことなの
199 : ななしのよっしん :2016/11/23(水) 16:33:05 ID: Dx0gcHZJdb
お金を刷り捲ってるって噂があったけど、
調べてみたらその某はマネーのキャッシュレス化(電子マネー化/カード決済化)に腐心中らしい。
まあ、パソコンで数字いじればいいだけなら、現ナマ刷るより全然簡単だわな。
で、この偽造電子マネーの噂が本当だったとしたら、どこのが得をし、
どこのがその被を被る事になるのだろう?
その辺が物凄く気になる。
200 : ななしのよっしん :2016/12/04(日) 04:20:41 ID: GDzcpwI+S8
疑心が強いキャラの設定で「しか信じない」みたいなセリフがあると心底萎える
を信じるって事は今の世の中の全てを条件で信じますという事なんだと(作者が)理解できてないんだろうな
本当に疑心が強い人間にとってはなんてただのとしか思えないから、物々交換の時代に戻ろうとするはず
201 : ななしのよっしん :2016/12/13(火) 21:30:17 ID: yY/q3IO3UD
暴力
202 : ななしのよっしん :2016/12/13(火) 21:33:35 ID: MjbhDXmLnd
SEX
203 : ななしのよっしん :2016/12/22(木) 11:43:33 ID: bCOJJQPzOV
>>200
「贋札かも知れない」という話を除けばを信じる=ある対に対して価値のパラメータとして付けられた数値を信じる って事になるから、つまりの権威というのは価値の数値化という行為によって支えられていると言える。
要するに人がある対に対してそうそうおかしな数値は付けないだろう、いては人と人とが交渉・折衝しながら自然と収まっていった結果としての値なのだから信用に値する、といった「人への信頼」がその根底にはあるという事なんじゃないかな


204 : ななしのよっしん :2016/12/29(木) 02:22:23 ID: QAEdZpJoCv
>>200
物々交換の世界の方が不確定要素が多過ぎて信頼性に欠けると思うけど
205 : ななしのよっしん :2017/01/01(日) 15:40:24 ID: IO+SPFo1pS
の前の人間は裏切るかもしれないがの前の人間の持ってるは額面だけの価値がある。
その価値は確かに人間同士の信頼というか約束事で成り立っており、「など要らぬ」とみんなが言えばくずと化すが、かかわってる人間が多すぎて一人や二人裏切ったところでこの約束事は反故にはできない。
何も信じられないが故に、全員一致団結してお金の否定に同意するなんてことはあり得ない=だけは信じられるってことなんじゃないかな。
革命が差し迫ってるとかなら話は別だけど。


……まあ、「しか信じない」とかいいながら具も何もないボロアパートの片隅で札束数えてたり通帳魅入ってたりするキャラクターがいたら、それはただのバカ、というかそういう作者が見せたがってるんだろうけど。
206 : ななしのよっしん :2017/01/03(火) 17:27:34 ID: bCOJJQPzOV
物物交換でやっていてもその内何か特定の、量り取りがしやすい物品が基準になってくるからね。
例えばなんかもそうでしょう。金属言わずもがなで、それらの質・数量等を正確に測定する技術を未発達のままに留め置きでもしない限りは銭を介した売買に取って代わるのは明なわけで。

加えて言うなら人は数値というものに対してそうおかしな扱いは出来ないしまた人にもそうさせないものだという、人が数というものに対して培ってきた知識や直感、それをというものを通じて信奉している事になるんだろう。
そしてこの信頼感は自分自身もまた数字に対して人並み以上の扱いを心得ているという自信にも支えられている事になり、自信という形を取りつつ他信をも成立させられるという点で心理的にも有効、というのが「しか信じない」的なセリフに代表されるものだろう
207 : ななしのよっしん :2017/01/06(金) 10:49:32 ID: CDwbyayyzq
ネトゲの話だけど、お金の代わりに
万人にとって必要になる、とあるアイテムが通貨のように扱われたことがあるな。

しかしビットコインとかの仮想通貨って今色々言われてるけど
10年後20年後の将来は、どうなってるんだろう・・・
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015