編集  

フローレンス・ナイチンゲール単語

フローレンスナイチンゲール

 

フローレンス・ナイチンゲールとは、19世紀から20世紀に活躍した看護婦統計学者、看護学者である。

概要

彼女の一番有名な業績は「クリミア天使」、「ランプ貴婦人」と呼ばれるように、その献身的な看護婦としての仕事ぶりである。地獄のようなクリミア戦争において敵味方分け隔てなく助け、にはランプを片手に患者を見て回った彼女の姿は小さいころ偉人伝記漫画などで読んだ事がある人も多いだろう。

しかし、実際の彼女の偉業はどちらかというと看護婦としてではなく学者や教育者としての物が多かった。本人く「看護は自分が果たさなければならなかった機の中で最も重要でないものだった」そうだ。

人物

裕福な庭で育った彼女は、幼い頃から贅沢の限りを尽くした教育を受ける。(フランス語イタリア語ギリシャ語読み書き、ラテン語ギリシャ哲学数学天文学経済学歴史学(英国史、世界史)、音楽、絵画、英語文章、地理学、心理学小説等の文学

戦場の医療現場にふれ、家族の猛反対を振り切って31歳の時に、当時は底辺職業とされていた看護婦に従事する。しかし彼女看護婦として働いたのは僅かな期間であった。

ナイチンゲールは一般的な白衣天使イメージとはほど遠く、理性情の人であった。数学博士号を持ち合理性を重んずる一方で、人を助ける事に対する異常とも言える執着は、悪魔的とも病的とも形容される。彼女は人当たりが良くなく、わがままで、細かいところまでしつこい性格であった。自分の的の障になる者に対しては重く静かに、しかし辛辣に批難した。

ナイチンゲールは生涯を通して常識えた務をこなしていた。戦場では時に上で何日も過ごし、時に何十キロ先の小屋まで歩いて仕事をしたこともある。体限界がきて熱病にかかっても理して働き、全に動けなくなってもメモなどを書いていて、そのせいで神経組織を破壊され、心臓も弱っていたが、それでも彼女戦場から帰った後もずっと働き続けた。医者が止めても、家族が泣いて止めても彼女は働く事を止めなかったとされる。

自分に厳しく、他人に厳しい人であった。彼女支援しようとする者は極限をえて彼女にこきつかわれてしまった。彼女の一番の協者にして親友であった、シドニー・ハーバートが余り務の為に心身を弱らせ、彼女に相談したが、ナイチンゲールはそれに対して「甘えるな」の様な返事をした。

打ちのめされたですって!? 方はただ勝負を諦めただけではないのですか? それも勝ち札が全て方の手の中にあるのにですよ! これはとても立な勝負です!

岩波文庫:ナイティンゲール伝より

それからしばらくしてハーバートは過労死してしまう

その後、彼女91歳で亡くなるまで閣僚のよりも働き続けた。

業績

エピソード

関連動画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
http://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%95%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%8A%E3%82%A4%E3%83%81%E3%83%B3%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%AB
ページ番号: 4882032 リビジョン番号: 2512062
読み:フローレンスナイチンゲール
初版作成日: 12/05/06 16:49 ◆ 最終更新日: 17/08/02 23:05
編集内容についての説明/コメント: 文章ちょっと追加。
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

フローレンス・ナイチンゲールについて語るスレ

126 : ななしのよっしん :2018/05/02(水) 10:40:39 ID: 0tbsCw1EXC
記事でも言及がないが、この人が高い知性と教養を持っていたのはひとえに父親のお陰。
この当時、女性は上流階級であっても

「どうせに行くんだから高度な教育なんぞ要らん」

という考えが一般的で、せいぜい読み書きそろばんを教えられる程度だった。
ここまでの高度な教育はかなり裕福な庭の男性だけが受けられるもので、これだけ見ても父親がいかに開明的な人物であったかが伺える。
更に、彼女クリミア戦争に従軍する前、ロンドン病院に勤務していたけど、実はここでは給料をもらっていなかった。
その彼女銭的援助をしていたのも父親で、に五ポンドほど拠出していたという。
(※今の時代で五ポンドというと大した額ではないが、当時の1ポンドは今の価値で大体2~3000円。つまり万から五十万円ほど貰っていたことになる)
偉業を為す人というのは、やはり環境も大事だよな。
127 : ななしのよっしん :2018/05/02(水) 21:06:45 ID: C7otJ3Onj2
ナイチンゲールは、女性初の医師だったアメリカエリザベスブラックウェルとも、
本格的に看護を学びだす直前の時期に知己となっている。
ブラックウェルは当時、医師として更なる研鑽を積むためにフランスに渡ったものの、
パリ病院におけるアメリカ以上の女性蔑視によって思うように果たせず、
さらに医療事故で片を失い、志していた外科医のを閉ざされ失意のどん底にいた。
仕事についてのナイチンゲールとのらいが励みとなったのか、再起した彼女は後に、
アメリカイギリス女性医師養成学校を設立する。
また、南北戦争では多くの看護師を戦地へ派遣し、野営施設の衛生環境善させたが、
これはクリミア戦争におけるナイチンゲールの活動に影を受けたものといわれている。
ナイチンゲールほど強な性格ではないけれど、類する強い意志の持ち
参考:https://epilogi.dr-10.com/articles/1907/
>>az4082400524
128 : ななしのよっしん :2018/05/12(土) 19:47:49 ID: 7EV2j03qcN
革命的な人物ってたいてい潰されたり悪評広められるのがオチなのに
最後まで第一線で活躍して美化されて伝えられているのが凄い。
常人の感覚ではもはや理解不可能
129 : ななしのよっしん :2018/07/01(日) 22:57:07 ID: Tf8Ga5zy7z
大抵の革命的な人は専門分野一つだけしか領分もたないからね
だからその分野の変革で割を食う他分野の人間に潰される

ナイチンゲールは現場だけでなく、現場の成果を理論化する学者としての
その理論を政治に反映させさらに広い現場に適用させるというロビイストとしての一流だった
130 : ななしのよっしん :2018/07/08(日) 03:46:34 ID: o5M3cr5AtC
意味が分からないでしょ?でも天才ってそういうこと
131 : ななしのよっしん :2018/07/13(金) 20:56:39 ID: 5oEapvDigr
160年前には既に、被災地に贈られてくる善意支援物資を「第二の災害」として徹底的に批難していた人

『フロレンスナイチンゲールの生涯・上巻』(現代社・武山満智子、P299)
 「中味といえばどれもこれも、その送料ほどの値打ちもない」
 「こういう人々は、これらの品を分配するのが私の楽しみだ、とでも思っている」
 「陸揚げ、荷ほどき、そして礼状書きが、どんなに面倒なことかも解ってもらいたい」
 「ここで通用する善意は、お金なのです」
132 : ななしのよっしん :2018/07/13(金) 21:43:54 ID: 5oEapvDigr
ちなみに被災地で不要な迷惑な支援品としてナイチンゲールが名して批難していたものの一つが「古着」だったりする

こーいうのは今も昔もあんま変わってないんだな
133 : ななしのよっしん :2018/07/15(日) 08:25:05 ID: Yik8E00oqm
人手が欲しくて看護人を募集したときに人近く集まったけど面接でわずか数人しか採用しなかったエピソードあるけど
逆を言えばナイチンゲール眼鏡った人が数人もいたことになるのか・・・(その後の仕事に耐えられたかは知らない)
134 : ななしのよっしん :2018/07/21(土) 17:35:18 ID: jBtj1O8HW0
スゴイ人だけどマネしちゃいけない人だな
135 : ななしのよっしん :2018/07/21(土) 17:39:16 ID: jBtj1O8HW0
「生き方をね」
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829