単語記事: フローレンス・ナイチンゲール

編集  

 

フローレンス・ナイチンゲールとは、19世紀から20世紀に活躍した看護婦統計学者、看護学者である。

概要

彼女の一番有名な業績は「クリミア天使」、「ランプ貴婦人」と呼ばれるように、その献身的な看護婦としての仕事ぶりである。地獄のようなクリミア戦争において敵味方分け隔てなく助け、にはランプを片手に患者を見て回った彼女の姿は小さいころ偉人伝記漫画などで読んだ事がある人も多いだろう。

しかし、実際の彼女の偉業はどちらかというと看護婦としてではなく学者や教育者としての物が多かった。本人く「看護は自分が果たさなければならなかった機の中で最も重要でないものだった」そうだ。

人物

裕福な庭で育った彼女は、幼い頃から贅沢の限りを尽くした教育を受ける。(フランス語イタリア語ギリシャ語読み書き、ラテン語ギリシャ哲学数学天文学経済学歴史学(英国史、世界史)、音楽、絵画、英語文章、地理学、心理学小説等の文学

戦場の医療現場にふれ、家族の猛反対を振り切って31歳の時に、当時は底辺職業とされていた看護婦に従事する。しかし彼女看護婦として働いたのは僅かな期間であった。

ナイチンゲールは一般的な白衣天使イメージとはほど遠く、理性情の人であった。数学博士号を持ち合理性を重んずる一方で、人を助ける事に対する異常とも言える執着は、悪魔的とも病的とも形容される。彼女は人当たりが良くなく、わがままで、細かいところまでしつこい性格であった。自分の的の障になる者に対しては重く静かに、しかし辛辣に批難した。

ナイチンゲールは生涯を通して常識えた務をこなしていた。戦場では時に上で何日も過ごし、時に何十キロ先の小屋まで歩いて仕事をしたこともある。体限界がきて熱病にかかっても理して働き、全に動けなくなってもメモなどを書いていて、そのせいで神経組織を破壊され、心臓も弱っていたが、それでも彼女戦場から帰った後もずっと働き続けた。医者が止めても、家族が泣いて止めても彼女は働く事を止めなかったとされる。

自分に厳しく、他人に厳しい人であった。彼女支援しようとする者は極限をえて彼女にこきつかわれてしまった。彼女の一番の協者にして親友であった、シドニー・ハーバートが余り務の為に心身を弱らせ、彼女に相談したが、ナイチンゲールはそれに対して「甘えるな」の様な返事をした。

打ちのめされたですって!? 方はただ勝負を諦めただけではないのですか? それも勝ち札が全て方の手の中にあるのにですよ! これはとても立な勝負です!

岩波文庫:ナイティンゲール伝より

それからしばらくしてハーバートは過労死してしまう

その後、彼女91歳で亡くなるまで閣僚のよりも働き続けた。

業績

エピソード

関連動画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%95%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%8A%E3%82%A4%E3%83%81%E3%83%B3%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%AB
ページ番号: 4882032 リビジョン番号: 2512062
読み:フローレンスナイチンゲール
初版作成日: 12/05/06 16:49 ◆ 最終更新日: 17/08/02 23:05
編集内容についての説明/コメント: 文章ちょっと追加。
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

フローレンス・ナイチンゲールについて語るスレ

116 : ななしのよっしん :2017/11/12(日) 21:09:19 ID: I2Z/MTmSbg
「もう全部この人だけでいいんじゃないかな

…そんな文句がよぎった
117 : ななしのよっしん :2017/11/12(日) 22:58:02 ID: hw+x4R6abF
>>116
戦う相手が死でおまけに実際戦うのは患者なのでそうもいかないのよね。
118 : ななしのよっしん :2017/11/23(木) 22:12:24 ID: f3bEYe7haO
女性看護師だから、とにかくやさしい献身的なイメージで伝記漫画が書かれてた気がするけど全然違う性格だったんだな
そもそもめちゃくちゃ天才だし
119 : ななしのよっしん :2017/11/28(火) 00:26:35 ID: T9BnLUeXBZ
>>116
他のよりも、彼女がそんな考えを許さないだろうな
自分がいなくなった程度で破綻する医療なんて医療じゃないと考えるだろう
120 : ななしのよっしん :2017/12/31(日) 21:02:53 ID: f/3rEse3j/
何と言うか、こういう人物の話を聞くと、何時も思うんだが
歴史って「どん詰まり」に行き着く前に、規格外の人間を送り込んで理やり解決してるように見えるな……
偉人とか英雄とか、そういう感じの
121 : ななしのよっしん :2018/01/04(木) 11:16:21 ID: 8eBbqSI1sR
>>112
若い頃は意外とかわいくてその頃ひっかけ結婚寸前までいってた貴族ボンから
「やっぱ看護に身をげるから結婚なしにして」って袖にした後も
長年にわたって援助を引き出してるという女を武器にできてた面もあるらしいぞ

ナイチンゲールの話が面いと思う人はレニ・リーフェンシュタールの話も調べるといいと思う
ナチス関連な上つい最近まで生きてた人だからゲームとかではネタにならないだろうけど
ナイチンゲール同様多才でタフで基地外映像世界革命を起こした女傑
122 : ななしのよっしん :2018/01/06(土) 23:35:28 ID: zLybp2jZhJ
戦場天使という異名だが、彼女の場合は天使天使でも熾天使だな。
123 : ななしのよっしん :2018/01/12(金) 19:45:31 ID: QURBKXUH2y
>>122
そりゃ本人が『天使とは、美しいをまき散らす者ではなく、苦悩する者のために戦う者のことだ。』って言ってるしね。
124 : ななしのよっしん :2018/03/29(木) 01:30:34 ID: LkFIjquP0i
曖昧な記憶なんだけど、ナイチンゲール看護師として勤務したての頃、当時の軍隊のお偉いさん
あんたが看護してる方が余計に兵士が死んでるんじゃねぇの?」と言われた際に
憤慨したナイチンゲールは実際に統計を取ったところ、お偉いさんの言った通り
自分が就任した後の方が死亡率が高いことを知る。
「じゃあなんで死亡率が上がったのか?」と彼女死亡した兵士に行われていた
治療・看護方法・環境についての統計を取り、その結果を踏まえて包帯の使い回しを避け、
常に清潔な毛布等を用意することによって劇的に死亡率が減った。みたいな話
(それは記事に書いてある通り)

あと、当時看護師が『底辺職業』と言われてたのは看護に従事する者が
看護の知識はおろか、気で患者(病気持ち含む)と売するような看護師が多かったことから
当時は看護師≒売嬢みたいな扱いだったみたいな話も聞いたな。
125 : ななしのよっしん :2018/04/02(月) 12:31:51 ID: S/ttM3YDDs
>>120
どっちか言うとどん詰まりで破綻しまくってれば時々こういう英雄が浮き彫りになる事もあるよねくらいに感じるわ
敗戦側に人外英雄逸話が多くなるパターン
優良環境なら頭固くて地味に優秀だけど、他にもっと優等生も生き残って難に業績出すから相対的に埋もれる感じ
全体としてもそっちのがずっと平和だろう
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829