単語記事: 真珠湾攻撃

編集

 真珠湾攻撃とは、日本時間1941年12月8日アメリカにとっては1941年12月7日)に起きた、日本海軍によるハワイ珠湾への奇襲攻撃である。

概要

 真珠湾攻撃は、日本海軍南雲忠一中将率いる機動部隊(通称:南雲機動部隊)が、アメリカハワイ珠湾に停泊するアメリカ海軍太平洋艦隊および同地に存在した軍基地に対して行った奇襲攻撃である。攻撃は空母から発艦した航空機らびに潜航艇によって行われた。この攻撃によりアメリカ太平洋艦隊は戦の中核である戦艦8隻中1爆沈 3隻が大破着底、1隻が強制座礁残る3隻も損を受けるなど大打撃を被り、戦いは日本軍の圧勝に終わった。

 この戦いと、同時に行われた日本軍による英領マレー半島およびシンガポール攻略作戦マレー作戦)により、大日本帝国アメリカイギリス等の間に太平洋戦争大東亜戦争)が勃発。さらに12月11日にはドイツイタリアアメリカ合衆国に対して宣戦を布告し、それまで欧州だけの話であった第二次世界大戦の戦火が太平洋アジア地域に拡大、文字通りの世界大戦となった。

背景

 1907年以降、日本アメリカを仮想敵国の一つと捉え、対戦略の構築とそれを実現するための軍戦の充実を行っていた。その戦法は基本的に漸減要撃であり、日本へと向かってくるアメリカ艦隊に対して航空機潜水艦で攻撃を仕掛けて出血と疲労を強要し(漸減)、ボロボロになりながらも日本まで来たところを戦艦を中核とした艦隊で迎え撃ってく(要撃)というものであった。

 が、1939年日本海軍連合艦隊令長官となった山本五十六は別の考えを持っていた。「素く強な一撃を叩きこみ、戦況が有利なうちにさっさと講和する」という短期決戦期講和である。また、この戦略を実現させるのは戦艦ではなく航空機であるという考えも山本は持っていた。これらの考えを基本に、1941年初頭から珠湾に対する航空攻撃の実現可性についての検討が日本海軍内部で行われた。その結果完成した作戦計画に潜航艇による攻撃も加えられて、アメリカ太平洋艦隊を行動不にさせて西太平洋の制権を握ることを的とした真珠湾攻撃へと繋がることとなる。

作戦の経過

日付と時間は全て日本時間とする。日本時間から1日引いて、4時30分を加えるとハワイ現地時間となる。

1941年11月26日 南雲機動部隊が単冠湾から出撃、ハワイへと進路をとる。
1941年12月2日 大本営から南雲機動部隊に対して12月8日に攻撃を行うよう暗号電文が発信される。
1941年12月7日 潜水艦より特殊潜航艇が発進。
1941年12月8日 (1時30分) 第一次攻撃隊(艦上戦闘機43機、艦上攻撃機89機、艦上爆撃機51機)が発進。
(2時40分) アメリカ海軍駆逐艦ワードが不審な潜水艦を発見し攻撃。これを撃沈して艦隊令部に報告する。
(2時45分) 二次攻撃隊(艦上戦闘機36機、艦上攻撃機54機、艦上爆撃機81機)が発進。
(3時19分) 第一次攻撃隊が攻撃を開始。
(4時20分) 日本の駐大使と特命全権大使から最後通牒がアメリカ務長官に手渡される。
(4時24分) 二次攻撃隊が攻撃を開始。
(8時30分) 日本海軍の攻撃隊が随時帰還。9時頃には南雲機動部隊は日本に進路をとる。
1941年12月16日 帰還する南雲機動部隊の一部が分離し、ウェーク島攻略作戦支援へと向かう。
1941年12月23日 南雲機動部隊が日本に帰還。作戦終了。

攻撃結果

 この攻撃により、アメリカ太平洋艦隊は戦艦5隻、駆逐艦2隻、標的艦1隻が撃沈され、更に戦艦3隻が数カの修理を要する損を受けた。上艦艇以外にも航空機188機が破壊され、155機が損傷を受けた。対する日本側の損は軽微で、未帰還機29機、損傷機74機、未帰還の特殊潜航艇5隻のみであり、真珠湾攻撃日本海軍の圧勝であった。

その後

 真珠湾攻撃の翌日、1941年12月9日アメリカでは12月8日)、アメリカ合衆国議会は日本と開戦したと宣言。ここに太平洋戦争大東亜戦争)が勃発する。12月10日にはヒトラーアメリカ合衆国に対して宣戦を布告。第二次世界大戦文字通り世界規模の戦いとなる。

 また、真珠湾攻撃により西太平洋の制権を手にした日本軍は破の進撃を行い、南方作戦を成功させた。

余談

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E7%9C%9F%E7%8F%A0%E6%B9%BE%E6%94%BB%E6%92%83
ページ番号: 5210088 リビジョン番号: 2445633
読み:シンジュワンコウゲキ
初版作成日: 14/03/14 14:12 ◆ 最終更新日: 17/01/06 10:07
編集内容についての説明/コメント: 関連動画に安倍首相・真珠湾訪問を追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

真珠湾攻撃について語るスレ

220 : ななしのよっしん :2017/02/15(水) 10:49:26 ID: 5Hubf1ahx5
>>219
の問題の解決策に他へ攻撃して奪い取るってゴミみたいな発想だな
もちろん当時の事情ややり方あるんだろうけど
それが良き結果をもたらしたわけでもないのに現代人が必死に当時の価値観が~ってい立てする必要があるの?
221 : ななしのよっしん :2017/02/15(水) 10:59:25 ID: RulcEF0zkJ
>>220
だから言ってるじゃない。そんな馬鹿みたいなことしなくて済むように日露戦争直後から>>219で挙げたような取りを行うべきだったと
だけどそれは現実的に可なの?って話をしてるだけで

222 : ななしのよっしん :2017/02/16(木) 00:43:57 ID: h0n4zZBBRz
>>221
素人考えだけど、「第一次大戦で軍事派遣による対英関係の維持」と「英を大陸利権に一枚噛ませる」は当時の観点においても十分取れ得る選択だと思うし、これだけでも英の態度も相当変わってくると思うけど。

そもそも史実においても日本軍や商船を派遣して、船団護衛や輸送に大きく貢献したお陰で英との関係は良好だったんじゃなかったっけ。軍の艦隊や陸軍を送り込むとなると軍部を説得しなきゃならんし、民にも相応の負担を強いる事になるけど、日本際的な立場を強調するのと連合側に恩を売っておくという点から見れば、デメリットばかりではないと思うけどね。

そうすれば、後の中国利権絡みの行動に対しても、ある程度なら恐慌下という点も踏まえて史実以上に国連側が譲歩してくれる可性もきにしも非ずだし、敵対する気がいと示せば英とも利権での交渉の余地だって出て来ると思うんだ(但し際連盟脱退なんて行動を起こさないこと)。満州国だってソとも交流が有って半ば独立を保ってた点を鑑みてもさ。

223 : ななしのよっしん :2017/02/16(木) 01:15:58 ID: h0n4zZBBRz
>>219の「これ全部やらなきゃ対開戦不可避!だから日本には選択の余地なんてかった!」的な考えを見てると、多分あなたの考えには「当時の日本以外は全部敵!欧なんて信用できない!」みたいなのが下地にあると思うんだ(違ってたらゴメン)。

そんな日本が自で敵を全て排除するんじゃなくって、なるべく敵を多く作らない(可なら味方を多くする)立ち回りをすれば大分変った歴史の流れになってくると思うんだけどねぇ?

まぁ自分も対開戦回避の先は史実よりく対社会主義戦争が始まるけれど、楽観的ではあるが英を敵に回さない分だけやりようはあるとは思うよ(if世界のそのまた先なので正直どうなるか見当もつかないけど)。
224 : ななしのよっしん :2017/02/16(木) 10:27:34 ID: RulcEF0zkJ
>>222
日本軍は(日英同盟の条文に書いてないにも関わらず)地中まで派遣した。そしてドイツオーストリア潜水艦と戦って戦死者も出している。
当時の日本のやれることとしては、最大限の貢献はあれで十分だと思う。
陸軍は観戦武官を送るだけで精一杯。
日英同盟の棄は、アメリカがそれを望んだし、イギリスもそれを望んだ以上は、日本がどうあがこうとも理だと思う。

大陸利権をかませることも史実を知ってる々ならそうすべきと思えるけど
アメリカ満州に足がかりを得れば、日本を締め出そうとする可性も十分にありえるし、そうなったとき、日本国民や軍部の世論の爆発は容易に予想できる。8万人以上もの犠牲を払ってようやく手に入れた南満州利権を、アメリカにいいように利用されたということで、民の怒りは爆発するだろう。
そのとき、軍部に対強硬論が出たとして、果たして政府はそれを抑えられるのかって問題があるわけで
225 : ななしのよっしん :2017/02/16(木) 23:40:28 ID: RulcEF0zkJ
>>223
基本帝国義時代は「自以外は全て敵」の弱肉強食の時代だからね。
日本は近代化を異常スピードで成し遂げたとは言え、スタートラインの時点で工業市場、資植民地、資本全ての面において欧州列強に劣った底辺列強でしかない。
現在のようにネットもない時代に地球の裏側のことが伝わって世論や政策に反映させるには時間がかかるわけで、当時の日本が先行きを見通すことは困難だし。選べる選択肢も多いとは思えないだけなんだよ

自分かなりにわかで素人の浅知恵の書き込みが多くて色々お見苦しいだろうけど
ただ日本一のみの行動を善しただけでは世界史の流れは大きく変わらないという私の考えが他の方々からは、「日本論」に傾きすぎと思われたならめてま学び直したいと思う
226 : ななしのよっしん :2017/02/17(金) 00:37:54 ID: h0n4zZBBRz
>>224
斎藤博駐大使って知ってる?
彼は戦前においてアメリカとの協調路線を最重要視して、日の間柄が険悪にならないように相当尽したんだよね。実際、満州事変後の日関係修復の為に米国民に日本の苦しい現状を説いたり、パナイ号事件で「あわや開戦か!?」ってなった時には本からの訓令を待たずにラジオっ先に謝罪したんだよ。
その日本人への差別感情や開戦時の大統領だったせいで、未だ一部の日本人蝎の如く嫌われてるF.ルーズベルトが、毎週末の秘書官や高官を交えたゴルフカード遊びに彼を招いたり、病死した後もその遺巡洋艦アスリアに乗せて送り届けるよう命じたんだから、大統領からの信が相当厚かったんだろうね。
だから、戦前日本人全てが日協調路線を考えられなかった訳ではないと思う。

まぁ、史実を見れば彼の様な考えを持っている人は日本では少なかった訳で、全く機しなくなった日本政治全にのぼせ上がった民と軍部を説き伏せてまで、対協調の為の妥協案なんてとるのは難しかったでしょうね。
外側
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
227 : ななしのよっしん :2017/02/17(金) 00:51:46 ID: h0n4zZBBRz
>>225
日本だけが行動を善しなきゃダメって言うのは私も違うと思います。
ただ日本のみならず、あるの行動が多かれ少なかれ変わってくれば、他リアクションも相応に変わってくるであろうっていうのが私の持論です。
今まで書き込んできたのは、その起点が日本で尚且つ日開戦を回避する場合どうすれば良いかのシミュレーション擬きの極一部を素人なりに考えた物です。

論、行動を違えた場合の変化は必ずしも良い方向に行くとは限らないですし、どう足掻いても同じ結論にしか辿り着けない場合もあるかもしれません。
なので、私はあなたの持論にも一理あると考えていることはハッキリと明記しておきます。

第一この類の話は今に至っても数の考えが出る程ですからね。
228 : ななしのよっしん :2017/08/16(水) 01:04:20 ID: 15BmdtZyf7
そして今、それに近いことを北朝鮮がやろうとしているんだよなぁ
229 : ななしのよっしん :2017/08/28(月) 11:24:47 ID: yWJ2SxSjGk
北朝鮮マジで喧売ったら最後なんだってことはちゃんと分かってると思うが。
民は操られてることに自覚的なようだし、万歳三唱してたどこぞのバカどもよりは利口。
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829