単語記事: 真珠湾攻撃

編集  

 真珠湾攻撃とは、日本時間1941年12月8日アメリカにとっては1941年12月7日)に起きた、日本海軍によるハワイ珠湾への奇襲攻撃である。

概要

 真珠湾攻撃は、日本海軍南雲忠一中将率いる機動部隊(通称:南雲機動部隊)が、アメリカハワイ珠湾に停泊するアメリカ海軍太平洋艦隊および同地に存在した軍基地に対して行った奇襲攻撃である。攻撃は空母から発艦した航空機らびに潜航艇によって行われた。この攻撃によりアメリカ太平洋艦隊は戦の中核である戦艦8隻中1爆沈 3隻が大破着底、1隻が強制座礁残る3隻も損を受けるなど大打撃を被り、戦いは日本軍の圧勝に終わった。

 この戦いと、同時に行われた日本軍による英領マレー半島およびシンガポール攻略作戦マレー作戦)により、大日本帝国アメリカイギリス等の間に太平洋戦争大東亜戦争)が勃発。さらに12月11日にはドイツイタリアアメリカ合衆国に対して宣戦を布告し、それまで欧州だけの話であった第二次世界大戦の戦火が太平洋アジア地域に拡大、文字通りの世界大戦となった。

背景

 1907年以降、日本アメリカを仮想敵国の一つと捉え、対戦略の構築とそれを実現するための軍戦の充実を行っていた。その戦法は基本的に漸減要撃であり、日本へと向かってくるアメリカ艦隊に対して航空機潜水艦で攻撃を仕掛けて出血と疲労を強要し(漸減)、ボロボロになりながらも日本まで来たところを戦艦を中核とした艦隊で迎え撃ってく(要撃)というものであった。

 が、1939年日本海軍連合艦隊令長官となった山本五十六は別の考えを持っていた。「素く強な一撃を叩きこみ、戦況が有利なうちにさっさと講和する」という短期決戦期講和である。また、この戦略を実現させるのは戦艦ではなく航空機であるという考えも山本は持っていた。これらの考えを基本に、1941年初頭から珠湾に対する航空攻撃の実現可性についての検討が日本海軍内部で行われた。その結果完成した作戦計画に潜航艇による攻撃も加えられて、アメリカ太平洋艦隊を行動不にさせて西太平洋の制権を握ることを的とした真珠湾攻撃へと繋がることとなる。

作戦の経過

日付と時間は全て日本時間とする。日本時間から1日引いて、4時30分を加えるとハワイ現地時間となる。

1941年11月26日 南雲機動部隊が単冠湾から出撃、ハワイへと進路をとる。
1941年12月2日 大本営から南雲機動部隊に対して12月8日に攻撃を行うよう暗号電文が発信される。
1941年12月7日 潜水艦より特殊潜航艇が発進。
1941年12月8日 (1時30分) 第一次攻撃隊(艦上戦闘機43機、艦上攻撃機89機、艦上爆撃機51機)が発進。
(2時40分) アメリカ海軍駆逐艦ワードが不審な潜水艦を発見し攻撃。これを撃沈して艦隊令部に報告する。
(2時45分) 二次攻撃隊(艦上戦闘機36機、艦上攻撃機54機、艦上爆撃機81機)が発進。
(3時19分) 第一次攻撃隊が攻撃を開始。
(4時20分) 日本の駐大使と特命全権大使から最後通牒がアメリカ務長官に手渡される。
(4時24分) 二次攻撃隊が攻撃を開始。
(8時30分) 日本海軍の攻撃隊が随時帰還。9時頃には南雲機動部隊は日本に進路をとる。
1941年12月16日 帰還する南雲機動部隊の一部が分離し、ウェーク島攻略作戦支援へと向かう。
1941年12月23日 南雲機動部隊が日本に帰還。作戦終了。

攻撃結果

 この攻撃により、アメリカ太平洋艦隊は戦艦5隻、駆逐艦2隻、標的艦1隻が撃沈され、更に戦艦3隻が数カ修理を要する損を受けた。上艦艇以外にも航空機188機が破壊され、155機が損傷を受けた。対する日本側の損は軽微で、未帰還機29機、損傷機74機、未帰還の特殊潜航艇5隻のみであり、真珠湾攻撃日本海軍の圧勝であった。

その後

 真珠湾攻撃の翌日、1941年12月9日アメリカでは12月8日)、アメリカ合衆国議会は日本と開戦したと宣言。ここに太平洋戦争大東亜戦争)が勃発する。12月10日にはヒトラーアメリカ合衆国に対して宣戦を布告。第二次世界大戦文字通り世界規模の戦いとなる。

 また、真珠湾攻撃により西太平洋の制権を手にした日本軍は破の進撃を行い、南方作戦を成功させた。

余談

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E7%9C%9F%E7%8F%A0%E6%B9%BE%E6%94%BB%E6%92%83
ページ番号: 5210088 リビジョン番号: 2445633
読み:シンジュワンコウゲキ
初版作成日: 14/03/14 14:12 ◆ 最終更新日: 17/01/06 10:07
編集内容についての説明/コメント: 関連動画に安倍首相・真珠湾訪問を追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

真珠湾攻撃について語るスレ

232 : ななしのよっしん :2017/10/12(木) 18:50:26 ID: sWg51zcI0F
珠湾陰謀説はよく流行るけど、当時の米国は開戦を遅らせれば遅らせるほど対日交渉が有利になるから、日本の攻撃を誘発する理由はほぼいんだよなあ。
233 : ななしのよっしん :2017/11/07(火) 22:47:12 ID: Z0A4qPTN0P
モスクワが落ちる前に裏口参戦したかったとか?
234 : ななしのよっしん :2017/11/07(火) 22:52:23 ID: eiRJg2zO9w
北朝鮮俺ら珠湾にミサイル攻撃してやるぜ」
235 : ななしのよっしん :2017/11/08(水) 01:31:31 ID: BAGy7JRqWN
日露戦争に勝利する前までの日本は謙虚だったんだよな。それが日露戦争勝利後は生まれ変わったかのように傲慢の塊になってしまった。
に軍部のアホ共だが、雑魚のくせにジャイアンみたいに振る舞って、これは絶対にやるなよって事ばかりを何故か全てこなす異常者集団。
靖国参拝行く右寄りの人でも戦犯にだけは祈らないって人結構いるけど納得だわ。
236 : ななしのよっしん :2017/11/10(金) 23:17:41 ID: RulcEF0zkJ
じゃあ日露戦争で負けてたほうが良かったのかな?
ロシア革命で共産化したりしそうだけど史実よりは犠牲を減らせるかも
237 : ななしのよっしん :2017/11/28(火) 12:01:42 ID: yWJ2SxSjGk
>>235
民の大多数がジャイアンをヨイショするだけのスネ夫になっちまったのも結構な問題ですよ。
238 : ななしのよっしん :2017/12/06(水) 17:04:52 ID: RulcEF0zkJ
石橋湛山先生小日本義を当時の日本人が理解していればなあ
彼は、東洋経済新報の社説「一切を棄つるの覚悟」で朝鮮台湾満州などの植民地、権益の放棄を。「大日本義の幻想」で軍事による膨義を批判し、平和な貿易立す「小日本義」を提唱した。そして「いかなる民族といえども、他民族の属たるを愉快とするごとき事実は古来ほとんどない」と植民地の人々の心情に対する日本人の想像の欠如も摘した。
239 : ななしのよっしん :2017/12/19(火) 19:30:44 ID: X1tXz0Qkbc
>>237
民の中にも「おかしい」と思ってた人はいたみたい。
だが、二・二六事件を始めとした軍事クーデター治安維持法の悪(当初は共産勢抑え込むためだったが次第に言論弾圧に)などでも軍に逆らえなくなったっぽい。
240 : ななしのよっしん :2017/12/19(火) 19:45:13 ID: RulcEF0zkJ
>>239
加えて閥衰退以降の政党政治が、資本家迎合の腐敗政治で、軍部の方がマシだと民に思われるぐらい失望されてたのがなあ...
日露戦争で負けてアメリカの占領下に入るのを40年くらい前倒しくらいしないと日本人の意識革はどうしようもないだろうな
241 : ななしのよっしん :2018/01/27(土) 21:39:18 ID: sWg51zcI0F
>>233
回りくどすぎるし、どこまで事態を正確に把握してたか分からんが、結局はレンリースに後押しされたソ連は自で押し返してるし、そもそも日本との戦いに突入したら太平洋経由のソ連支援ルートが使いづらくなるし。
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829