くしゃみ講釈単語

クシャミコウシャク
1.1千文字の記事
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

くしゃみ講釈(またはくっしゃみ講釈)とは、落語の演である。

分かりやすい噺から、聴き手としては初心者向けなのだが、演じる方は覗きからくりや講釈の節を謡う技術がめられるため、かなり難しい噺でもある。上方落語の演で、六代笑福亭松鶴笑福亭仁鶴桂米朝桂吉朝桂枝雀など多くの噺が演じており、東京でも三遊亭などが演じている。

あらすじ

ある男が久々大坂に戻ると、横町の化け物屋敷の様子が変わっていると友人に尋ねる。すると、屋敷跡にも買い手が付かないので、そこに講釈の席が出来て大変な入りだという。しかし、その講釈師の名を聞くや男は号泣。実は、美人で評判の小間物屋のしくなり、縁談手前まで行ったが、二人で河原んでいた所、その講釈師が現れ、を自分の鼻になすりつけられたせいで、ムードを台しにされただけでなく、そのと破談になってしまったというのである。

男はその講釈師に復讐したいと奮するが、それならばと友人は八屋で胡椒を2銭買ってこいと告げる。だが、この男は物覚えが悪すぎる。あまりにコロコロ忘れるので、友人は男の好きな覗き絡繰り「八屋お七」を安にしたらいいと助言を送った(お七の相手が小姓の吉三《きちざ》なので)。こうして、彼は八屋に行くが、到着するや男はまたど忘れ。それでいきなり、八屋の前で覗き絡繰りの節をそっくり謡い出すのだが、それでもなかなか思い出せない。だが、八屋の方が「小姓の吉三」から「胡椒」を買いに来たことに気付くも、生憎胡椒は売り切れ。代わりに唐辛子の粉でもえぐいくしゃみが出ると教えられ、男は丸一日がかりで唐辛子の粉を買ってきた。

二人が講釈場に辿り付くと、さっそく一番前に座り、火鉢も用意してもらった。しばらくして、講釈が始まる。男はすっかり聴き入るが、友人が「やるならくやれ」と嗾けられ、思い出したように唐辛子をくすべる。しばらくして、講釈師の様子が変わり、くしゃみが始まる。最初に一発、二発、次第にくしゃみが止まらなくなり、彼はお客にお詫び挨拶をすると、客はぞろぞろ帰っていった。

だが、男と友人だけは待ちかねたように、ここぞとばかり叱する。講釈師も「貴様ら何か私に故障(文句)でもあるのか?」とねると、男はしたり顔

胡椒がないから、唐辛子くすべたんや」

関連動画

関連商品

くしゃみ講釈に関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連コミュニティ

くしゃみ講釈に関するニコニコミュニティ紹介してください。

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%81%8F%E3%81%97%E3%82%83%E3%81%BF%E8%AC%9B%E9%87%88
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

くしゃみ講釈

1 ななしのよっしん
2019/02/01(金) 11:13:03 ID: p8LaLMJazf
話自体はすごくよくできてて大好きだけど
今はのぞきからくりって物に染みがないばかりか存在すら知らない人も多いから
あんまり初心者向けではないような

急上昇ワード改