編集  

みらいのねいろ単語

ミライノネイロ

みらいのねいろ』とは、ボランティアサークルD.P.H.」が実施する海外内にボカロ文化を紹介する非営利イベント。開催アメリカ台湾ドイツ等複数にわたる。

概要

宰の正木が1人で立ち上げ、2008年アニメエキスポにてファン交流会を開催した後は、アメリカ台湾ドイツ等で開催。2012年現在海外で開催される数少ない(一?)非企業ボカロイベント
特に2009年からは北最大のアニメ・コンベンションであるアニメエキスポに毎回参加し、その度に1,000人近くの参加者を集める。

発表内容は、会場を借りてのVOCALOID-PVの上映やVOCALOIDの紹介、日本海外ファン同士の交流会。さらに、MMD作品の紹介やアミッドスクリーンの上映、VOCALOIDプロデューサーゲストに招待する等ボカロ文化周辺までを含めた多岐にわたる。開催はアニメエキスポ海外アニメ漫画イベント内やその近辺で開催。

平仮名で書かれているのは、日本語初心者外国人の方が読めるようにしたため。「みらい」は、初音ミクミク未来をもじっている。英語の名称は「The Sound of the Future」

宰の正木は、北最大のAnime Expo2006年より参加しており、現在スタッフ兼アドバイザーも務める。サークル名のD.P.H.」の正式名称は「Delusion Production House」、意訳すると妄想を具現化する場所。

なお、非営利団体のため、サークル参加にかかる各経費は基本的に

開催暦

2008年
イベント 内容
7月 アメリカ アニメエキスポ

日本語でおK」 第一回日文化交流会を開催。

アニメエキスポ会場近くのホテルで開催。現地ファン日本人との交流会を開催。30名程度の参加者を集める。

2009年
7月 アメリカ アニメエキスポ

みらいのねいろ -The Sound of the Future 2009-」を開催。

正木が個人で企画を行い、日本人として初めてファンネルに採用開催される。VOCALOID-PVと、北ファンへのクリエイターからのメッセージ
翻訳し上映する。700人以上の参加者を集める。

日本語でおK」 第二回日文化交流会を開催

アニメエキスポ会場近くのホテルで開催。現地ファン日本人との交流会を開催。40名程度の参加者を集める。

2010年
7月 アメリカ アニメエキスポ

みらいのねいろ -The Sound of the Future 2010-」

同人PVを多く紹介し、PVメイキングビデオを紹介する。約900名の参加者を集める。

日本語でおK」 第三回日文化交流会を開催

アニメエキスポ会場近くのホテルで開催。現地ファン日本人との交流会を開催。50名程度の参加者を集める。

9月 ドイツ コンニ
(Connichi)

みらいのねいろ -The Sound of the Future 2010-」

欧州初のイベントを開催する。日本からゲストとしてクリエイターZANEEDSを紹介する。

日本語でおK」 第一回日独文化交流会を開催

コンニ会場会場近くのホテルで開催。現地ファン日本人との交流会を開催。20名程度の参加者を集める。

2011年
7月 アメリカ アニメエキスポ

みらいのねいろ -The Sound of the Future 2011-」

日本から、3名のVOCALOIDプロデューサーを招待。

すんzりヴぇrP
PENGUINS PROJECT
ZANEEDS

またスペシャルゲストとして、ヤマハ社の剣持氏を招聘。
1,000名以上の参加者を集める。

日本語でおK」 第四回日文化交流会を開催

アニメエキスポ会場近くのホテルで開催。現地ファン日本人との交流会を開催。80名程度の参加者を集める。

9月 ドイツ コンニ
(Connichi)

みらいのねいろ -The Sound of the Future 2011-」

日本から、ヤマハ社の剣持氏、AHS社代表の尾形氏をゲストとして招聘する。

11月 日本

ボーカロイド文化祭

内初のイベントとして開催、ニコニコ学会でも人気の高いアミッドスクリーンの上映システムの紹介や、トークショーVOCAJAZZライブを開催する。

トークショーゲストAHS社代表の尾形氏、三原龍太郎氏をゲストに招聘

2012年
5月 ドイツ ニッポンコネクション(NipponConnection)

日本映画祭Nippon Connection(会場フランクフルト大学)に協
上映会、講演会が開催されAHS尾形氏が参加。80名程度の参加者を集める。

5月 台湾
(台北)

みらいのねいろ in 台北

アミッドスクリーンの上映やVOCALOID調法、アミッドスクリーンシステムの紹介を開催。日本から、下記の3人を招待。

参加者230名(内日本からの参加者15名)

ニコニコ生放送台北から行う(日台両生放送
来場視聴者数:36621人 コメント数:33440

<ゲスト>
青木敬士(アミッドP)/ 日本大学術学部 文芸学科准教授
福岡デジタルハリウッド大学 情報編集科教授
三原龍太郎ポップカルチャー研
かごめPVOCALOIDプロデューサー
ざにおパイパンP) / VOCALOIDプロデューサー
剣持秀紀 / ヤマハVOCALOID開発 ※ビデオレター特別参加

6月

ドイツ ヴィー・マイ・カイ(Wie.MAI.KAI)

ヘッセン州都ヴィースバーデンのアニメ・コンベンション。

アミッドスクリーン上映会日本語教室ボカロファン交流で使える日本語講座」を開催。上映会メイン舞台イベントとして開催され、300人以上を動員。日本語教室にはゲストに在フランクフルト日本総領事が参加。

アメリカ アニメエキスポ

みらいのねいろ -The Sound of the Future 2012-」
2部に分けて開催。(1部はアニメエキスポ内で2回実施)

第1部(VOCALOID-PV紹介、アミッドスクリーン上映会を2回)

第2部(ゲストVOCALOIDプロデューサーによるトークショー

<ゲスト>
アゴアニキ
かごめP
デッドボールP
Dixie Flatline
ぼーかりおどP

VOCALOIDワークショップ

ヤマハVOCALOID開発 剣持秀紀氏による講演

日本語でおK」 第五回日文化交流会を開催

アニメエキスポ会場近くのホテルで開催。現地ファン日本人との交流会を開催。60名程度の参加者を集める。

7月 ドイツ コスデイ
(Cosday)

フランクフルトアニメ・コンベンション。アミッドスクリーン上映会日本語教室を開催。上映会300人以上を動員。

8月 ドイツ フランクフルト

AHS尾形氏と秋葉プロレスラー菊タロー氏を迎え、ドイツボカロファンボカロ交流会を実施。

会場はフランクフルトコスプレショップコスチューム・シュピール(Kostuemspiel)30人程度の参加者を集める。
同会場ではAHS社の公式生放送も行われた。(当時の放送:AHS公式生放送第25回(フランクフルトより)

9月 ドイツ コンニ
(Connichi)

アミッドスクリーン上映会とパネルを開催。上映会では350人以上を動員。

ネルではゲスト福岡氏とボカロPさつき が てんこもり氏を招き200人程度を集める。
どちらの会場も満員になるほどの盛況となる。

コミュニティ

関連リンク

関連項目


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%81%BF%E3%82%89%E3%81%84%E3%81%AE%E3%81%AD%E3%81%84%E3%82%8D
ページ番号: 4956517 リビジョン番号: 1730792
読み:ミライノネイロ
初版作成日: 12/09/02 00:00 ◆ 最終更新日: 13/01/23 23:29
編集内容についての説明/コメント: 誤字修正
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

みらいのねいろについて語るスレ


まだ掲示板に書き込みがありません… 以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • みらいのねいろについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


急上昇ワード
ニコニコニューストピックス