アルバン・ウィリアム・フィリップス単語

アルバンウィリアムフィリップス

ビル・フィリップスことアルバン・ウィリアムハウスゴー・フィリップスAlban William Housego Phillips、1914〜1975)とは、ニュージーランドまれの経済学者である。

概要

ニュージーランド出身者では恐らく史上最高の経済学者であろう。だが生涯のほとんどを過ごし業績を為した場はイギリスロンドンである。また残念ながらネガティヴな方向でではあるが、日本とも浅からぬ縁をもつ人物である。

1958年に発表した「フィリップス曲線」(Phillips curve)は同時代の経済学者政治学者に多大な影を及ぼし、また現在に至るまでマクロ経済学における重要な基礎理論のひとつとなっている。

生涯

フィリップス曲線

一言で言えば、インフレ率と失業率がトレードオフの関係にあることを示す図である。

トレードオフとは2つのうち、どちらかを上げるともう一方が下がる関係である。例えば、遊ぶ時間を増やせば勉強する時間が減る。勉強する時間を増やせば自由に使える時間が減り、両方を同時に増やすことはできない。なので自由時間と勉強時間はトレードオフの関係にあるといえる。

フィリップス曲線

これは正確には「物価版フィリップス曲線」という。インフレ率が高くなると失業率が高くなってしまうことが分かる。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%90%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%97%E3%82%B9

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

アルバン・ウィリアム・フィリップス

1 ななしのよっしん
2015/11/05(木) 18:48:51 ID: Y8UHH94eV7
トレードオフなんだからインフレ率が高くなれば、失業率が下がるんじゃない?最後の文……。