ウェイソン選択課題単語

ウェイソンセンタクカダイ

ウェイソン選択課題または4枚カード問題とは、1966年に考案された論理パズルである。

概要

ウェイソン選択課題は、イギリスの認知心理学者P. C. Wasonによって考案された、次のような問題である。

ここに、4枚のカードがある。各カードの片面にはアルファベット(A~Z)のいずれか、もう片面には数字(1~9)のいずれかが書かれている。

AK47

いま、いく枚かのカードを裏返して、「カードの片面にが書かれているならば、もう片面には偶数が書かれている」という仮説が正しいかどうか確かめたい。裏返す必要のあるカードのみ示せ。

解答

A」のカードと「7」のカードの2枚を裏返す。

解説

カードについて、それぞれ裏返す必要があるか考える。

  • 音「A」のカードを裏返すと仮定する。
  • 子音「K」のカードを裏返すと仮定する。
  • 偶数「4」のカードを裏返すと仮定する。
    • 音であろうと子音であろうと仮説に反しない。子音のカードの裏は偶数であっても構わない。
  • 奇数「7」のカードを裏返すと仮定する。
    • 音であれば仮説に反する。音か子音か確かめなければならない。
    • 子音であれば仮説に反しない。

以上より、裏返して確認しなければならないのは、「A」のカードと「7」のカードの2枚である。

K」のカードと「4」のカードは裏返す必要がない。しかし、「4」のカードを裏返す、または「7」のカードを裏返さないとする誤答が多い。これは、「4」のカードの裏が音であることを確かめることで仮説を強めようとする心理や、「7」のカードを裏返さないことで仮説の反を避ける心理があると考えられ、確証バイアスの一種として説明される。

命題と対偶

この論理パズルは、命題「PならばQ」の対偶「QでないならばPでない」を考えることでも解ける。

  • 命題:「カードの片面にが書かれているならば、もう片面には偶数が書かれている」
  • 対偶:「カードの片面に奇数が書かれているならば、もう片面には子音が書かれている」

命題対偶偽は一致する。しかし、逆「QならばP」や裏「PでないならばQでない」の偽と一致するとは限らない。誤答を導いてしまう一因として、命題とその逆・裏・対偶偽の関係についての誤解があるとも考えられる。

正答率が上がる出題

ウェイソン選択課題は、社会規範や道徳に関する身近なテーマを扱うと、正答率が高くなることが知られている。

4人が飲み物を飲んでいる。A氏はジュース、B氏はビールをそれぞれ飲んでいる。C氏とD氏が何を飲んでいるかは分からないが、2人の年齢はそれぞれ16歳、24歳である。

このでは、満20歳以上でないと飲をしてはならない。の年齢、飲み物を確認するとよいか。

  • 命題:「満20歳以上でないならば、飲をしてはならない」
  • 対偶:「飲をしてよいならば、満20歳以上である」

以上より、ビールを飲んでいるB氏の年齢と、16歳のC氏の飲み物を確認するとよい。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%82%A4%E3%82%BD%E3%83%B3%E9%81%B8%E6%8A%9E%E8%AA%B2%E9%A1%8C

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ウェイソン選択課題

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • ウェイソン選択課題についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!