ゴエモンコシオリエビ単語

ゴエモンコシオリエビ
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

ゴエモンコシオリエビとは、深さ1000mかそれ以上の深海底に生息する甲殻類の一種である。

概要

大きさは5cm程度で普通カニくらい(コシオリエビ仲間としては大)。沖縄トラフという、琉球の北側に沿った海底のくぼみに生息している。
学名をShinkaia crosnieriシンカイア・クロスニエリという。まさに日本深海を代表する生き物というわけだ。

そもそもコシオリエビとは、広い意味ではエビ仲間と言えないこともないが、異尾類、つまりヤドカリ仲間に属する生き物である。
大きなハサミや甲羅がある見たカニに似ているが、甲羅の幅が狭く、また尻尾状の部分が大きいところは少しエビに似ている。エビを曲げたままにしているように見えるので「折り海老」。
異尾類は短尾類、つまりカニ仲間とも関係があるようだ。

まったくが届かないくらい深いところにいるので複眼は退化している。また他の生き物からも見えないので全身が。色素自体を失っているので、いというより生成りの甲羅といったところか。くなる色素がないのでゆでてもくならない。
同じ深海性のオオコシオリエビだけはかすかに届く200m程度の深さにいるためい甲羅と大きな複眼をもっているのとは対照的である。

シオリエビ仲間深海だけでなく明るい珊瑚礁などを含む様々な場所に生息しているが、ゴエモンコシオリエビは深海の中の熱噴出孔の周囲に特別に生息している。
ゴエモンコシオリエビが生息する1000m以上の深海ともなると圧により温が100℃以上になってもが沸騰せず、液体のまま保たれる。
そのため、深海に噴き出す温泉は非常な高温となり、様々な物質が溶け込んでいる。これが熱噴出孔である。
硫化水素が含まれる熱にはその硫化水素分解することでエネルギーを得るバクテリアが生息するようになり、これによりの届かない深海でも栄養が確保されることとなり、これを基にした生態系が生まれた。ゴエモンコシオリエビもその一員である。
ゴエモンコシオリエビの胸元に当たる部分には体毛が密集したところがあり、ここに硫化水素分解するバクテリアが生息している。ゴエモンコシオリエビは栄養であるバクテリアを自分の体に常に確保して生活しているのだ。ときどきハサミで体毛からバクテリア膜をこそげ取り食べる。
他にもカニの一種ユノハナガニ、エビオハラエビ二枚貝シンカイヒバリガイ、鰓動物類のチューブワームなどがこのような化学合成生物群集に属する。
名前のゴエモンとは、深海温泉に生息することから釜茹での刑に処された石川五右衛門にちなむ。といっても温自体は冷めた部分で生活している。

近年、JAMSTEC新江ノ島水族館が飼育に成功している。潜水病を防いで生きたまま引き上げるのが難しいとのこと。

関連動画

関連生放送

JAMSTEC公式サイトでは2014年4月6日まで中継が続けられ、その間産卵が確認された。関連リンク参照。

関連リンク

Webナショジオ 海の研究探検隊 JAMSTEC 第1回 胸毛がワイルド!ゴエモンコシオリエビ生け捕り作戦exit

深海生物ゴエモンコシオリエビ生中継exit

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B4%E3%82%A8%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%82%B3%E3%82%B7%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%82%A8%E3%83%93

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ゴエモンコシオリエビ

1 ななしのよっしん
2014/02/23(日) 19:46:35 ID: HpvjKYcXro
1g
作成者さんです
2 ななしのよっしん
2014/02/23(日) 19:46:37 ID: 9TQjYUZvvZ
記事乙
3 ななしのよっしん
2014/03/01(土) 21:43:17 ID: lR7wDPgvct
シオリエビの大きさは甲長で計るが5cmは大(通常の種は1~1.5cm
4 ななしのよっしん
2014/05/09(金) 16:00:06 ID: mvGdHHQnTa
深海胸毛牧場はなかなかのセンスだと思う
5 ななしのよっしん
2014/10/15(水) 22:46:50 ID: RoUEGuILTJ
今回初めて胸毛が本当に牧場であると立されたそうです。
http://www.jamstec.go.jp/j/about/press_release/20141014/exit
6 ななしのよっしん
2020/05/05(火) 01:47:51 ID: mp4TRxCJyz
ユノハナガニの記事はないのにこちらはあるのか…