ジャッド単語

ジャッド

ジャッド(JUDD)とは、

  1. 英語圏の苗字ファミリーネーム)または男性の名前。
  2. イギリスにあるレーシングエンジンメーカーエンジン・ディベロップメント社のブランド名である。本項ではこちらについて紹介する。

概要

1971年に、ジョン・ジャッドと元F1チャンピオンジャック・ブラバムの手によって設立された。
当初はF1エンジンとして普及したフォードコスワースDFVエンジンチューニングを手掛けていたが、F2に参戦していたホンダエンジンチューニングも手掛けるようになり、ホンダとの関係を強くしていった。

1983年に、当時のインディカー(CART催)向けの2.65L V8ターボエンジンホンダと共同で開発、のちにジャッドAVエンジンと名付けられた。

1985年には、F2に代わって開催されるF3000エンジンホンダと共同開発、同じV8レイアウトのジャッドAVをベースに開発され、ジャッドBVと呼ばれた。
これはホンダの手によって、1986年ホンダRA386Eとして投入された。1987年には全日F3000にもRA387Eが投入されたのち、翌年には限によるチューニングとなり、MF308として供給された。内では2005年まで使用されている。

1988年には、F1世界選手権エンジン規定でターボエンジンが禁止されるのに伴い、ジャッドBVエンジンをもとに3.5Lに排気量を上げたジャッドCVエンジンを開発、マーチウィリアムズ、リジェ(1989年ロータスに供給)に供給された。最高位は1988年マーチによる2位
1989年にはマーチからの要により、Vバンクを76度にしたジャッドEVエンジンを開発、同年にマーチに先行供給したのち、1991年までカスタマー供給された。最高位は1990年マーチレイトンハウスによる2位

1991年にはV10レイアウトにしたジャッドGVエンジンを開発、ダラーラに先行供給されたのち、翌年にはアンドレアモーダ、ブラバムに供給された。最高位は1991年ダラーラによる3位。
このエンジンスポーツカーレース向けとして、マツダMV10の名で供給したのち、排気量をアップさせたGV4、GV5を開発している。

1992年には、独自開発していたヤマハ発動機と提携、同社の5バルブ機構を搭載したOX10として開発、翌年にティレルに供給された。1995年には3.0Lに排気量が変更されるのに伴い、ショートストローク化されたOX10Cとなった。

1996年には新開発のOX11(ジャッドJV)をヤマハ発動機と共同開発、同年にティレル、翌年にはアロウズに供給された。1997年にはデイモン・ヒルによってあわや優勝だったものの、ファイナルラップトップを奪われ、2位となった。
1997年ヤマハが撤退したのに伴い、ジャッドもF1との関わりを終えた。 

一方で1996年には、F3000選手権がワンメイク化されるのに伴い、新開発のジャッドKVエンジンを開発、ザイテックの手によって供給された。2005年GP2へ転換されるまで使われ続けた。

2012年にはインディカーシリーズグループロータスからの要請で2.2L V6ターボエンジンを開発したものの、パワー不足などによってその年で撤退した。

関連動画

関連商品

ジャッドに関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連コミュニティ

ジャッドに関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%83%E3%83%89

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ジャッド

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • ジャッドについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!