ファイナルラップ単語

ファイナルラップ
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

ファイナルラップとは、

  1. 周回レースにおける、最終周回のこと。
  2. ナムコ(現・バンダイナムコエンターテインメント)が開発したアーケードレースゲーム。本稿で説明。

概要

1987年アーケード用大筐体ゲームとしてデビュー82年に発売された「ポールポジション」の流れをむ、F1モチーフとした後方視点レースゲーム業界で初めて筐体同士を接続して多人数対戦を実現したのがこのファイナルラップである。最大8人でレースができたということで大ヒットを飛ばした一方、見ず知らずの人とレースを巡ってトラブルになるという事例もあったようだ。(この頃は乱入禁止の設定なんてなかったので、見ず知らずの人とレースになることもよくあった)

ゲームルール自体は一般的なアーケードレースゲームと同じく、制限時間内に周回コースを規定回数周回するというもの。スタートラインを通るごとに制限時間が加算される。通信対戦の時はトッププレイヤースタートラインを通ると全員同時に制限時間が延びるので、か一人が時間切れで途中脱落する、ということはない。

下位のプレイヤーに対してタイヤの性、加速、最高速プラス補正がかかるシステムが搭載されており、実差がある相手とも熱したレースが楽しめるようになっていた。下位プレイヤーゴムで引っられるような様子から「ラバーバンドゴムひも)効果」と言われるが、本作のタイトルから「ファイナルラップ効果」と呼ぶ人も一部いた。

席ごとに異なるペイントF1カー(当時のF1に実際に出ていた車両とほぼ同じ配色だが、ゲーム中では名前はでてこない)や背景など、グラフィックリアルな描き込みも特徴であった。

後にこのシステムを元にしたバイクレースゲームスズエイトアワーズ」も発売されている。

ファイナルラップ(初代)

1987年発売。コース鈴鹿サーキットの1つだけだった。

ファイナルラップ2

1990年発売。コースU.S.A.インディアナポリスイメージしたオーバルコース)・Italy(モンツァ)・Japan鈴鹿)・Monaco(モンテカルロコース)の4コースから選択可に。対戦時は多数決で選ばれる。

ファイナルラップ3

1992年発売。ファン投票で選ばれた、シルバーストーン・ポールカール・カタロニア・イモラの4サーキットを収録。

ファイナルラップR

1994年発売のシリーズ最終作。FIA・FOCAのライセンスを取得、さらにフジテレビタイアップして公式マシンコース再現した。ホッケハイリンクハンガロリンク・スパ=フランルシャン・インテルラゴスの4サーキットを実名収録。またチームロゴが描かれたり、ドライバーヘルメットの描写も詳細になっている。

関連動画

関連商品

ファミコンPCエンジン移植はされているが、移植はこれまで一作もない。

関連コミュニティ

ファイナルラップに関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%83%A9%E3%83%83%E3%83%97

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ファイナルラップ

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • ファイナルラップについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


急上昇ワード

2019/10/17(木)17時更新