トヨタ・コロナエクシヴ単語

トヨタコロナエクシヴ

トヨタ・コロナエクシヴ(CORONA EXiV)とは、トヨタ自動車1989年から1998年まで販売していた中セダンである。

概要

1989年発売のハードトップセダン
ラットフォームはセリカと共有しており、実質的なコロナクーペの後継モデルである。
クーペが欲しいけど子供がいる」若年ファミリー層をターゲットに開発されたではあるが、全高が1,320~1,325mmとスポーツカー並みに低く抑えられており、スタイルの流麗さを重視しているため居住性はあまりよくない。このことから、販売当時には姉妹であるカリーナED共々、かの徳大寺有恒から存在意義をほぼ全否定されたでもある。 2代目の登場時は所謂"RVブーム"でセダンの需要が減少しており、販売成績は芳しくなかったという。
名のEXiVは「Extra Impressive」の略称で、日本語での表記は「エクシブ」ではなく「エクシヴ」が正しい。

歴史 

初代(T180系、1989年~1993年)

1989年9月発売。
カリーナEDと同じくハードトップセダンであるが、ボディパネルドアを除いて専用品であった。
内装部品はカリーナEDと共通であったが、エクシヴにのみ当時の流行であったモーブ(マルーン)内装が設定されていた。
バブル中に発売されたため、10スピーカースーパーライブサウンドシステムデュアルモード4WSなどのな装備が設定されていた。
エンジンは4S-Fi(1800cc Ci ハイメカインカム)、3S-FE(2000cc EFI ハイメカインカム)、3S-GE(2000cc EFI ハイメカインカム)を用意、トランスミッションは5速マニュアルと4速オートマチックが設定されていた。

1990年8月には一部良を実施。
1800ccエンジンがCi搭載の4S-FiからEFI搭載の4S-FEに変更され、全EFI化された。

1991年8月にはマイナーチェンジを実施。
外装デザインが変更され、サイドドアビームの採用や安全装備の全グレーオプション設定化など、安全性が強化された。
後期の2.0TR-Gは刑事ドラマ刑事貴族3」の劇用として採用され、ある理由でリアシートが破壊された話がある。

1993年には2代目へとモデルチェンジ

TVCMは当初はオリジナルCMであったが、1990年頃からイギリス女性シンガーソングライタージュリアフォーダムを起用し、楽曲も彼女の作品も使用された。

2代目(T200系、1993年~1998年)

1993年10月発売。
先代よりもボディがサイズアップし、3ナンバーとなった。
1994年にはエクシヴ初のフルタイム4WDモデルを追加。

1995年8月にはマイナーチェンジを実施。
デザインの変更やグレード編成の見直しが行われた。

このモデルは当時人気であった全日ツーリングカー選手権(JTCC)のレースベースカーとして採用されていた。
1995年10月には同レースイメージした特別仕様JTCCバージョン」が追加されている。

このモデルの発売された1990年代前半は所謂"RVブーム"であり、セダンクーペの人気が下降していた時期である。このモデルも例に漏れず販売不振となり、1998年には生産を終了した。

TVCMは当初、怪盗アルセーヌ・ルパンモチーフにしたCMルパンを追う警官役にフランス人の俳優ジャンクロード・ドレフュスを起用をしていたが、1995年マイナーチェンジ以後は、俳優・本木を起用した。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%88%E3%83%A8%E3%82%BF%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%83%AD%E3%83%8A%E3%82%A8%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%B4

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

トヨタ・コロナエクシヴ

1 ななしのよっしん
2012/08/10(金) 23:45:43 ID: SbEkYcAFpD
記事作成乙
JTCCの影で好きになったな~
すらっとした外見だっただけに生産終了がショックだった