4WD単語

フォーダブリューディー
  • 5
  • 0pt
掲示板へ

4WDとは、エンジンから伝達された駆動を4つのタイヤすべてに配分できる駆動形式のことである。

AWD(All-Wheel-Drive:全輪駆動)、もしくは四駆と表現されることもある。

概要

オフロード車両ラリー競技車両や、一部のスポーツカーセリカGT-FOURインプレッサランサーエボリューションスカイラインGT-Rなど)に多く見られる。

4WDと一言に言っても、フロントエンジンを置くもの、ミッドにエンジンを置くもの、リアエンジンを置くものがある。多くの4WDフロントエンジンだが、ランボルギーニブガッティミッドシップポルシェリアエンジンの4WDを生産している。

特徴

FFFRMR、RRなどの2WDにべてトラクション性に優れる。これは前輪、後輪にしろ2つのタイヤで地面を蹴るよりも4つのタイヤで地面を蹴るほうが加速面で効果的だからである。

加速の際、間的に強大な駆動を与えられたタイヤグリップ限界えるとホイールスピンを起こして加速を大幅に損失してしまうが、4WDは2WDにべて同じ駆動を与えられた場合ホイールスピンしにくい。
理由は前述のとおりトラクション性の違いから来ている。このことから特にスポーツ走行等、タイヤにとって加速面でハードな場面ではパワーのあるクルマほど4WDのトラクション性は際立ってくる。4WDがに強いと言われているのも、このトラクション性のため。砂漠、沼地、氷上などグリップの非常に悪い路面を走行することの多いオフロード車両ラリー競技などでは、ごく一部の種を除けば4WDを選択することはもはや常識とすらいえる。

しかし4WDであるが故のデメリットも存在する。2WDにべて駆動パーツ点数が増えるため、体重量は確実に重くなり、コストが高くなり、整備性も劣る。

4WDであれば加速競争に必ずしも優位性を保てるわけではない。持ち前のトラクション性に大パワーを活かして加速したとしても、パワーで劣る2WDにも軽量さを活かした加速に負けてしまうこともある。

また、体重量の増加は慣性重量の増加と直結し、運動に悪影をもたらす。旋回中の遠心力は重量が大きいものほど影するため、これまた軽量なクルマほど(剛性やグリップが同一ならば)より高い速度コーナーを旋回できる。

以上のことから4WDの特性を活かした走りが見えてくる。弱点であるコーナーは十分に減速し、すみやかに旋回する。体の方向が向きたい方向を向いたら得意の加速に全を傾ける。いかにく加速段階に持っていけるかが4WDの勝敗を左右する。

 

あえて配分「できる」と記したのは、通常走行では2WDでも、必要な場面でのみ4WDに切り替わる機を備えた4WDが存在するため。

4WDのタイプ

基本エンジンは1個しかないため、前と後ろに動を分配しなければならない。その方式で4WDでも特性が大きく変わる。

パートタイム方式

前後をつなぐプロペラシャフトミニ四駆のあれと同じ)に、接続したり切り離したりを切り替える装置(ドグクラッチ)を設けたタイプ。切り離したときは2WDとなるのでパートタイム4WDと呼ばれる。

なぜ切り離すことが必要かというと、曲がるときに前輪と後輪の通る円の大きさ=タイヤの回転速度が違うので、

プロペラシャフトをねじる理なが発生するためである。

(大バスが交差点を曲がるところを想像するとわかりやすい)

オフロードであれば先にタイヤが滑って理なが発生しにくいが、舗装路ではタイヤが滑らずに駆動系にダメージを与えたり、大きな抵抗が発生する(タイブレーキング現)。間違っても高速道路を4WD状態で走ってはならない。

一方、4WD状態ではタイヤが浮くような岩場や滑りやすい路面でも、前後のタイヤにきちんとが加わるので、本格的なオフロード走行に適している。

これらの特徴から、走行条件をきちんと判断し適切に切り替えができる玄人ドライバー向けの方式といえる。

そのため採用される種も本格オフロード向のが多い。

例:ジープジムニーハイラックス

フルタイム方式

プロペラシャフトん中に取り付けたセンター・デフ(ディファレンシャルギヤ=差動歯車)を介して動を分配するタイプ

前後の速度差を吸収するデフがついているので、前述した用な切り替え操作を必要としない。

一方デフには、片方のタイヤ空転するとそちらに全動が集中し、もう片方のグリップしているタイヤには動が伝わらなくなるという厄介な性質がある。この対策として、リミテッドスリップデフ(LSD)という空転を抑制する装置があるが、前述のパートタイムほどの効果はない。

フルタイム・パートタイム切り替え式

フルタイム4WDでありながら、パートタイム4WDのように前輪の駆動を停止できるタイプ

2WDの低燃費性と、4WDが持つ滑りやすい路面での安定性を兼ねそろえている。さらに、デフを直結(デフロック)状態に切り替えることで、片方のタイヤ空転するような悪路でも走破することが可である。

例:パジェロデリカ)、ランドクルーザー

スタンバイ方式

普段は2WDであるが、駆動輪の滑りを検知した場合に4WDに移行するタイプ

プロペラシャフトの間にクラッチを設けて、動の伝達を切り替える仕組み。

例:GT-R

電動4WD

プロペラシャフトを持たず、駆動輪ではない側をモータで駆動するタイプ

軽量でシャフトを通すスペースが不要というメリットがある一方、モータの出が小さいので、どうしても走破性の面では劣る。

またモータに対する電を確保するために、HV電気自動車と組み合わせるのが一般的である。

例:プリウス

記事のある主な4WD車

大百科に記事のある4WDを随時追加してください。ただし列挙しすぎないように…)

関連動画

余談

に4WDといたずら書きされたの画像が存在しており、それにちなんで四つん這いをしたキャラクターや妙な形の4脚の乗り物に4WDタグが付くことがある。

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 5
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/4wd

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

4WD

21 ななしのよっしん
2015/09/05(土) 21:53:09 ID: 8smD/arANh
軽トラは?
22 ななしのよっしん
2015/11/22(日) 18:16:38 ID: MP9BXmSdci
親族が皆「よんだぶるでぃー」って読んでたからずっとそう読むもんだと思ってた件
23 ななしのよっしん
2015/12/22(火) 21:14:13 ID: 7y2HGjCB2H
>>22
むしろフォーダブルディーって読む人いるの?
24 ななしのよっしん
2016/01/22(金) 18:01:41 ID: Fc/4cJiquj
>>23
私だ
25 ななしのよっしん
2016/03/07(月) 08:47:07 ID: A0goTYd4i/
>>24
お前だったのか
26 ななしのよっしん
2016/12/29(木) 21:38:01 ID: /1E8ebqYjX
ブルーノ一輪ではないのか
27 ななしのよっしん
2018/04/07(土) 06:21:24 ID: 9DgouZirR1
は四駆じゃないと場がキツい
高が低い後輪駆動なんて落ち着いて運転出来たもんじゃないよ
28 ななしのよっしん
2018/09/04(火) 09:22:56 ID: 359jdeHE52
こないだ調べたら、エンジンが2つ載った4WDも存在してるんだな
1995年パイクスピークで優勝したエスクードがそれらしい
29 ななしのよっしん
2018/09/04(火) 20:47:42 ID: m7Oflf/e+v
>>28
モンスター田嶋のツインエンジンカルタス/エスクードも面いが、CAN-AMで走ってたMAC's IT SPECIALなんかエンジン4つだぞ。
ゲテモノ中のゲテモノで実際まともに走らなかったが。
30 ななしのよっしん
2018/09/07(金) 19:26:25 ID: Rtk27nvW06
、今までフルタイム4wdっずーっと四輪駆動で走ってると勘違いしてたよ…。そうじゃないのもあるのね。
基本FF距離稼ぎたい気持ちはわかるけど…でも、じゃ燃費もヘチマい気がするんだよなぁ…。

急上昇ワード

2019/12/06(金)11時更新