帰宅難民単語

キタクナンミン
1.2千文字の記事
  • 2
  • 0pt
掲示板へ

帰宅難民とは、交通障、または災害によって自宅へ帰宅することが困難な状態となった人のことである。

概要

日常の中で多くの人が学校や勤務地に向かうために自転車自動車電車バスなどの交通手段を利用する。 これらは、日常穏である時は何の障もなく的地に着くことができ、用事が終われば自宅へ帰るという往復の経路になっている。
しかしながら、勤務地または学校についた後、極度の悪災害、または大規模停電などが発生し、通勤通学経路が物理的に遮断[1]されたり、電車では運転見合わせや大幅なダイヤの乱れ等が起きると、自宅に帰ることが困難となる。

これらの「帰宅」することが困難で、公園などにあふれかえった人のことを、何らかの理由で自を離れざるを得なくなった、言い換えれば本来の自分の居住地に帰れない人々、いわゆる「難民」になぞらえて「帰宅難民」と言う。

特に地方ではそもそも交通手段が限られているため、1つの交通機関ストップしただけで地域の通勤通学者が一気に帰宅難民と化してしまう場合がある。なにしろ都心とは距離が全く違うので、520分の区間が15kmくらいあったりする。仮に歩いて帰るとなると3時間前後かかる事になり、現実的とは言い難い。[2]

一方で、単に都心で一部の路線が運転見合わせとなっただけでは帰宅難民が発生することはあまりい。これはそもそも距離が短く場合によっては割と現実的な所要時間で歩ける場合があることや、都心の交通網が高密度にり巡らされており、徒歩数分で別の路線を利用することができるケースなどが多く、「に帰り着くルートが全くい」ケースが発生しにくいためである。
とはいえ、大規模災害や広域的な悪で広範囲に運転見合わせとなったり、土砂崩れのように物理的に路線が寸断されるような事態になったりすると打つ手がなくなってしまい、またその人数も地方よりかに多いため、ひとたび帰宅難民が都心で発生すると大事になってしまいやすい。

大規模な帰宅難民の発生事例としては2011年3月11日東日本大震災があるが、もちろん発生原因は震災に限らず、災害台風、大等によって電車が広域的に運転見合わせとなるなどして代替ルートもとれず帰宅・帰省できない場合にも帰宅難民と呼ばれる。

なお、1995年阪神・淡路大震災でも一部の人が帰宅難民になったものの、発生がだったことで多くの人が勤務前であり自宅にいたこと、また、そもそも「帰宅難民」という表現自体が較的新しい言葉であることもあり、さかのぼって「帰宅難民」と表現する例はあまり見られない。

関連動画

関連商品

関連項目

脚注

  1. *例えば道路が陥没する、裂が入る、冠する、土砂崩れが起きる、…など、自宅へのが寸断されてしまうこと
  2. *ただし、地方では自一家に一台以上が当たり前という事が多く、普段公共交通機関を利用している人でも家族で迎えに来ることができる例も多い。

【スポンサーリンク】

  • 2
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%B8%B0%E5%AE%85%E9%9B%A3%E6%B0%91
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

帰宅難民

1 ななしのよっしん
2021/10/09(土) 22:40:57 ID: IJQk4Ib1Au
帰宅難民が居るなら
国難民も居るのかな?自称かも知らんが
2 ななしのよっしん
2021/10/10(日) 08:46:59 ID: o/Nl1Wlp1F
国難民っていうかそれは世間一般的に単に「難民」とだけ言われるニコ百記事タイトル的に言う「難民(国際問題)」では
3 ななしのよっしん
2021/10/10(日) 09:02:30 ID: sw0dXEngto
アフガニスタンから帰られなかった大使館職員とかかな