栃木市単語

トチギシ
1.2千文字の記事
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

栃木市とは、栃木県南部にあるである。

概要

栃木市
とちぎし
基本情報
日本日本
地方 関東地方
役所所在 栃木県栃木市万町9番25号
団体コード 092037
面積 331.50km2
総人口 159,211
平成27年国勢調査
人口密度 480.27人/km2
チノ
アジサイ
カモ
行政区画テンプレート

地名の由来は開拓したときの中心に栃の木があったという説や明宮の社殿にある10本の千木を十千木と呼んだことからことから名付けられたという説などを始め様々ものがあるがハッキリとはしていない。また漢字表記は江戸時代までは「杤木」が一般的だったが置県で栃木県が成立すると「栃木」に統一されていった。

古くから日光例幣使街道の宿場町として栄え、内を流れる活用し商人の町として知られてきた。明治に入ると県庁が置かれるなど経済だけでなく文化の発信地にもなり宇都宮市小山市に次ぐ栃木県内第三の都市として発展を遂げてきた。

現在栃木県県庁所在地ではないが明治4年から明治17年の間は県庁が置かれ栃木県という県名の由来となった。県庁が移された理由には諸説あり、当時の栃木町が自由民権運動の拠点となっていたのも一因とされている。当時の県庁の建物は現存していないが当時県庁の周囲をめぐらしたは現存し「県庁」として栃木県文化財に定されている。

栃木市を拠点とする企業としては岩下の新生姜でおなじみの岩下食品があり「岩下の新生姜ミュージアム」もある。

山や大平山、岩山、渡良瀬遊池(ラムサール条約登録湿地)、渡良瀬川、思永野などの雄大自然風景と蔵造りの建物を中心とする歴史的な並み、葡萄いちごをはじめとした多農業地帯、大都市への通学・出勤者のベッドタウンなど、文教・観光農業・住宅など様々な要素を高いレベルで併せ持つ。

住みたい田舎ランキングでは毎回上位に顔を出す魅にあふれた、それが栃木市である。

県庁移転の経緯

現在栃木県は、

  1. 明治4年(1871年)に栃木県宇都宮県という2つの県が誕生。
  2. 明治6年(1873年)に宇都宮県が栃木県に併合される。
  3. 明治9年(1876年)に一部のが離脱して群馬県に合流。

という経緯で成立した。

栃木県庁は一貫して栃木町(現:栃木市)に置かれていたのだが、県庁の移転運動が起こり、明治17年(1884年)に宇都宮町(現:宇都宮市)に移転することとなってしまう(移転の理由には諸説ある)。

茨城県群馬県のように県名と県庁所在地が一致しない都道府県はいくつかあるが、栃木県の場合は「元々は一致していた」県であった。

関連動画

関連静画

関連商品

関連リンク

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

栃木市

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 栃木市についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、ニコニコのアカウントが必要です!