浅井氏単語

アザイシ

浅井氏あざいし)とは、江北の戦国大名である。通字は「」。読みは「あさい」とも。

概要

浅井氏は近江浅井を本拠地とした人領であった。正親町三条綱の落胤である浅井重政を祖とするのもあるが、生年があわないのもあり、よくわからない。有なものの1つに近江の在地族であったものと推定される。

近江は当時北に極氏、南に六角氏が勢っており、浅井氏は極氏の一被官という立場であった。極氏は戦国期突入直前までは江北、飛騨、出雲、隠岐の3ヶ半を治める太守であった。(飛騨と隠岐は面積がとても狭いが…)戦国期になると極持清の死後、幼少の極孫童子丸が継ぐも1年で逝し、持清の三男・政経と孫童子丸の極高清の間でお家騒動が勃発した。庶流の浅井直種が政経の子・極材宗に味方して1502年ごろに高清方によって戦死したという。

高清方の勝利となったが、今度は高清の長男極高広と次男・極高吉のお家騒動が勃発し、浅井亮政が高広として活躍。浅見貞則らと共に高清・高吉子を追放、のちに貞則をも追放し、高広を傀儡に据えて浅井氏の当として君臨することも成功した。しばらくは極氏との抗争に明け暮れるが、1550年に和した。

一時期六角氏の従属下に置かれるも、野良田表の戦いで勝利独立を勝ち取る。浅井長政織田信長お市を娶るも信長越前侵攻に反発して挙兵する。の戦いで善戦するも敗れ、1573年に信長臣・羽柴秀吉の猛攻により自害、浅井氏は滅亡した。

しかし、長政のたちによって江戸幕府の将軍の血脈の中へと受け継がれることとなった。

異説

にも浅井氏がいるが、豊臣秀吉は尾浅井氏の庶流という説がある。

=浅井氏略系図=

  • ‖:養子 / 下線付き:養子に行った人物
浅井重政
浅井忠政 浅井直種
浅井直政 三田村定政 浅井清政 浅井亮政 浅井政種 浅井井演
+
浅井政信 浅井惟安 田屋明政 浅井秀信 浅井貞政 浅井久政 浅井 浅井秀政 浅井井伴
浅井政澄 浅井 浅井盛政 浅井長政 浅井政元 浅井政之 浅井井規
+
浅井万福丸 浅井長明 淀殿 常高院 江与 浅井井頼

関連動画

浅井氏に関するニコニコ動画動画を紹介してください。

関連コミュニティ

浅井氏に関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%B5%85%E4%BA%95%E6%B0%8F

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

浅井氏

1 ななしのよっしん
2017/02/26(日) 11:18:17 ID: x1tRv5jAuC
中で頭を表した要因のひとつに利権の調整に関わってを得たってどこかで見たような…
いやがあったから調整役になれたのか?