単語

ミナト

とは、自然の地形、防波などで波から守られて、船が安全に出入りできる沿地域のことである。港湾ともいう。

概要

港は、海洋の沿、河口、河川の沿の沿に位置し、港の内部には船を泊める泊地がある。

水上交通と陸上交通の接点であり、多くの人や荷物が乗り降りするため、都市を形成することが多い(港湾都市)。また港を持たない都市の近くにあって、その都市の物資の輸送に使われる港を外港という。

港は防護の方法によって天然港、良港、人工港の3つのタイプに分けられる。

天然の地形、入江、岬、、河口などによって守られる港を天然港、天然港に防波や浚渫などの良を加えたものを良港、人工物によってのみ守られる港を人工港という。

利用用途によって、商港、軍港、避難港などに分けられる。商港には積荷を積み下ろすためクレーンや運搬のためのフォークリフトがあり、倉庫などの貯蔵施設がある。漁港は商港でとくに産物を扱う港で、加工施設などがある。

一年を通して凍結しない港を不凍港といい、とくに寒冷地域のにおいて重要である。

代表的な港

商港

軍港

人名

苗字

地形姓、もしくは職業姓の一種か。日本各地で散見される。特に北海道に軒数が多くなっている。北東北瀬戸内海地方、鹿児島県でも多く見られる。

漢字として

Unicode
U+6E2F
JIS X 0213
1-25-33
部首
氵部
画数
12画
読み(常用)
コウ
訓読み(常用)
みなと
𣿑
Unicode
U+23FD1
部首
氵部
画数
17
𣽣
Unicode
U+23F63
部首
氵部
画数
16画
意味
港湾、支流という意味がある。〔説文解字〕の本字は𣿑で〔説文・巻十一・新附〕に「なり」とあり分流のこととある。
字形
符は巷(䢽)。巷は里中という意味。
音訓
読みコウ音)、訓読みは、みなと。
規格・区分
常用漢字であり、小学校3年で習う教育漢字である。JIS X 0213第一準。1946年に当用漢字に採用され、1981年常用漢字になった。
港頭・港湾

異体字

  • 𣿑は、〔説文〕の本字。
  • 𣽣は、〔六書故〕に港の本字とある字。
  • 〔集韻〕にいは作るとして、が挙げられている。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%B8%AF
この記事は自動でリンクされないように設定されています!

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 港についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!