石ノ森萬画館単語

イシノモリマンガカン

石ノ森萬画館(Ishinomaki Mangattan Museum)とは、“”・石ノ森章太郎の記念館である。宮城県石巻市所在

概要

石巻市を流れる旧北上にある「中瀬」という中洲にあり、宇宙船のような丸いフォルムが特徴(デザイン案は石ノ森本人によるもの)。石ノ作品の原画や作品世界観を再現した展示、図書ライブラリーやデジタルアーカイブアニメーションの体験コーナーや、オリジナルアニメーションや特撮作品の上映などが行われている。また石ノ作品に限らず、広くマンガアニメに関連する企画展やイベントが随時開催されている。

石巻市全体としても“画の”をスローガンに町おこしが進められており、JR石巻から画館への通りを中心に石ノキャラのモニュメントが点在する「石巻マンガロード」や、石巻に乗り入れるJR仙石線2003年から走るラッピング列車マンガッタンライナー」等を展開している。

歴史

宮城県町(現在の登中田町石)に生まれた石ノ森章太郎は、学生時代映画を観に中瀬にある劇場「岡田劇場」に自転車で通ったことから、石巻を第2の故郷としていた。

1995年、石ノと当時の石巻市長との対談の中で、市長の「石巻のシャッターににぎわいを取り戻したい」という思いと、石ノの「マンガ情報発信を的としたミュージアム」の構想が合致し、中瀬にマンガミュージアムを建てる話が浮上。翌1996年には石巻市が「石巻マンガランド基本構想」を策定、1997年には石ノミュージアムイメージ模型を作成するなど続々と構想が具体化していった。また石ノは、中瀬をニューヨーク中洲・マンハッタンにひっかけて「マンガッタン」と命名している。1998年に石ノが志半ばで死去するも、地元市民らはしっかり遺志を継ぎ画館は2001年に開館。『あぶさん』や『ドカベン』で知られる漫画家水島新司が初代館長に就任した。館長職は2003年に『釣りキチ三平』の矢口高雄バトンタッチ

2011年東日本大震災が発生。画館の建物自体はその流線の形が津波を受け流したのもあってか致命的な被害はなかったものの、1階が浸ガラス割れたり瓦礫が押し寄せたりしたために閉館を余儀なくされた。被災直後は再開の処も立たない状況だったものの、次第に「画館を石巻復シンボルに」という機運が高まり、翌2012年、震災から1年8ヶで再開館にこぎつけた。2013年には展示を追加しリニューアルオープン。(一社アニメツーリズム協会が選定する『訪れてみたい日本アニメ聖地882018年版及び2019年版に施設で選ばれている。

ふるさと記念館

石巻にこの画館があるため、また「いしのもり」と「いしのまき」の感からか石ノの出身地が石巻と誤解されているフシもあるが、先述の通り生地は石巻からは約30km離れた石町である。こちらには一般開されている生から程近くに「石ノ森章太郎ふるさと記念館」が存在する。こちらは2000年開館。三陸自動車道が部分開通し石巻・登間のアクセスもよくなったこともあり、あわせて訪れるのもおすすめ。

関連動画

関連商品

関連項目

外部リンク

公式サイトexit

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%9F%B3%E3%83%8E%E6%A3%AE%E8%90%AC%E7%94%BB%E9%A4%A8

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

石ノ森萬画館

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 石ノ森萬画館についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!