碓氷峠単語

ウスイトウゲ

碓氷峠とは、群馬県安中長野県軽井沢町との界にある。標高は960m。

概要

造山運動と侵食によって、群馬県側が極端に急峻な地形となっている。このため、かつてはトンネルを貫くことが困難であった。

碓氷峠の範囲は広く、旧も含めると全部で4つのがある。旧信越本線国道18号線は碓氷峠を、碓氷バイパスは入山を通過している。一方で、北陸新幹線上信越自動車道は碓氷峠付近を大きく回し、勾配の緩和を図っている。

鉄道に関しては横軽の記事を参照。

地理

1200万年前は中にあり、700万~200万年前と110万~65万年前の噴火で地となる。

その後20万年前までに侵食によって急な崖が作られた。最高点が標高960mで、群馬県側の横川が約390m長野県側の軽井沢は約940mである。

この崖を登るによってが発生する。国道18号線上信越自動車道ではの多発地帯となり、注意が必要である。

また、碓氷峠は中央分嶺である。群馬県側の降利根川を経て太平洋に流れ、長野県側の降信濃川を流れて日本海へ注ぐ。

「碓氷峠」の一覧

の一部はハイキングコースとして整備されている。

碓氷関

碓氷関とは、現在横川駅の近くにあった関所であり、上毛かるたにて「碓氷峠の関所跡」と詠われている。

899年、当時の坂東現在関東地方)において「僦の党」と呼ばれる強盗集団が跋扈しており、各街道や近隣の村々では大きな被害を被っていた。彼等の鎮圧を行う為に中山道に設けられたのがこの関所である。

その後、止と再開を繰り返し、17世紀になると幕府が江戸に置かれたこともあり、東海道箱根関と並び重要な拠点となる。その警備は代々地元の安中によって行われていたといわれる。関所破りは重罪とされ、上野の侠客として知られる定忠治もこれにより磔刑に処せられたことは有名である。(少なくとも群馬では)

明治時代に入ると関所は止され、碓氷新ができたことによって本からも外れた。当時の建造物は残っておらず、現在は跡地に復元された東門および関所資料館が建てられている。

関連動画

鉄道関連は横軽の記事へ。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%A2%93%E6%B0%B7%E5%B3%A0

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

碓氷峠

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 碓氷峠についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


急上昇ワード

2019/08/20(火)03時更新