信濃川単語

シナノガワ

信濃川
しなのがわ
Shinano River

一級系 信濃川
種別 一級河川
延長 367km
均流量 518m3/s
(小千観測所 1942年~2002年
流域面積 11,903km2
甲武信ヶ岳
標高 2,475m

流域

新潟県
長野県
群馬県


特記事項
千曲川河川事務所exit
信濃川河川事務所exit
信濃川下流河川事務所exit
日本国旗日本 >長野県 新潟県 > 河川一覧> 信濃川

信濃川

 信濃川とは、長野県新潟県を流れる一級河川である。長野県内においては千曲川と呼ばれる。

 延長367kmは日本最長。流域面積利根川石狩に次ぐ3位と、日本を代表する河川である。

概要

 長野県山梨県埼玉県の3県の界にある甲武信ヶ岳。他にもここをとする荒川笛吹富士)がある。

 長野県東部から北部に向かって大きくS字にカーブしながら流れる。千曲川の延長は214kmで、信濃川系内で最長となる。ただし、河川法では千曲川は信濃川の支流となるので、「信濃川」が日本最長河川となる。

 新潟県内ではほぼ直線的に流れる。長岡市付近に扇状地を形成するあたりから下流域で、日本海側最大都市新潟市にて日本海へ注ぐ。

 なお、支流のひとつである中津川流部が群馬県野反付近にあるため、僅かながら群馬県が流域に含まれる(群馬県の大多数は利根川系)。

信濃川水系 主要河川

過去の災害

戌の満水(いぬのまんすい)

 1742年(寛保2年)、(みずのえいぬ)の年に発生した大洪水を「の満」と呼ぶ。歴史上、信濃川最大の災害である。死者2800人以上。

 正確な記録がないものの、台風前線による大が5日間も降り続いたという。千曲川と支流は大洪水となり、現在の立ヶ花水位観測点(中野市)付近の位は36尺、およそ10.9mと推定されている。

 はこの災害被害救済のため、幕府から多額の借をせざるを得なくなった。明治期まで政が疲弊した事からも被害の大きさが伝わってくる。

善光寺地震

 1847年(化4年)、善光寺長野地)を震とするマグニチュード7.4の地震が発生。多くの山崩れが発生しを堰き止めた(河閉塞)。特にでは、岩倉山の斜面崩落で深さ60mもの堰止が現出したとされる。

 地震から20日後にこれが決壊。千曲川との合流点の中島まで押し寄せ、31ヶ村に浸被害をもたらした。地震直後の避難が功を奏し、浸区域の大きさの割に死者は少なかった。

水力発電と取水問題

 信濃川は量が豊富且つ上流部は急流であることから、水力発電の適地として多くのダムや発電所が造られた。

 JR東日本も発電のため信濃川より取していたが、10年間に渡り許可された量を大幅に過した違法取を行っていた。詳細はこちらexit

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E4%BF%A1%E6%BF%83%E5%B7%9D

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

信濃川

1 ななしのよっしん
2014/01/16(木) 11:55:21 ID: OZ6G8iLmg4
ェ…

急上昇ワード