純文学単語

ジュンブンガク
  • 6
  • 0pt
掲示板へ

純文学とは、学術的・娯楽的・商業的な要素よりも芸術的な要素を重視した文学である。

概要

芸術(文芸)の中でも特に、芸術的な要素を重視した文学チック文学を「純文学」と呼ぶ。
詩歌や随筆などもカテゴリの中に含まれているが、狭義では小説が対となる。これは小説では「純文学小説」と「大衆小説」を区別した経緯があるためである。(「大衆小説」の記事で違いをざっくり解説している。)

具体的に何をもって芸術的であるとするかは、多分に個々人の感覚的な要素を含み定義しようがないため、関係者達がこれは芸術的だと思っている作品が純文学であると考えればよい。

たとえ余人には芸術性の欠片も見当たらない低俗そのものに見える作品であっても、それに関わる関係者達がそれを芸術的だと思っている限り、それは純文学である。

また発表媒体にかかわらず、新聞に連載されようが同人誌で発表されようが、関わる関係者達がそれを芸術的だと思っている限り、それは純文学である。

お薦め作家

森鴎外夏目漱石島崎藤村谷崎潤一郎芥川龍之介川端康成宮沢賢治太宰治三島由紀夫井上

取り敢えず、この10人の作品を読めばいいんじゃないかな

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 6
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

純文学

127 ななしのよっしん
2021/06/04(金) 09:31:05 ID: xphkRJl85D
近年(特に若い人)は純文学でもシンプルな文章を重視する作家が多い気がするけどこれは村上春樹が大きいのかな
128 ななしのよっしん
2021/06/28(月) 20:00:01 ID: Jtqfunqr4g
>>125
でも「純文学」ってカテゴリ日本文学にしか
ないらしいから
海外の作品はそもそも「純文学」ではないのでは?
129 ななしのよっしん
2021/10/25(月) 14:00:13 ID: xphkRJl85D
海外純文学という言葉はないけど文学的な小説エンタメ小説の違いはちゃんと意識されてるし客層も分かれてるよ
130 ななしのよっしん
2021/12/24(金) 22:46:23 ID: scpEqdq0OM
早川では普通小説という言葉が使われるがそれのことかい
131 ななしのよっしん
2022/06/21(火) 09:11:47 ID: m+QrEYc8OU
安部房の砂の女は純文学に入る?
132 ななしのよっしん
2022/07/12(火) 18:14:08 ID: 2s5nnS1O+f
個人的な意見だが、純文学ってのはつまり絵で言うところの抽画に属するもので、
何かの印(それかメッセージ)を与えるのに物語の整合性や面さは必要なくて、印を大事にしているからそうしたエンタメは後回しにされている
画と違うのは、抽画がそこからさらに進んで現実の物事ではなく単なる色の組み合わせだけを構成に用いたのに対し、純文学現実の物事を使っているというだけ

だから何らかの印向性を持たせることさえできれば、極端な話が純文学であり推理小説でありライトノベルであり小説でもあるような小説を作るようなこともおそらくは可
133 ななしのよっしん
2022/07/23(土) 13:58:38 ID: QncI3vuYJw
シンプルで明快なあらすじを俗に言う「綺麗な日本語」で書き表せば純文学
134 ななしのよっしん
2022/10/02(日) 21:20:04 ID: QncI3vuYJw
たぶんこういうのも純文学って言えるのかな
https://twitter.com/2r96/status/1575102391636017152exit
135 ななしのよっしん
2022/10/30(日) 22:57:39 ID: MabCTAqjuF
>>134 それだと漫画
136 ななしのよっしん
2022/12/03(土) 21:59:55 ID: 2s5nnS1O+f
計画立てて文章を書くことに抵抗がなく、哲学, 社会学, 表文化論, 古典文学に精通し、何をすればどういう印を与えられるかを判断できて、かつ様々な人と関わって細に観察したことがあるような、そういう一握りの人間だけが書けるもの